ヘヴン 川上未映子

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

「ヘヴン」は川上未映子の長編小説で、いじめの問題を取り扱った作品です。

ヘヴンにおける主人公は14歳の男の子で、斜視が原因で日頃から「ロンパリ」と呼ばれいじめを受けています。その主人公を視点にして物語は展開されます。
主人公はある日、汚い容姿をしているために主人公と同じようにいじめを受けているコジマから手紙を受け取ります。その手紙には「わたしたちは仲間です」と書かれていました。
手紙をきっかけにコジマと話すようになった主人公はコジマと交流を深めていくことになります。二人は一緒に美術館に行き、奥にある「ヘヴン」を見に行くのですがあいにく見つけることが出来ません。
そして二人に対するいじめはエスカレートして行きます。
終盤、二人に対して壮絶ないじめが行われることになります。そしてその時、始めて二人に対するいじめは大人達によって知られるところとなるのです。
この『ヘヴン』は、日常的にいじめられている子供を主人公にした一人称で描かれているため、読むのに苦痛が伴うほどの切実感や切迫感に満ちています。
主人公は物語の中盤、いじめによる怪我の治療に病院に訪れたとき、手術をすれば斜視が直ることを知らされます。つまり、いじめの原因を取り除くことができることを知らされるのですが、それはコジマとの連帯を放棄することにつながるため、主人公は悩みはじめます。
終盤で主人公は良好な関係を築いている継母に相談します。その結果、最後に主人公はある決断をし、それにより新たな世界が見えるようになって物語は終わりを迎えます。しかし、その終わり方が正しいものなのか、主人公にも、そしてその物語を読み解いた読者にもわからないのです。

この『ヘヴン』において象徴的なのはやはりコジマの存在です。
彼女はいじめを含め、あらゆる物に対して受容する態度をとり続けます。そのさまは、まるで宗教上の聖者のようにも見えます。そのコジマに対する主人公の結論の取り方が、妥当なものだったのか、おそらく作者はそのことをわからず、その判断を読者の側にゆだねるように物語を締めくくっているのです。

『ヘブン』いじめ問題について正面から向き合って真摯に書かれた、優れた問題意識を持つ作品です。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

あぐり95年の奇跡 吉行あぐり

日本で「あぐりさん」と訊けば、「1997年の、NHK朝の連続テレビ小説のあぐりさん」と誰しもが連想す

記事を読む

わくらば日記 朱川湊人

わくらばとは、病気の葉と若い葉という意味がそれぞれあるらしく、主人公は若い葉のほうの和歌子です。和歌

記事を読む

くっすん大黒 町田康

『くっすん大黒』は現在は高名な純文学作家として活躍する町田康の処女小説です。そもそも『くっすん大黒』

記事を読む

ヒトリシズカ 誉田哲也

一人の女性の一生と、彼女の周辺でおこる事件を書いた連作短編です。 作者の誉田哲也さんは、姫川シリー

記事を読む

昨日のカレー、明日のパン 木皿泉

この本「昨日のカレー、明日のパン」は「木皿泉」のペンネームで執筆している日本の脚本家二人が紡ぐ何気な

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑