川辺に着物の女性

私が小学生だったときの話です。放課後、友人たちと近所の公園でサッカーをしていました。夕方になり解散となりました。私と友人A君は家が近かったので一緒に帰ることにしました。

私の家のすぐ近くには小さな川があります。その川には橋があるのですが、車は通れず人が渡る専用の橋でした。周りは住宅街なのですが、その橋を利用する人はあまり多くありません。堤防にも草が生い茂り、その川だけひっそりとした感じのする場所です。私とA君は今日のサッカーのことを振り返ったりしながら帰っていました。話が盛り上がったので橋にもたれながら少しそこで話していました。

しばらく話していると、A君がじーっと視線をそらさず堤防を眺めるようになりました。どうした?と私が聞くと、A君が「あそこ見て、白い着物を着た人がいる」というんです。指をさす先を見ても、私には草むらがあるだけで何も見えません。どこ?どこ?と聞くと、あそこあそこ!川を見て立っている女の人がいるでしょ!とA君が興奮して言うんです。私はじーっと見ても全然見えません。まだ夕方ですし、薄暗い程度でお化けという感じの時間でもありません。しかし、見えはしないけどだんだん怖くなってきて、A君と一緒に走って帰りました。

その日の夜、夕方のことはすっかり忘れていました。食事とお風呂を済ませ、いつも通り就寝しました。いつもは目が覚めないのに、その日は目が覚めました。時計を見ると2時を少しまわっていました。尿意を感じたので、トイレへ。用を済まし部屋に戻ろうと思ったとき、ふと夕方のことが頭をよぎったのです。私の部屋からも川の堤防が見えるのを思い出して、なんとなく窓を開けて川の方を見たのです。しかし、やはり何も見えません。見えないよなーと思いながら窓を閉めようとしたとき、ふいに涼しい風が吹いたんです。夏には似つかわしくない冷たい風が。私はぶるっと身震いして窓を閉めて、なんとなく怖い気がして布団を頭からかぶって寝ました。

翌日、起きて学校へ行く準備を済ませたとき、ふと昨日のことを思い出したので、また窓を開けて見ようと思いました。そしてカーテンを開けた瞬間からだが固まりました。なんと窓ガラスに両手と両足の後がベタッとついていたのです。そしてそのサイズも異様でした。右手と右足は大きく大人のサイズ。左手、左足は小学生くらいの子供のサイズと、まったく違ったのです。怖くてカーテンをまた閉めて学校へ行きました。その日帰ってからおそるおそる窓ガラスを見ても、手と足の跡はありませんでした。

広告

関連記事

親戚が管理する廃ホテルで感じた恐怖

7年前、私がまだ大学生だったころの心霊体験です。地元の山の中腹にある廃ホテルで感じた心霊体験になりま

記事を読む

キューピッドさん

私が小学校6年生の時の話です。 当時、キューピッドさんが流行っていました。(西洋版こっくりさんのよ

記事を読む

何度も何度も金縛りにあった話

私が初めて金縛りにあったのは、中学一年の頃でした。 そのころ聞いた話によると、(確かな話かどうかは

記事を読む

神社裏の森での恐怖体験

これは私が小学校3年生の頃のお話です。 当時私と同級生達は、自宅から自転車で30分程の所にある

記事を読む

カラオケボックス 21番の部屋には何かがいる

これは学生時代に体験した実際の話です。 約7年前、私は地元の小さなカラオケボックスにてアルバイトを

記事を読む

ピアノレッスン棟での霊体験

今から15年ほど前、自宅から細い道を隔てた前の駐車場奥に建てた、私専用のピアノレッスン棟での霊体験で

記事を読む

廃病院で聞こえた女性の声

あれは数年前の春の出来事です。 仲が良かった数人で楽しい思い出を作ろうと卒業旅行に行く事にしていた

記事を読む

両親を探してさまよい歩く子供の幽霊

数年前に勤め先の近くで火事が起こりました。 その火事はある家に住んでいた子供が留守番の最中にライタ

記事を読む

死後の世界を霊に聞いたら驚くべき答えが返ってきた

死後の世界は実際に死んでみないとわからないので別に深く考えたことはありませんでした。子供の頃はよく金

記事を読む

姉をあの世へ連れて行こうとした祖母

私が高校生の時、父方の祖母が亡くなりました。 もう30年以上前の話になります。 祖母は今で言

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑