クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

About us(当サイトについて)

安全なキャッシュレス社会の実現を目指すために

キャッシュレス決済とは、現金を使わずにお金を支払うことを指します。現金を持ち歩かなくても支払いができたり、その支払いでポイントが付与されたりといった点が主な特徴です。消費者庁が公表している調査(※1)をみると、2020年現在で「民間最終消費支出のうちの29.7%がキャッシュレス決済によって支払われている」と書かれていることからも、私たちの生活に浸透していると言えます。

そんなキャッシュレス決済ですが、自身のライフスタイルに合わせた選択をするには、「知識」が必要になる場面が多いのも事実です。キャッシュレス決済サービスの種類や用途が多岐にわたるため、多くの選択肢の中から自身に合った選択をするための知識が大切でしょう。
また、同じくらい大切になるのが、キャッシュレス決済に関する「法律・規約」や「セキュリティ対策・犯罪防止」への理解です。それらへの理解が不足していると、トラブルに発展する使い方を意図せずしてしまったり、不正利用や詐欺の被害に遭ったりするリスクもあります。

つまり、キャッシュレス決済において、リスクへの対応をしながらライフスタイルに合わせた選択をするためには、多くの選択肢の中から自身に合った選択をするための知識と、基本的なしくみや注意点、関連する法律への理解が大切になるのです。

にもかかわらず日本では、キャッシュレス決済に関する情報を得る機会が少ないのが現状です。教育を受ける機会は限られていますし、「学びたい」「悩みを解決したい」と思い至って知識を得ようとしても、情報が探しにくい・分かりにくいといった場面もあると思います。

そこで私たちは、消費者がリスクへの対応をしながらライフスタイルに合わせた選択をするために、キャッシュレスに関する情報を探しやすく・分かりやすく提供したいと考えました。この情報提供を続けることが、キャッシュレス決済市場が抱えている「消費者のリテラシー向上」という課題の改善に貢献し、ひいては安全なキャッシュレス社会を目指すことにつながると考えています。

当サイトでは、情報が探しやすくて分かりやすいことを前提に消費者の選択を支援できるような情報を提供し、安全なキャッシュレス社会の実現を目指していきます。

※1:消費者庁「キャリア決済を中心としたキャッシュレス決済の動向整理」 https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/meeting_materials/assets/internet_committee_211012_0002.pdf

メディア運営における行動方針

当サイトでは、中立・公正な立場を保ったメディア運営の実現を目指し、コンテンツを作成するときの行動方針を制定しています。

【1】 安全なキャッシュレス社会を目指すことを前提に、情報提供を行なう。
【2】 不安や恐怖を煽るようなことをしない。
【3】 法令等を遵守し、読者に不利益が生じる“不当表示”の防止を徹底する。
【4】 物事の二面性を理解し、その一方に傾いた情報提供をしない。
【5】 行政機関や協会を中心に調査を行ない、間違った情報を拡散しない。

制定日:2021年12月16日

当サイトに関するQ&A

Q:どのように運営が成り立っているのですか?
A:アフィリエイトの仕組みによって得られる収益で運営しています。
当サイトの一部記事には、キャッシュレス決済事業者の公式サイトに移動するボタン・テキストリンクを設置しています。それらを介して申し込みや契約が発生した場合、当サイトに手数料が支払われる仕組みです。

Q:誰が記事を書いているのですか?
A:運営会社に所属するライターと編集スタッフが記事を制作しています。
当サイトの運営会社である「株式会社クヌギ」に所属し、知識習得や技術研鑽を行なっているスタッフによって制作されています。より専門的な知識・経験が必要になる記事においては、ファイナンシャルプランナーや米国公認会計士といった有識者の方々に監修を依頼しております。

Q:どのように記事を書いているのですか?
A:各ライターが執筆し、担当の編集スタッフが事実確認や校正・校閲を行なう流れです。
関連する行政機関や協会、事業者が発信している情報を中心にライターが調査を行ない、記事の執筆に取り組んでいます。ライターが執筆した後には、担当の編集スタッフによる事実確認や校正・校閲が行なわれ、当サイトに記事が掲載される流れです。