クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

カードを作るために名義を貸してほしいと言われました

近年、友人などから「あなたの名前でクレジットカードを作り、そのカードを自分に渡してほしい」と言われる事案が増えているようです。
他人がクレジットカードを発行するために自身の名義を貸したり、自身の名義で発行したクレジットカードを他人に貸すなどの行為は「名義貸し」に該当し、カード会社の定める会員規約に違反することになるので絶対に止めてください。

名義貸しを行なった場合、クレジットカードが利用限度額いっぱいまで使われた挙句、カードを受け取った人とそのまま連絡がつかなくなり、足取りもわからなくなるケースがあるようです。
クレジットカードの利用代金を支払う責任はカードの名義人にあります。そのため、たとえ他人が利用して発生した代金だとしても、自分名義で発行されたクレジットカードであれば請求された代金を支払わないといけません。
名義貸しを行なった場合、自分の経済力では支払えないほどの債務を背負う危険性があるので、誰に何と言われても断りましょう。

なお、自分が知らないうちに、自分の名義でクレジットカードが作られることは「名義冒用」に該当するものであり、名義貸しとは異なります。
名義冒用の疑いがある場合はすぐにカード会社に連絡し、自身の契約ではないことを伝えましょう。