誰もいない納骨堂で聞こえたおりんの音

10年前の怖かった体験です。

私の実家の墓所は関東の公園墓地で、いつでもきれいに整備されているのでお墓参りもピクニック気分で散策できるような環境です。

一方、夫の実家の墓所は豪雪地帯ということもあり、屋内の広大な納骨堂です。
比較的新しいこともあり、建物自体はピカピカで悪天候でも夜でもお参りが可能なのが姑の自慢です。

12年前、舅が亡くなり初めて足を踏み入れた時、草むしりなどの手間も不要で便利だと思う反面、狭い間口に3~4段ずつ折り重なる仏壇に圧迫感がありました。

空が無い、空気の流れが無いことで、閉塞感と淀みを感じ、何だか嫌だなあと思いましたが、もちろん口には出せません。

そして問題の日、慌しい日程での帰省の最後の夕方、夫と私の2人で納骨堂にお参りにでかけました。

受付の方に「他に誰もいらっしゃらないので、電気をつけて入ってください。」と言われ、スイッチの場所を教えていただいき中に入りました。
相変わらず私は嫌な感じが拭えませんでしたが、夫に言うわけにもいかずお線香を上げて手を合わせていると、突然、別の列の方からチーンというおりんの音が響きます。
さらに裸足で歩き回るようなピタピタした足音まで聞こえます。

その段階で私はブルブルと震えが来ていましたが、夫は誰か他の人もお参りにみえたのだろうと気にしません。

気になるけれども一人になるのも怖い、でも確めずにはいられない。
誰かいてくれと祈りながら夫にすがり音のした方を見に行きましたが誰もいませんでした。

そして今度はまた、違う列の方でチーンという音とピタピタと足音がします。

さすがに夫も顔面蒼白になり、それからはどうやってろうそくの火を消したかも覚えていないほど大慌てで退散しました。

念のため受付で私たちの他に誰か来たかどうか聞いてみましたが、やはりどなたも来ていないという返事でした。

受付の方は私たちの話を聞いてもさほど驚いた様子も無く、時々あることだと平然としていましたが、私達はたとえ夫のご先祖様だったとしても怖さに変わりがありません。

そのことがあって以来はお彼岸やお盆など人がたくさん集まる時以外はお参りをしないようにしています。

死んでしまえばただの骨だと思う反面、いつか私もあの納骨堂に入るのかと思うと何だか息苦しく感じることもあります。
ピタピタと足音をたてながらおりんを鳴らしていたのはどんな意味があったのかはわかりませんが、思い出すたびに私の骨は海に散骨して貰いたい気持ちが高まります。

広告

関連記事

病院の窓から見えた武者行列

これは私が京都のとある総合病院で体験したできごとです。 当時、入院患者が200名程度の中規模病院で

記事を読む

踏切の夢

高校生をしていた時のお話です。 同じ夢を二、三度見ました。 今までそういう経験がなかった上に

記事を読む

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。 当時吹奏楽サークルに所属

記事を読む

潰れた廃病院で聞こえたナースコール

今から7年前のことでした。 私は高校を卒業し、短大に通っていました。 短大に入学してから半年以上

記事を読む

カラオケボックス 21番の部屋には何かがいる

これは学生時代に体験した実際の話です。 約7年前、私は地元の小さなカラオケボックスにてアルバイトを

記事を読む

口裂け女と自殺男

去年の6月中旬頃のお話になります。ある女性を、仮にOさんとしておきます。ある時、落ち込みがだいぶ長い

記事を読む

高知のビジネスホテルで体験した怖い話

2005年の話です。当時の私は大学2回生で、文化人類学を先行していました。当時のゼミナールでは、遠方

記事を読む

私の胴体に風穴が開いていた話

私の知り合いにはいわゆる霊能者がいます。 よくネット上では「TVで出ているような奴らじゃなくて、商

記事を読む

子供の怪我の原因を招いた水子の霊

ちょうど1年位前の話です。結婚して子供が2人いる友人から、家に来て食事でもしないかという誘いがありま

記事を読む

イタコ体質に振り回されて・・・

これは、私が23歳頃からのお話です。 私がちょうど23歳になる頃、母が、重い病気を患いました。

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑