呪いのアパート

3年前の体験談です。私が以前住んでいたアパートでの心霊体験です。

私は築10年二階建て二階のアパートに住み一年が経とうとした頃の話しです。真夜中うとうとしていると窓から真っ黒い人影が見えベッドで寝ている私の上に乗ってきたのです。そのまま息苦しくなり怖いので目を閉じました。しばらくすると息苦しさがなくなったので目を開け時計を見ると午前2時でした。怖いと思い、寝ようと努力しましたが結局寝たか寝ていない状態で朝になっていました。仕事中会社の先輩に話すと「疲れてるんだよ。」と軽く流されました。私はその通り疲れているからだと気にしないようにしました。

数日後、友人が始めて私のアパートに遊びにきました。すると来て早々霊感のある友人が「ごめんだけど、私この部屋だめだ。」と言いファミレスへ移動しました。そこでどうしたのか聞くと霊がいたというのです。私が普段生活している部屋に霊がいるというのですから怖くてその夜はアパートに帰りたくありませんでした。しかし帰らない訳にはいかず友人と解散した後車で帰宅しました。バックで車を停めようとした時バックミラーに人影が映ったのです。私は怖くなり見ないようにしましたが車を降り階段を駆け上がるとはっきりと私を見つめる青い人影が隅に立っていたのです。私はダッシュで部屋に入りました。気のせいではなくはっきりと霊を見たのは初めてで震えが治まりませんでした。その日は寝れず、キッチンの水道から水が流れる音がしたり電気がちかちかしたり‥

それからと言うもの職場でも心霊現象が起こるようになり夜窓から人影が覗いていたり、夜勤中ソファーで仮眠をとっていると誰もいないはずの背後から激しく突き落とされたこともありました。立て続けに起きる心霊現象に私は耐えきれず神社でお祓いをしてもらいました。
それからもアパートにいることが気味悪く感じ引っ越すことにしました。その後は今現在まで心霊現象は起きません。

引っ越してから聞いた話ですが、私の下の階の人が首吊り自殺していたということを噂で聞きました。私がアパートに引っ越した時から誰も住んでなく南京錠の様なものがかかっていたのはそのせいかと思いました。もうあのアパートには近寄りたくありません。住んでいた人が次々と引っ越していたのももしかしたら同じ体験をした人が多くいたのかもしれません。全て私の思い込みかもしれませんが、自分でははっきり霊というものをこの目で見たので一生忘れることはないでしょう。

広告

関連記事

死後の世界を霊に聞いたら驚くべき答えが返ってきた

死後の世界は実際に死んでみないとわからないので別に深く考えたことはありませんでした。子供の頃はよく金

記事を読む

勝手に回るドアノブ

これは、私が大学生のときのことです。 当時私は、京都の某私立大学に通っており、京都市内の学生専用ア

記事を読む

廃病院の2階の窓から男の幽霊がこっちを見ていた

私が約10年ほど前の高校生の時ですが、夏休みに男友達4人で夜まで遊んでおり、その流れで肝試しに行きま

記事を読む

祖母の死に関する心霊体験

これは、私と私の母親が祖母の介護をしている時の心霊体験です。祖母の介護が必要となったのは、祖母が80

記事を読む

コックリさん事件

小学校5年生のときの話になります。 今の30代が子供のときというのは、全国的にコックリさんというも

記事を読む

住んでいるアパートで奥さんが殺された夜

7月中旬の話です。私は4世帯が入居しているアパートに住んでいました。その日は残業で深夜1時ごろに帰宅

記事を読む

こっくりさんの最中にコインに添えた手を放してしまいました

これは、私が中学1年生の時に、実際に体験した恐怖体験です。 当時の私は、部活の友人たちとこっく

記事を読む

廃線になった路線バスのバス停での事

車の免許を取ったすぐのことでしたので、18歳の夏頃だったと思います。 当時は親の車を借りて、夜にな

記事を読む

病院の窓から見えた武者行列

これは私が京都のとある総合病院で体験したできごとです。 当時、入院患者が200名程度の中規模病院で

記事を読む

重い空間と邪悪な宗教

これは、私が24歳ぐらいの頃のお話です。その頃、私は現実の苦しさからとある宗教に入信しておりました。

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑