マリアビートル 伊坂幸太郎

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

伊坂幸太郎のエンターテイメント娯楽小説「マリアビートル」は、前作の「グラスホッパー」の続編となっていますが、
前作を読んでいなくても問題なく、十二分に楽しめる作品です。
 前作も非常に面白い小説でしたので、本屋の店頭で「マリアビートル」が平積みされているのを見たときに、
「グラスホッパー」の続編なら絶対に面白いだろうとワクワクしました。伊坂幸太郎の新作が出版されると、ほとんど読んでいるのですが、
伊坂幸太郎の作品の中でもとくに好きな「グラスホッパー」の続編なので、かなり期待して読み始めました。
 舞台は新幹線の中。殺し屋たちがそれぞれの目的のために、逃げることのできない空間で、追いつ追われつ物語は展開していきます。
 登場人物の特徴や呼び名は、伊坂幸太郎特有の感があります。また、軽快な文体が、緊迫した状況を時にコミカルに、
時にシリアスに表現しており、目が離せません。始まりから終わりまで一気に読んでしまいたくなる疾走感があります。
 私はこの本を飛行機の中で読みましたが、「マリアビートル」の世界に没頭することができたおかげで、
苦手な飛行機の中を楽しく過ごすことができました。飛行機の中ではちょうど通りかかったCAさんに、「私もこの本読んでるんです!」と
声をかけられ、まさか飛行機の中で伊坂幸太郎ファンに会うとはと、びっくりしました。
 伊坂幸太郎ファンなら待望の1冊といえるでしょう。そうでない人でも、楽しく読めることは間違いない1冊です。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

リプレイ ケン・グリムウッド

ケン・グリムウッド氏作のリプレイは友人から強く薦められたSFです。一気に読み上げました。 主人

記事を読む

アキハバラ@DEEP 石田衣良

読後の爽快感が最高です。石田衣良作品はどれも好きですが、この作品「アキハバラ@DEEP」はその中でも

記事を読む

ピアッシング 村上龍

『ピアッシング』は村上龍の中編小説です。 人を殺してしまうかもしれないという強迫衝動を抱え持つ川島

記事を読む

ステップファザー・ステップ 宮部みゆき

最初は有名作家の宮部みゆきさんの作品とは知らず、表紙の裏に書かれてあるあらすじに惹かれて、面白そうだ

記事を読む

悪の教典 貴志祐介

悪の教典は、とある私立高校に赴任してきた英語教師が、文化祭の前夜自分が受け持つクラスの生徒を次々と手

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑