高知のビジネスホテルで体験した怖い話

2005年の話です。当時の私は大学2回生で、文化人類学を先行していました。当時のゼミナールでは、遠方へのフィールドワーク調査がありました。その年の目的地が、高知県でした。おもに私のフィールド先は、高知市のひろめ市場の発祥などを調査することが、その主な目的でした。滞在期間は2泊3日です。宿泊先は、ビジネスホテルでした。寝室はとても綺麗で、2人1組で、それぞれ寝室があてがわれました。

 異変があったのは、2泊目でした。いつも、夜中には起きないのですが、この日は決まって2時に目が覚めてしまいました。その直後に、急に換気扇が回りだしたのです。あまりにびっくりしてしまい、怖かったので、その換気扇を見つめるだけで、なかなか布団から出ることはできませんでした。どうしようかと、眠気に襲われつつも、考えていると、その直後に急に耳鳴りがしだしました。ゴーゴーゴーゴーとこだまするような耳鳴りが回数を重ねるにつれて大きくなっていきました。それと同時に、強烈な金縛りに襲われたのです。目と頭、指先は動かすことはできるのですが、まったく体を動かすことはできませんでした。その後、しまっていたはずのドアがバタンと激しく締まる音がしました。その後、ダン、ダン、という強く床を踏みつける足音がこちらに迫ってきました。締まっているはずのドアが開いており、しかも、誰かかはいってきたのです。

 ドアに背を向けて寝ていた私は、あまりの恐怖で振り返ることはできませんでした。そのあと、はっと金縛りが消えて、あたりは静寂に包まれました。そのとき、私はそれが夢であったことに気が付きました。もう一度寝ると、後ろから「おい」という男性の声が聞こえました。そこで、私は、振り向いたのですが、青ざめました。もう一人の学生は先日地元に帰っており、この部屋には私一人しかいなかったからです。

 その後、またすぐに金縛りにあいました。この時の時計は2時でした。すると、前方から浴衣を着た男性が笑いながらこちらに向かってきて、寝ている私を上から見下ろしていました。ぞっとするような時間でした。その後、男性はすっと消えていったのでした。

 帰宅後、インターネットで調べると、その旅館は自殺者が相次ぐホテルだったことが判明しました。私の部屋がまさにその部屋だったのかもしれません。私は、家で、仏壇に向かって線香をあげることにしました。それ以降は、何も起きていませんが2度とあのホテルには行きたくないと思いました。

広告

関連記事

勝手に回るドアノブ

これは、私が大学生のときのことです。 当時私は、京都の某私立大学に通っており、京都市内の学生専用ア

記事を読む

廃墟ホテルの裏のお墓

今から15年くらい前夏の話です。 私は、夜中に友人4人とドライブをしていました。 そして、誰

記事を読む

口裂け女と自殺男

去年の6月中旬頃のお話になります。ある女性を、仮にOさんとしておきます。ある時、落ち込みがだいぶ長い

記事を読む

キッチンにいつも現れる女の人

この話は、私が高校生の時に体験した話です。 それは、昔の古い家で起こったことでした。現在の新し

記事を読む

リサイクルショップの怪

これは、つい最近のお話になります。 私は最近、リサイクルショップにハマっています。安くて良い物

記事を読む

こっくりさんの最中にコインに添えた手を放してしまいました

これは、私が中学1年生の時に、実際に体験した恐怖体験です。 当時の私は、部活の友人たちとこっく

記事を読む

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

神社裏の森での恐怖体験

これは私が小学校3年生の頃のお話です。 当時私と同級生達は、自宅から自転車で30分程の所にある

記事を読む

人生で初めての金縛り

私が初めて金縛りにあったのは中学3年生の時でした。 クラスメートと昼休みに喋っていると、すごく怖い

記事を読む

コックリさん事件

小学校5年生のときの話になります。 今の30代が子供のときというのは、全国的にコックリさんというも

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑