私の胴体に風穴が開いていた話

私の知り合いにはいわゆる霊能者がいます。
よくネット上では「TVで出ているような奴らじゃなくて、商売にもしていない奴がマジもの」みたいなことを言われますが、正にそれです。
まぁその霊能者いわく「TVで出ている霊能者も本物だよ。でもちょっと見える程度でちゃんと聞こえてないこと多いから危なっかしい」とか
「稲川淳二の番組は見ていて別の意味でハラハラする。あの人なんで無事なんだろ?」とか言っています。

基本的にふざけた人間ですが面倒見が変に良いところがあるので、何人か霊的な相談者を抱えて精神的支柱されて困り果てていることもありました。
霊感商売にハマるような人間は、元々精神的に弱いのでなんでもかんでも霊のせいにして、姐御肌なところがある彼女に寄りすがっちゃうんですよね。彼女はお金も取りませんし。
この件も、大体そんな感じになっていた話の、その幕切れ近くの出来事です。

その時彼女を悩ませる相談者は、どっぷり二人揃って鬱病状態になってしまっているカップルでした。
正確には、そのカップルの女性側が相談者です。
ある日、何度も自殺未遂をやらかしていた相談者の彼氏がついに自殺に成功してしまいました。
相談者の頼みで、霊能者の彼女は仕方なくその彼氏を成仏といいますか、浄化作業をすることに。

で、ここでなんで私がここまで事情に深く立ち入って知っているのかと言いますと、私自身に霊感はないんですが、霊的な特異体質を持っているんですね。
それが色々な霊的なトラブルにおいてよくも悪くも重宝するので、なんか便利アイテム的扱いを受けているのが私なのです。
そういうわけで、私は浄化作業を手伝うことに。と言っても、私がやることは線香に火を点けるだけなんですが。

死んだ彼氏をその場に呼び出して、お前は死んだんだ、自殺に成功しちゃったんだよ、ということをうんぬんと言い聞かせている(らしい)最中に、霊能者の彼女は突然一言。
「うおっ、すごい。あんた胴体に穴開いている」
は?と思ったらどうやら私のことのようです。
なんでも死にたての彼氏の視点から私を見てしまったようなのですが、彼氏の目から見て私の体の上半身は罅割れて真ん中にぽっかり穴が開いている様子で、彼氏は非常に驚き恐れ慄いたとのこと。
先述した特異体質を幽霊の目から見たら、端的にはそういう風に解釈されるんだろう……というようなのが彼女の見解でした。

しかし幽霊に化け物扱いされるとは……。
その後、彼氏は一応浄化作業ができたそうですが、彼女の方とは一悶着あったようです。が、これは全く霊とは関係のない話題なのでどうでもよいとして締めくくります。

広告

関連記事

交際相手と別れようとすると必ず起きる出来事

今からだいたい、一か月前の出来事になります。 2014年のできごとです。 付き合っている人がいる

記事を読む

自分が死んだことを理解していなかった祖父

これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。 まず、祖父が亡く

記事を読む

トンネル内で撮った写真に写ったもの

私が大学生の頃の出来事です。 ある夏の事、友人のA君、B君、Cちゃん、Dちゃんとファミレスで集まっ

記事を読む

心霊現象体験 階段を上ってくる者

私は子供の頃、築30年は経つだろう木造の1戸建ての家に住んでいました。 古い家なので壁や天井の

記事を読む

心霊スポットで有名なトンネルの中でみたものとは

これは、私が大学生の時の恐怖体験です。 当時入っていたサークルの親しい仲間と人でドライブに出かけま

記事を読む

夜中のお墓に肝試しに行った時のお話

私が仲良しグループの友人4人と肝試しに行った時の恐怖体験です。その年の夏は気温も高く外に出ることも少

記事を読む

神社裏の森での恐怖体験

これは私が小学校3年生の頃のお話です。 当時私と同級生達は、自宅から自転車で30分程の所にある

記事を読む

勝手に回るドアノブ

これは、私が大学生のときのことです。 当時私は、京都の某私立大学に通っており、京都市内の学生専用ア

記事を読む

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

姉をあの世へ連れて行こうとした祖母

私が高校生の時、父方の祖母が亡くなりました。 もう30年以上前の話になります。 祖母は今で言

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑