一夢庵風流記 隆慶一郎

カテゴリ:歴史・自伝 本の著者:

この本の主人公前田慶次利益については、マンガやゲーム、パチンコ、パチスロが好きな人達はよく知っていると思われます。なにしろこの戦国武将が一躍有名になったのは、この小説を原作にした少年ジャンプに連載された「花の慶次」。北斗の拳でお馴染みの原哲夫氏の作品です。その後パチンコ、パチスロになって1大ヒット。今やヘタしたら信長、家康よりも人気があります。

前田慶次は一言で言うと「男が惚れる男」と言う奴。誰よりも戦に強く、友情を尊び、それでいて教養のある天下一品の傾き人。豪放磊落さと繊細さがうまく入り混じった魅力的なキャラになっています。男なら一度は妄想する理想像を具現化したような人物ですね。この小説では、とにかく前田慶次がかっこよく活躍します。脇役もそれなりに面白いですが、慶次郎の魅力抜きにはこの話は成立しません。

逆に言うと少しでも嘘くささや陳腐さが感じられるようでは一気に駄作になってしまいます。そうならないのは、ひとえに作者の隆慶一郎氏の見事な文体にあると思います。フランス文学の素養に裏打ちされた、知性と趣きのある文章が作品全体を引き締めているのが見事。極めて洗練されており、最後まで安心して読むことが出来ます。
この小説、一貫して友情について描かれています。男同士の熱い友情、戦、ときたら、少年ジャンプに連載されたのもうなづけるところ。努力だけは無縁ですが、それはこの前田慶次の魅力が、そのチートな能力にかかっているので止むを得ません。

個人的には、本編の導入部に登場するディレクターのエピソード、これがものすごく良かった。異能ゆえに理解されない現代の傾奇者、ここだけを膨らませても一遍の小説として面白いものが出来そうな気がします。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

父の詫び状 向田邦子

皆さんは向田邦子の『父の詫び状』という本をご存じでしょうか。 向田邦子というと、『阿修羅のごとく』

記事を読む

齋藤一人の道は開ける 永松茂久

齋藤一人さんの名前を知ったのは、とあるブログがきっかけでした。 その方は、齋藤一人さんの本を読んで

記事を読む

宇宙飛行士に学ぶ心の鍛え方 古川聡

第28次/29次のISS(国際宇宙ステーション)長期滞在した宇宙飛行士:古川聡さん著の本書。宇宙飛行

記事を読む

ギリシア神話を知っていますか 阿刀田高

読んで面白いだけではなく、実用的でもあります。著者の阿刀田高は1979年に『ナポレオン狂』で第81回

記事を読む

密告者ステラ ~ヒトラーにユダヤ人同胞を売った女 ピーター・ワイデン

ピーター・ワイデン著者「密告者ステラ ~ヒトラーにユダヤ人同胞を売った女」はヒトラー支配下のドイツに

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑