母親だけが見えなかった女の子(守護霊・座敷童)

わたしには姉がいるのですが二人とも霊感はまったくありません。

霊感はないと二人とも思っているのですが、なぜか不思議な出来事などを体験するのです。
親の都合で小さいころから転勤族だったのですが、不思議なことに二人とも不思議な経験をする家と何もない家がありました。
今思うと土地に憑いていた何かを幼いころは察知出来たのかと思うのですが、その真相はいまだにわかりません。

私が中学一年、姉が中学三年の頃です。わたしはその日なんだか嫌な予感がしたので母親の部屋で寝ることにしました。父親は単身赴任で一緒に暮らしてはいませんでした。母親の部屋は玄関から入ったらキッチン・リビングを抜けたところにあります。そして姉はその日、深夜テレビを見ながらいつの間にかソファーで寝てしまっていたようでした。その日の夜のことです。おそらく母親がテレビを消して姉がリビングで毛布をかぶってその場で寝てしまって母親はわたしと一緒の布団で寝ていました。母親と寝ていたから安心だと思っていたのですが、金縛りに合ってしまいました。わたしは母親の方を向いて寝ていてそのまま金縛りにあい、目だけ開けることが出来そうだったので思い切って開けてみたら母親の上におかっぱの赤い着物を着た女の子が寄り添うように寝てわたしの方をじぃ~っと見つめていたのです。

さすがに、至近距離すぎたので私は驚き、どうにか気づいてもらおうと地響きのように唸っていたら母親が目を覚まし、その瞬間女の子はいなくなってわたしの金縛りは解けました。そして母親にそのことを話したのですが夢だから大丈夫、寝なさいと言われてそのまま眠りにつきました。そして次の日リビングで寝ていたはずの姉はいつの間にか自分の部屋に戻ったらしく朝起きてきてくるなり、きのうアンタなんか見なかった?と言ってきたのです。

なんでか聞いてみると、リビングで寝ているときに金縛りに合い、キッチンからピチャピチャと足音がして自分のところに近づいてきて怖かったけども薄めで見たらおかっぱの赤い着物の子がお母さんの部屋に入って行くところを見たからアンタまた金縛りとかに合ったんじゃないかと思って、とわたしに言ってきました。私は自分が見たことを言ってなかったのでびっくりしたのですが、それ以上に聞いていた母親が驚いていました。

姉妹で同じ夢を見るなんてことあるんだね、と呑気に言っていましたが母に憑いていたのを私はみたのでおそらく母の守護霊なのかそれとも子供にしか見えない座敷童なのか・・・その真相は謎です。

広告

関連記事

祖母が私を呼んでいる

今から3年くらい前に体験した奇妙な出来ごとをお話します。 良くテレビの心霊体験などを見ても「ほ

記事を読む

危険を暗示してくれた予知夢

これは私がまだ中学生の頃、危険を暗示してくれた予知夢を見たときに話です。 当時仲のよかった

記事を読む

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かったKとOと私の三人組で、よく色

記事を読む

過去世の出産死の記憶

出産は、とても苦しいものです。死ぬほど痛くて苦しいもの。それは、小さな頃からドラマなどを見て、理解し

記事を読む

2度出現した煙のようなものの正体

父は6年前に2度目の脳梗塞を起こし、要介護3の介護生活となり、3年間の介護生活をすごし3年前に85才

記事を読む

死んでしまった文鳥の夢

もう今から十年以上も前の話ですが、私は嫁と話し合って、鳥をペットとして飼うことにしました。最初はイン

記事を読む

初めて遭った金縛り

大学2年の時でした。今から20年以上前のことです。初めて金縛りに遭いました。 中学の頃から親し

記事を読む

果物と亡くなったおじいさん

これは、つい最近のお話になります。私と私の霊能力がある友人は、口コミで霊的な相談に乗っています。

記事を読む

祖母が母にお別れを言いに来たのでしょう

私が中学生の時ですから、今から35年も前のことになります。 母方の祖母が亡くなりました。 母は滅

記事を読む

午前2時 天窓から射した謎の明かり

それは私が中学生の頃のことでした。 夜もう寝ていたのですが、何故かふと目が覚めました。 そして雨

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑