自分が死んだことを理解していなかった祖父

これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。

まず、祖父が亡くなってすぐの頃です。
私の兄は、祖父が一番可愛がった孫でした。
その兄が、夜中にうなされることがたびたび起きました。
それも夢の中に祖父が出てきたり、同じ敷地内にあった祖父の家の前を通ったら、いきなり玄関の戸が開いて
祖父に手を引っ張られたというもの。
夜中に兄の声で飛び起きた私に、兄は震える声で「おじいちゃんが、おじいちゃんが・・・」と言うばかり。
私は恐ろしく思いましたが、空を睨みつけながら「おじいちゃん、ダメだよ」と心の中で叫びました。

祖父は最後はボケてしまい、病院で亡くなったので、自分が死んだことを理解していなかったのかもしれません。
それで、自分の家に帰っていて、可愛がっていた兄が通ったので引き寄せようとしたのでしょうか?
あの世に連れて行くとは思えませんが、私も怖かったです。

この話を両親にすると、父が「おじいちゃんにお経を上げよう」と言いました。
そこで、家族4人で何日かお経を上げました。
すると、兄も夢で祖父を見なくなりました。
やはり、自分が死んだことがわかっていなかったのかもしれません。

その後、10年程経った頃に私が友達と話していた中で、この祖父がボケた所為か、それとも元からの性格かはわから
ないが、我儘で傲慢な所があり、嫁である私の母は苦労したという話をしたことがありました。
すると夢の中に祖父が出てきたのですが、なんとまるでお化け屋敷のように、恨めしそうに私を見つめながら祖父が
井戸の中から上がってきたのです。
そこで、ハッと目が覚めましたが、流石にゾッとしました。
それからしばらくは祖父が夢に出ることが何度かありましたが、初めの夢程は怖くなかったと覚えています。
私も悪口を言ったことは悪かったので、もう結婚して実家を出ていた為、自宅で祖父に手を合わせました。

最後は祖父が死んでから30年以上経った頃。
私が死後の世界はあるのか、ないのかと、そんなことを結構真剣に考えていた時のことです。
物入れの整頓をしていたら、ある箱の中から紙が出てきました。
一瞬捨てるものの中へ入れそうになったのですが、なんとなく見てみると、なんとそれは私が昔祖父に書いた手紙ではあり
ませんか。

有り得ません。
これはどういうことでしょう?
手紙は祖父に上げた後私は見ていませんし、恐らく祖父が亡くなった時に処分されたでしょう。
数えると、祖父が亡くなってから30年ちょっと経っていました。
これは「33回忌をしてくれ」という祖父の思いでは?と、私は思いました。

仏壇は長男である伯父のところにありますが、永年海外で仕事をしていた所為なのか、定年後も法事をしたことは、
少なくとも親戚を呼んでの法事はしたことがありませんでした。
既に80を超えていた伯父に言うのも何なので、実家の母に、祖母にお線香を上げてくれるように電話をしました。
そして、私も自宅で祖父やご先祖にお線香を上げました。

あの手紙の意味は、他にも「あの世はあるんだよ」ということを私に伝えてくれたのかもしれないと、私は思っています。

それから5,6年の間に伯父も伯母も亡くなった後のことです。
夢にまず祖父が出てきました。
もう今は無い、祖父の家の前に立っている祖父は、生きていた時には身に付けたことのないような明るい色のシャツを
着てニコニコと笑っていました。
その後見た夢では、まだ生きている従兄弟達も含め、亡くなった祖父も伯母も出てきました。
みんなで食事をしている場面でした。

私には霊能力はありませんが、この夢で、祖父が成仏したこと(していること)そして恐らく伯父も伯母も迷っていない
ことを信じることが出来ました。

広告

関連記事

写真を撮ったら叔父の顔だけが無くなっていた

私は、子供の頃祖母と同居していました。 祖母は、母の母親です。 我が家に同居する前には、母の兄の

記事を読む

襖が次々と開けられていく家

ちょうどいまから10年前、中古住宅を買い引っ越した時の話です。 その家は元々は老夫婦が住んでい

記事を読む

リサイクルショップの怪

これは、つい最近のお話になります。 私は最近、リサイクルショップにハマっています。安くて良い物

記事を読む

トイレで見た小柄な女性

心霊体験と一言で言いますが、それには単に恐ろしいだけでは済まないなんとも心締め付けられる何とも言えな

記事を読む

廃病院で聞こえた女性の声

あれは数年前の春の出来事です。 仲が良かった数人で楽しい思い出を作ろうと卒業旅行に行く事にしていた

記事を読む

富士の森林にて

10年程前の話です。 当時、某IT企業でSEの仕事に従事しており、とあるベンチャー企業のシステ

記事を読む

行ってはいけない廃墟

これは僕が高校生の頃の話です。 僕にはある趣味がありました。 それは廃墟巡りです。 よく休日を

記事を読む

夜中のお墓に肝試しに行った時のお話

私が仲良しグループの友人4人と肝試しに行った時の恐怖体験です。その年の夏は気温も高く外に出ることも少

記事を読む

カラオケボックス 21番の部屋には何かがいる

これは学生時代に体験した実際の話です。 約7年前、私は地元の小さなカラオケボックスにてアルバイトを

記事を読む

テレビに写った水色の洋服を着た髪の長い女性

今から12年くらい前の話なんですが、金曜日の仕事終わりに彼氏とデートの約束をしていました。 1人暮

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑