勝手に回るドアノブ

これは、私が大学生のときのことです。
当時私は、京都の某私立大学に通っており、京都市内の学生専用アパートで一人暮らしをしていました。

たしか大学2回生の夏だったと思います。
ある日の夜、私はふと目を覚ましました。時計を見ると午前3時前でした。
私は冷房をつけて寝るのが苦手なため、部屋はかなり蒸し暑くなっていました。それで、喉が渇いていたというわけでもないのですが、身体が水分を欲して目が覚めたのだろうと判断し、キッチンに向かいました。

ここで間取りを説明しておきたいのですが、その部屋は8畳のワンルームに簡易的なキッチンとユニットバスがついた、よくあるタイプのものです。玄関を入ってすぐにキッチンという配置になっています。
私はキッチンで、コップに水を注いで一気に飲み干しました。それからコップをすすいで水切り籠に置いたとき、視界の隅で、何かが動いた気がしました。
動くものが見えた玄関ドアのほうに、私は顔を向けました。

レバータイプのドアノブが、ゆっくりと音もなく回るところでした。
誰かが侵入しようとしているのかと思い、緊張しました。しかし、ドアは施錠されており、チェーンロックもかかっているので、そう簡単に開けられるはずはありません。
じっと見ていましたが、ドアを開けようとする様子はありません。ドアノブのレバーは、数秒間下を向いていましたが、それからゆっくりと元の位置に戻りました。

私はドアに近寄って、ドアスコープをのぞきました。人が立ち去るような足音はしなかったのに、そこには誰もいませんでした。
変に思いましたが、誰かが部屋を間違えてドアノブに手をかけたところで間違いに気づき、そっと立ち去ったのかもしれないと思い、気にしないことにしました。
その日はそのまま、また寝ました。

ところが、翌日の夜も私は目を覚ましました。時刻も同じく3時前です。
前日の奇妙な出来事が、無意識のうちに気にかかっていたために、目が覚めたのだろうと思いました。
やはりひどく暑かったので、また水を飲みにキッチンに向かいました。

すると、今度はコップに水を注いだところで、ドアノブがすうっと動き、しばらくして元に戻りました。

私はドアに駆け寄ってドアスコープをのぞきました。しかし、誰もいません。
さすがに二日連続のことなので不思議に思いました。
いたずらかとも考えたのですが、深夜にドアノブを動かすだけでは住人に気づかれない可能性が高く、いたずらの意味がありません。
物音などで私が起きたことを察知していたずらをしているのだとすれば、かなり気持ちが悪いですが、まさかそんな物好きもいないでしょう。
ベッドに戻り横になりましたが、なかなか眠れませんでした。

そして翌日、またドアノブが動くかどうか、私は起きて見張っていることにしました。
休日だったので昼間のうちに寝ておき、夜に備えました。

午前3時前、私はドアのそばに行きました。
こんなとき、時間はなかなか過ぎません。暑いせいか緊張のためか、汗が流れました。
なかなかドアノブは動きません。

3時を過ぎても、何も起きませんでした。
やはり部屋間違いか何かだったのだと思いました。二日連続で起きたのも、ただの偶然でしょう。いくらなんでも、三日連続はありえません。
そう考えると、自分のしていることが馬鹿馬鹿しいような気がしてきて、もう見張りはやめようと思ったそのときです。

ドアノブがゆっくりと動きました。

私はぱっとドアスコープをのぞきました。しかし、誰もいません。
もう逃げたのか、と思った瞬間、下を向いたままのドアノブのレバーが目に入りました。

誰もいないのに、ドアノブが回っている・・・。

私はドアの前から飛びのき、ベッドに飛び込んで、暑いのも構わず頭から布団をかぶりました。
眠れませんでしたが、明るくなるまでそうしていました。

朝になって、これからどうしようかと考えました。
気味が悪いので、できれば引っ越したかったのですが、お金がありません。
それに引っ越したとして、もし転居先でもこの奇妙な現象が起きたら、と思うと余計に怖い気がしました。

結局ドラッグストアに行き、市販の睡眠導入剤を購入して、それを飲んで寝ることにしました。
その後は夜中に目が覚めることはありませんでした。
私の眠っている間に、毎日ドアノブは動いていたかもしれませんが、怖いので考えないようにしました。

広告

関連記事

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日Tさんは、知り合いの家へ遊びに

記事を読む

廃病院で聞こえた女性の声

あれは数年前の春の出来事です。 仲が良かった数人で楽しい思い出を作ろうと卒業旅行に行く事にしていた

記事を読む

住んでいるアパートで奥さんが殺された夜

7月中旬の話です。私は4世帯が入居しているアパートに住んでいました。その日は残業で深夜1時ごろに帰宅

記事を読む

交際相手と別れようとすると必ず起きる出来事

今からだいたい、一か月前の出来事になります。 2014年のできごとです。 付き合っている人がいる

記事を読む

金縛りに合ったのでふと見ると

この体験は、私が18歳の冬、大学受験もいよいよ目前に迫って毎日勉強漬けの日々を送っていたときの話です

記事を読む

呪われた右半身

"これはわたしが高校2年生の頃の出来事です。霊感があるとは自覚はなかったのですが、小さいころから不思

記事を読む

子供の頃祟られた経験について

私は過去に心霊体験を経験したことがあります。 あれは小学校4年生ぐらいまでに起こったことなのですが

記事を読む

重い空間と邪悪な宗教

これは、私が24歳ぐらいの頃のお話です。その頃、私は現実の苦しさからとある宗教に入信しておりました。

記事を読む

親戚が管理する廃ホテルで感じた恐怖

7年前、私がまだ大学生だったころの心霊体験です。地元の山の中腹にある廃ホテルで感じた心霊体験になりま

記事を読む

女性の霊と夢の中で対話

あれは、今から12年前の大学生の時の体験です。 大学入学に当たり、アパートで一人暮らしを始め、2年

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑