事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。

その日Tさんは、知り合いの家へ遊びに行き、帰り道、家へと車を走らせておりました。時刻はだいたい午後の4時ぐらいだったとおっしゃっております。

しばらくTさんが車で走っていると、いきなり雨の音が車の中にいるTさんの耳に聞こえてきたそうです。「えっ、雨?」と思い、外を見てみるのですが、外は良い天気で晴れておりました。

Tさんが、そう思った次の瞬間、“ドサッ!”と、いきなりTさんの車に何かがぶつかった音がしたそうです。その音がした瞬間から、Tさんは、急に寒気に襲われました。

霊的な「何か」が車にぶつかり、「それ」は、次にTさんの車のボンネットの上に乗っかってきました。「それ」は、目には見えないのですが、なぜか「その何か(この世のものではない不気味なもの)」が車のボンネットに乗っかっているとTさんは、強く感じたそうです。その時Tさんは、運転しながら、強烈な寒気を感じておりました。

Tさんはとても怖かったので、車を走らせながら「車から降りて!」と、心の中で必死になって「それ」に訴えかけました。ボンネットの上に乗っている「それ」の存在を感じつつ、恐怖で気が狂いそうになりながら、車を運転していたそうです。その間ずっと晴れているのに雨の音が聞こえていたそうです。

それから、とある信号のある場所で、信号が赤になったので、Tさんは車を止めました。と、その時、車からドサッ!と、道に「何か」が落ちた音が聞こえたそうです。それと同時に雨の音がピタッと止んだそうです。

そのまま怖いと思いながら家に帰り、気になったTさんは、いつもお世話になっている霊能者の先生に、電話でその事をお話ししました。

すると、晴れているにもかかわらず、雨の音がしだした場所で、雨の日に1人の老婆が車の事故にあっている、との話をお聞きしたそうです。
老婆の小さな体は、車のボンネットの上に、車にぶつかったその衝撃で飛ばされて乗ってしまい、しばらく走ったあとに、この信号のある場所で老婆の体が車から落ち、彼女は亡くなったそうです。その事を、電話ごしに霊能者の先生がお話してくださったそうです。

その時電話口で霊能者の先生はTさんに、きっとその事故で亡くなった老婆の霊が、事故で亡くなる事になり、とても無念だったとTさんに教えたかったのでしょうとおっしゃったそうです。

このお話をTさんから聞いた時、私は背筋がゾクッとするとかの反応よりも、成仏は、やはり難しい事なのではないかと、またもや感じてしまいました。

死ぬのも成仏するのも本当に大変なことかもしれないと、私は思いました。

広告

関連記事

父親を気遣う母の霊

私の母親は今から9年前、肝臓癌を患って病院のベットで亡くなりました。 その後のことですが、しばらく

記事を読む

川辺に着物の女性

私が小学生だったときの話です。放課後、友人たちと近所の公園でサッカーをしていました。夕方になり解散と

記事を読む

誰もいないビルで足音が聞こえた話

私はもともと霊感が強くなく、というか霊感はないと思っていました。 小さなころから心霊体験をしたとい

記事を読む

心霊現象体験 階段を上ってくる者

私は子供の頃、築30年は経つだろう木造の1戸建ての家に住んでいました。 古い家なので壁や天井の

記事を読む

キューピッドさん

私が小学校6年生の時の話です。 当時、キューピッドさんが流行っていました。(西洋版こっくりさんのよ

記事を読む

呪いのアパート

3年前の体験談です。私が以前住んでいたアパートでの心霊体験です。 私は築10年二階建て二階のア

記事を読む

階段の手すりの上に毎晩、猫が見えています

これは、今も毎晩ずっと続いている怖い話です。 ある日、私は、捨て猫を拾いました。開店直後のスー

記事を読む

団地の踊り場で見えた、小さな女の子

前田敦子さん・成宮寛貴さんが主演をしていたホラー映画「クロユリ団地」という映画が話題になりましたが、

記事を読む

富士の森林にて

10年程前の話です。 当時、某IT企業でSEの仕事に従事しており、とあるベンチャー企業のシステ

記事を読む

何かいる大学寮

これは私が大学生だったころの話です。 私はM県の女子大学に通っていて、1~2年生のころは寮に入って

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑