ガソリン生活 伊坂幸太郎

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

宮城県に住む望月兄弟がある女性を偶然乗せた事から始まるストーリー。ちょっとプリンセスオブウェールズ的な風味あり。

ちょっと変わっているのはこの物語がひたすら望月家の自家用車である緑色のデミオ目線で話が進むことだ。この物語の中の世界では自動車たちは排ガスが届く範囲でお互いに会話し合っているというのだ。

車たちはショッピングセンターに駐車しているときも各々の車が他の車と会話を楽しんでいるという。

そもそも車というものは昔から心を持っているのではないか?などと想像されることが多々あります。人間のよき手足となって移動を助けるだけではなく、持ち主のキャラクターが車に投影されたり、車のイメージが持ち主に重なったりする面白い道具だと思います。

ディズニーのカーズは車そのものを擬人化したが、この物語はどちらかというと、さらに昔のディズニー作品のハービーに近いのかも。(ただし勝手に走ったり、嫌いな人にオイルをかけたりはしないが)

自動車の気持ち(?)について細かい描写が面白いし、理屈っぽく考えてもなかなか破綻がないところは感心しました。

同じメーカの車には親しみを覚えてしまったり、同じモデル同士なら深い会話をしてみたり、或いはオーナー家族を贔屓目にみたり・・・本当に人間くさいというか、私たち車好きが「車がそんな風だったらいいな」という想いを表現しています。

クルマが好きな人が読むとたぶん2倍楽しめるだろうし、車に興味がなくても普段運転したことがある人ならきっと楽しめるはず。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

白夜行 東野圭吾

東野圭吾作「白夜行」は少女と少年が長い年月の間に育む愛を描いた作品です。 少年は、少女の為に殺

記事を読む

99歳一日一言 むのたけじ

久し振りに面白いためになる本に出会いました。あっという間に最後の頁まで読んでしまいました。 この本

記事を読む

ヒトリシズカ 誉田哲也

一人の女性の一生と、彼女の周辺でおこる事件を書いた連作短編です。 作者の誉田哲也さんは、姫川シリー

記事を読む

モンスター 百田尚樹

百田尚樹さんの「モンスター」と言う小説をつい最近単行本で読んだのですが、とても面白かったです。 こ

記事を読む

憧れの女の子 朝比奈あすか

表題作含む短編五編が入っている小説です。 文章はかなり今時風で、女の人ならとても共感ができそうな文

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑