事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。

その日Tさんは、知り合いの家へ遊びに行き、帰り道、家へと車を走らせておりました。時刻はだいたい午後の4時ぐらいだったとおっしゃっております。

しばらくTさんが車で走っていると、いきなり雨の音が車の中にいるTさんの耳に聞こえてきたそうです。「えっ、雨?」と思い、外を見てみるのですが、外は良い天気で晴れておりました。

Tさんが、そう思った次の瞬間、“ドサッ!”と、いきなりTさんの車に何かがぶつかった音がしたそうです。その音がした瞬間から、Tさんは、急に寒気に襲われました。

霊的な「何か」が車にぶつかり、「それ」は、次にTさんの車のボンネットの上に乗っかってきました。「それ」は、目には見えないのですが、なぜか「その何か(この世のものではない不気味なもの)」が車のボンネットに乗っかっているとTさんは、強く感じたそうです。その時Tさんは、運転しながら、強烈な寒気を感じておりました。

Tさんはとても怖かったので、車を走らせながら「車から降りて!」と、心の中で必死になって「それ」に訴えかけました。ボンネットの上に乗っている「それ」の存在を感じつつ、恐怖で気が狂いそうになりながら、車を運転していたそうです。その間ずっと晴れているのに雨の音が聞こえていたそうです。

それから、とある信号のある場所で、信号が赤になったので、Tさんは車を止めました。と、その時、車からドサッ!と、道に「何か」が落ちた音が聞こえたそうです。それと同時に雨の音がピタッと止んだそうです。

そのまま怖いと思いながら家に帰り、気になったTさんは、いつもお世話になっている霊能者の先生に、電話でその事をお話ししました。

すると、晴れているにもかかわらず、雨の音がしだした場所で、雨の日に1人の老婆が車の事故にあっている、との話をお聞きしたそうです。
老婆の小さな体は、車のボンネットの上に、車にぶつかったその衝撃で飛ばされて乗ってしまい、しばらく走ったあとに、この信号のある場所で老婆の体が車から落ち、彼女は亡くなったそうです。その事を、電話ごしに霊能者の先生がお話してくださったそうです。

その時電話口で霊能者の先生はTさんに、きっとその事故で亡くなった老婆の霊が、事故で亡くなる事になり、とても無念だったとTさんに教えたかったのでしょうとおっしゃったそうです。

このお話をTさんから聞いた時、私は背筋がゾクッとするとかの反応よりも、成仏は、やはり難しい事なのではないかと、またもや感じてしまいました。

死ぬのも成仏するのも本当に大変なことかもしれないと、私は思いました。

広告

関連記事

人生で初めての金縛り

私が初めて金縛りにあったのは中学3年生の時でした。 クラスメートと昼休みに喋っていると、すごく怖い

記事を読む

潰れた廃病院で聞こえたナースコール

今から7年前のことでした。 私は高校を卒業し、短大に通っていました。 短大に入学してから半年以上

記事を読む

小学生の頃に、山のお寺で体験した怪異

私がまだ小学生の頃でした。 6年生の夏休みに同い年くらいの従兄弟なども4人ほど集まり、祖父母に連れ

記事を読む

呪いのアパート

3年前の体験談です。私が以前住んでいたアパートでの心霊体験です。 私は築10年二階建て二階のア

記事を読む

行ってはいけない廃墟

これは僕が高校生の頃の話です。 僕にはある趣味がありました。 それは廃墟巡りです。 よく休日を

記事を読む

私の胴体に風穴が開いていた話

私の知り合いにはいわゆる霊能者がいます。 よくネット上では「TVで出ているような奴らじゃなくて、商

記事を読む

神社裏の森での恐怖体験

これは私が小学校3年生の頃のお話です。 当時私と同級生達は、自宅から自転車で30分程の所にある

記事を読む

自分が死んだことを理解していなかった祖父

これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。 まず、祖父が亡く

記事を読む

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

生霊と波長が合ってしまった私

私が初めて一人暮らしをした時の話です。 私は当時29でした。30歳を目前に結婚もしていない自分が恥

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑