息子が急に立ち上がって泣きだしたり、言葉にならない言葉を話したりする

20歳になる息子が5歳の時の話ですので15年も前の話になります。

当時、私が寝ようとすると寝ていた息子が急に立ち上がって泣きだしたり、言葉にならない言葉を話したりするようになりました。
一日、二日なら何とも思わなかったのですが、これが十日以上も続くのでさすがに心配になって実家の母に相談しました。
すると、私自身も同じようなことがあり母が寝ようとすると泣きだして朝までぐずるようなことが連日続いたそうです。

その時は母、地元で有名な霊能力者の方に見てもらったら「●●の方角に供養されていない霊がいる」と言われたそうです。
自宅からその方角は、火葬場のあった場所でした。数年前に死産した私の兄をその火葬場で火葬にして、お骨も残らないような状態だったために特に供養することもなくそのままにしていたそうです。そこでその方にお札を作ってもらい水とご飯を毎日お供えするようにしたそうです。すると、その日から私の夜泣きはピタッとおさまったそうです。

そんな話を母から聞いて、同じ霊能力者の方がまだ存命でしたので母に連れて行ってもらってさっそく見てもらうことにしました。
15年前の時点でだいぶご高齢で、日にひと組ほどしか受け入れてなかったのですが、たまたまその日は空いているということですぐに見てもらえました。

夜、泣きだすといったことを話しただけなのですが
「最近亡くなった身近な男性の霊が息子のことが心配で近くに来ている」といったような話をされました。ちょうどその時から数ヶ月前に息子の父方の曽祖父が亡くなったばかりでした。初めてのひ孫で可愛がってくれていました。

その時には、お墓参りに行くことと寝室の四隅に盛り塩をすること、そして家の敷地の四隅にひと月の間毎日塩と清酒をまくようにいわれました。早速息子を連れてお墓参りに行き、盛り塩などを実践しました。すると、お墓参りに行ったその日から息子の夜泣きや言葉にならない言葉を話すようなことは一切なくなりました。

またその時に5年以内は交通事故に気をつけるように言われました。そのことは最初は気をつけていたものの時間とともに忘れていたのですが、ある年、学校帰りの息子が一人で横断歩道を渡っている時に信号無視の車に当て逃げされてけがをするといったことがありました。それがちょうど見てもらってから5年目のことでした。それに気がついた時は鳥肌が立ちました。
怖いわけではないのですが、霊の存在を感じる不思議な経験です。

広告

関連記事

川辺に着物の女性

私が小学生だったときの話です。放課後、友人たちと近所の公園でサッカーをしていました。夕方になり解散と

記事を読む

初めて心霊写真が怖いと思いました

私は子供の頃からお出掛け先で写真を撮られると何枚か必ず心霊写真が写るようになりました。今でも覚えてい

記事を読む

キューピッドさん

私が小学校6年生の時の話です。 当時、キューピッドさんが流行っていました。(西洋版こっくりさんのよ

記事を読む

高知のビジネスホテルで体験した怖い話

2005年の話です。当時の私は大学2回生で、文化人類学を先行していました。当時のゼミナールでは、遠方

記事を読む

コックリさん事件

小学校5年生のときの話になります。 今の30代が子供のときというのは、全国的にコックリさんというも

記事を読む

神社裏の森での恐怖体験

これは私が小学校3年生の頃のお話です。 当時私と同級生達は、自宅から自転車で30分程の所にある

記事を読む

キッチンにいつも現れる女の人

この話は、私が高校生の時に体験した話です。 それは、昔の古い家で起こったことでした。現在の新し

記事を読む

金縛りの時に私を覗きこむ男性の霊

私が中学生の頃、両親がお世話になってる方から一軒家を譲りうけ、私たち家族は引っ越しをしました。 筑

記事を読む

潰れた廃病院で聞こえたナースコール

今から7年前のことでした。 私は高校を卒業し、短大に通っていました。 短大に入学してから半年以上

記事を読む

交際相手と別れようとすると必ず起きる出来事

今からだいたい、一か月前の出来事になります。 2014年のできごとです。 付き合っている人がいる

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑