霊園での霊体験

5~6年前の話です。中学時代の友達男女4人で札幌の中心部から40分くらいで行ける霊園に肝試しに行きました。
私は親の代から霊感があり、あまり肝試しとかは好きではなかったのですがやはり夏と若さで友達が集まりやることがなくなると「肝試しいく?」という話になってしまいます。私一人が断っても他の3人がOKを出せば行くのは決定なので、諦めてついて行くことにしました。

霊園の入口に着いた瞬間から既に嫌な気分が襲ってきていました。その霊園の入口にはモアイ像のモニュメントが何体か並んでいるのですが、怖いもの見たさというのか、確かめたい気持ちだったのか霊園の入口を車の中から見てゾッとしました。そこにはおびただしい量の黒い影がうじゃうじゃといたのです。

ひと目でこの世のものではないのは分かりました。道路に立っていたりモニュメントの上にいたり、空を飛んでいるものも居ました。何体かは男女の区別が作ものも居ましたしこちらを見て微笑んでいるようにも見えました。私はあまりの恐怖に車から降りることが出来ず友達に教えることも出来ず、ただただ下を向いたまま車の中でジッとしていることしかできませんでした。

車で1人待っていても、霊は自分が見えていると認識すると襲ってきたり就いてきたりすると聞いたことがあったので、(あのおびただしい量の影が私に迫ってきたらどうしよう)とか(車にいたずらされて動けなくなったらどうしよう)などとグルグル考えていて1人で残ったことを後悔したりと、とても恐ろしかったです。

今までの心霊体験は一瞬黒い影が見えたりする程度の気のせいかな?のレベルしか私は感じなかったのでこんなにも怖い体験をしたのは初めてでした。母親は今までに何度か心霊体験をしてきたようですが私はそこまで霊感は強い方ではなかったのでこれをきっかけに霊感が強くなってしまったらどうしようかと車の中でずっと思っていました。が、その様子は5~6年経った今でもないのでひと安心しています。

その後友達は何事もなく帰ってきましたし、無事に車も発進し家に帰ることもできたのであの黒い影達に悪さをされたようではなかったので安心しましたが、この話は年月が経った今でも友達には打ち明けていません。こんな話をあの時していたらきっとみんなパニックになって黒い影たちにも自分達が見えるやつがいると認識されてしまっていたと思います。もう少し時間が経ったらあの時の話をしてみたいと思います。きっとみんな驚くでしょうね。

広告

関連記事

コックリさん事件

小学校5年生のときの話になります。 今の30代が子供のときというのは、全国的にコックリさんというも

記事を読む

怖い話をしていると霊が寄ってくる

怪を至れば怪至ると言って、怖い話をしていると霊が寄ってくるのだそうです。百話語ると恐ろしいことがある

記事を読む

息子が急に立ち上がって泣きだしたり、言葉にならない言葉を話したりする

20歳になる息子が5歳の時の話ですので15年も前の話になります。 当時、私が寝ようとすると寝て

記事を読む

父親を気遣う母の霊

私の母親は今から9年前、肝臓癌を患って病院のベットで亡くなりました。 その後のことですが、しばらく

記事を読む

足についた子供の歯型

私が20歳の時に体験したことです。その日は友達のNが知り合いの男友達と遊ぶらしく私も誘われて、夜に会

記事を読む

車の後ろに何かがいる

私が大学時代の話しです。なのでもう12年前の話しです。 私が行っていた大学はちょっと田舎の大学でし

記事を読む

富士の森林にて

10年程前の話です。 当時、某IT企業でSEの仕事に従事しており、とあるベンチャー企業のシステ

記事を読む

女性の霊と夢の中で対話

あれは、今から12年前の大学生の時の体験です。 大学入学に当たり、アパートで一人暮らしを始め、2年

記事を読む

トラの心霊写真

これは、私が中学1年生の頃の体験です。 ある時、私たち中学1年生は、学校の行事で、ディズニーラ

記事を読む

トンネル内で撮った写真に写ったもの

私が大学生の頃の出来事です。 ある夏の事、友人のA君、B君、Cちゃん、Dちゃんとファミレスで集まっ

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑