クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

暗証番号の入力を伴うカードの不正利用は補償されないのですか?

クレジットカード・デビットカードは、不正利用の際に暗証番号を使用して取引されていた場合、カード発行会社による補償の対象外になるおそれがあります。

実際に、日本クレジット協会も「推測されやすい暗証番号を設定していた場合に補償を受けられないことがある」と注意喚起を行なっています。

クレジットカードが紛失、盗難にあった際に、生年月日、自宅電話番号、同一の連続番号など、他人に推測されやすい暗証番号を設定していた場合、カードを紛失・盗難等により不正使用されたときでも、カード盗難保険によって補てんされないことがありますのでご注意ください。

※引用元:日本クレジット協会「暗証番号の登録・管理について|安心してご利用いただくためのルールや注意|消費者のみなさまへ|一般社団法人日本クレジット協会

他人にカードの暗証番号を知られたことで不正利用の被害に遭った場合は、損害額を自身で負担しなければならない可能性があります。そのため、カードには必ず推測されにくい暗証番号を設定し、他人に知られないように注意して管理しましょう。

たとえば、生年月日や電話番号、自宅の現住所など他人が容易に知り得る番号をカードの暗証番号に設定したり、暗証番号のメモとカードを一緒に保管したりするのは絶対に避けてください。

なお、不正利用の被害に関して、カードの契約者本人に過失や故意がないとカード発行会社が認めた場合は、損害額を補償してもらえる可能性があります。
ただし、具体的にどのような場合に補償されるのかはカード発行会社の判断によるため、自身で過失や故意がないと思っていても不正利用の被害が補償対象になるとは限らないことは理解しておきましょう。