写真を撮ったら叔父の顔だけが無くなっていた

私は、子供の頃祖母と同居していました。
祖母は、母の母親です。
我が家に同居する前には、母の兄の家で同居していたのですが、お嫁さんとの折り合いが悪く、叔父からも毎日きつい言葉を浴びせられていて、見かねた母が我が家に祖母を連れてきました。
私の父は、自分の母親を7歳で亡くしたこともあり、祖母の事をすごく大事にしていました。
休日には、祖母を美味しいお店に連れて行ったり、本当に優しかったと思います。
祖母も、父にはものすごく感謝していたと思います。

その祖母が、亡くなりました。
そして、その祖母の葬儀をどうするかで親戚の間でもめてしまいました。
私の母が喪主となって葬儀を執り行うこともできますが、父としては最後くらいは実の息子である叔父に祖母をしっかり見送ってあげて欲しいと思っていたようです。
叔父に祖母の葬儀を取り仕切って行ってほしいと話すと、叔父は、勝手にこっちが祖母を連れだしたのだから葬儀には出ないし知らないと冷たく言い放ったようです。
しかし父は、葬儀費用はこちらが全額負担するので、頼むから喪主として最期くらいは祖母を見送ってあげて欲しいと、叔父に土下座までして頼んだのです。
私はまだ子供でしたが、その時のやり取りは今でもはっきり覚えています。

叔父も、費用を全額こちらが持つならと、祖母の葬儀への参加と喪主を務めることを了承してくれました。
こうして、つつがなく葬儀を終え、火葬も済ませた後は、我が家で祖母を見送るための宴会を開きました。
宴会では、写真をたくさん撮影しました。

当時は、デジカメなんてなかったので、どんな写真が撮れたかはプリントしてもらわないと分かりません。
こうしてプリントした写真を見て、家族全員びっくりしてしまいました。
叔父が酔っぱらって比較的顔がはっきり分かる位置で撮影した写真の、あるはずの叔父の顔だけがなくなっているのです。
一緒に写っている他の人の顔は全てきちんと写っているのに、叔父の顔だけありません。
さらには、別の写真に写った叔父の右腕を、女性の手らしきものが掴んでいるのです。
1枚だけならまだしも、2枚もなんてどう考えても祖母が恨んでいるのではと思ってしまいます。

母が叔父の事が心配になり、電話で近況を聞いてみると、叔父は葬儀が終わって自宅に帰った翌日、右腕を骨折していたことが分かりました。
もしかしたら次は頭部に大きなけがをするのではと心配になり、有名な神社でお払いと写真のお焚き上げをしてもらいました。
その前に、叔父にもその写真を見てもらいましたが、さすがの気の強い叔父も、血の気が引いてかなりのショックを受けていたようです。
それから、祖母が眠る墓に家族全員で行き、祖母に叔父を許してあげて欲しいとお祈りしました。
祈祷がきいたのか、墓参りでの祈りが届いたのか、その後も叔父は元気でいます。
ただ、深く反省して、祖母の墓参りにはこまめに出かけていると母が言っていました。

広告

関連記事

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作るという事で応援に行くことにな

記事を読む

呪われた右半身

"これはわたしが高校2年生の頃の出来事です。霊感があるとは自覚はなかったのですが、小さいころから不思

記事を読む

重い空間と邪悪な宗教

これは、私が24歳ぐらいの頃のお話です。その頃、私は現実の苦しさからとある宗教に入信しておりました。

記事を読む

息子が急に立ち上がって泣きだしたり、言葉にならない言葉を話したりする

20歳になる息子が5歳の時の話ですので15年も前の話になります。 当時、私が寝ようとすると寝て

記事を読む

キッチンにいつも現れる女の人

この話は、私が高校生の時に体験した話です。 それは、昔の古い家で起こったことでした。現在の新し

記事を読む

こっくりさんの最中にコインに添えた手を放してしまいました

これは、私が中学1年生の時に、実際に体験した恐怖体験です。 当時の私は、部活の友人たちとこっく

記事を読む

コックリさん事件

小学校5年生のときの話になります。 今の30代が子供のときというのは、全国的にコックリさんというも

記事を読む

病院の窓から見えた武者行列

これは私が京都のとある総合病院で体験したできごとです。 当時、入院患者が200名程度の中規模病院で

記事を読む

高知のビジネスホテルで体験した怖い話

2005年の話です。当時の私は大学2回生で、文化人類学を先行していました。当時のゼミナールでは、遠方

記事を読む

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑