昨日のカレー、明日のパン 木皿泉

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

この本「昨日のカレー、明日のパン」は「木皿泉」のペンネームで執筆している日本の脚本家二人が紡ぐ何気ない日常にある幸せやユーモアを描いたものです。
簡単なあらすじは、一つ屋根の下で暮らす奇妙な関係?の二人。
テツコは7年前に当時25歳の夫に先立たれ、以来夫の父「義父」と共同生活を続ける。
「義父」の事を「ギフ」と呼び、テツコは夫の死を、ギフは息子の死を、互いに暮らしの中で緩やかに自分の内に受け入れていく様子が読んでいる側にしみてくる。
私がこの本を読んだのは本屋で偶然手に取り、タイトルから料理関係の本と勘違いしペラペラと本をめくっていくと、料理とは関係のない内容の小説でした。
作者の紹介分を見るとテレビでも人気だった「野ブタ。をプロデュース」の脚本家だとわかりました。
その脚本家が書いた初の長編小説との事。
これは試しに目を通して見ようかとページをめくっていくと、一気読みしてしまいました。
テツコもギフも決して忘れることのない悲しみをかかえているのにささやかな喜びや発見をしながら日常を送っていく様子に、自分はどうだろう?と自身の生活をふと振り返りながら読んでいました。
夫に先立たれた妻という、聞くと切ない設定なのだがテツコには一応付き合っている彼氏「岩井さん」がいます。
この岩井さんがまた何とも言えないキャラクターでテツコの気持ちはいざしらず自分は当然のようにテツコと結婚するものだと信じて疑わない。
何かズレている感もある岩井さんだが実は誰よりも純粋で不器用な男で、つい応援したくなってしまうのです。
自分はこの小説を読んだあとで無意識に自分の生活を振り返っていました。
日頃生活をしていく中で、大きなアクシデントや悲しい出来事は誰にでもやってくるものです。
この小説では「こうやって乗り越えた」とか「どうしようもなく悲しい」という深い感情のような表現はほとんど出てこないのですが、それは夫(息子)の死から数年が経過しているからかもしれませんが、時間は止まることなく進んでいくというようなことが私は感じました。
ひょっとするとテツコとギフは義理の親子関係だからこそ適度な距離感を保ちつつお互いを敬って生きているのかもしれません。
ぜひ日頃ちょっとしたことで腹を立てている人にこの本を手に取ってもらいたいものです。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しかご存知のないローカルな電車だと

記事を読む

小さいおうち 中島京子

先に映画をみたあとに、色々出てきた疑問を解消するべく原作本をよむことにしました。昭和初期の戦前~戦後

記事を読む

ステップファザー・ステップ 宮部みゆき

最初は有名作家の宮部みゆきさんの作品とは知らず、表紙の裏に書かれてあるあらすじに惹かれて、面白そうだ

記事を読む

神様のカルテ 夏川草介

ここ最近で面白かった本といえば神様のカルテでしょう。 1,2,3と3冊発売されていまして、2冊

記事を読む

ヒトリシズカ 誉田哲也

一人の女性の一生と、彼女の周辺でおこる事件を書いた連作短編です。 作者の誉田哲也さんは、姫川シリー

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑