信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。
当時働いていた会社で信州に新しく支店を作るという事で応援に行くことになりました。
期間は2週間ほどでその間は支店に近いホテルに滞在する事になりました。
そのホテルは全国にある有名なシティホテルでしたので何の不安もありませんでした。
そしてホテルは出来て間もなく外観内観もとても綺麗なホテルでした。
応援に行った時はまだ秋でしたがさすが信州。

既に底冷えする寒さです。
到着は夜。
既に食事は済ませていたのでチェックインをしてすぐ眠りにつきました。
そしてその夜金縛りに合いました。

特に何を見たなどありませんでしたが、怖さを感じ部屋を変えなければ毎日同じ状況だと感じました。
フロントに言うと快く部屋を変えてくれました。
部屋に忘れ物が無いかもう一度部屋に行った時、何となく外が気になりカーテンを開けると、
真下はズラーっと墓石がありました。

そう、お墓だったんです。
古い塔婆たちがなんとも不気味さを醸し出しており、こういう事だったのかと納得した覚えがあります。
そして新しいお部屋に移ったその夜は何事も無くホッとし支店へ仕事をしに行きました。
その夜、部屋に戻るとテーブルの上に灰皿があったのですがその中に1本のお線香の燃えた後が残っていました。
フロントの人がやったのだろう。とその時は何の不思議も思わず放置していました。

そしてベットに入り寝たか寝てないかと言う時、部屋のドアがガチャガチャと鍵を開ける音がしました。
鍵を持っているという事はフロントの人。と寝ぼけながらも咄嗟に判断し、フロント?と思いました。
そしてギーッとドアが開き廊下の灯りが部屋にスーッと入ってきます。

どうして入ってくるの?と思った矢先、酷く重い金縛りに掛かりました。
絨毯を革靴で歩く音が聞こえ私の枕もとを過ぎた所で止まりました。
見ると制服でありがちな黄色いような黄緑色っぽいようなスラックスを履いており靴はやはり革靴です。
男性だとすぐにわかりました。

彼の足もとから上は怖くて見る事が出来ず、ただ彼もじっと後ろ向きでそこに立ったまま動きません。
10秒くらいでしょうか、しばらくするとスーッと消えていきました。
疲れと眠さの方が勝ちそのまま寝てしまいました。

朝、フロントの人に聞いてみました。
「部屋をクリーニングした後、灰皿にお線香を炊いてそのままにして置くことはありますか?」と。
すると、「いえ、そのような事はございません。」とおっしゃられました。

ここでまた部屋を変えたい、、とも思いましたがこのホテルはどの部屋も何かしらあるのだな。と思い口を閉じました。

その後も支店の応援を終えるまで数度の金縛り等ありましたがそれ以上何もないので我慢しました。
実はそのお墓隣接ホテル。
まだあるんですよ。

広告

関連記事

呪われた右半身

"これはわたしが高校2年生の頃の出来事です。霊感があるとは自覚はなかったのですが、小さいころから不思

記事を読む

死後の世界を霊に聞いたら驚くべき答えが返ってきた

死後の世界は実際に死んでみないとわからないので別に深く考えたことはありませんでした。子供の頃はよく金

記事を読む

富士の森林にて

10年程前の話です。 当時、某IT企業でSEの仕事に従事しており、とあるベンチャー企業のシステ

記事を読む

誰もいないビルで足音が聞こえた話

私はもともと霊感が強くなく、というか霊感はないと思っていました。 小さなころから心霊体験をしたとい

記事を読む

病院の窓から見えた武者行列

これは私が京都のとある総合病院で体験したできごとです。 当時、入院患者が200名程度の中規模病院で

記事を読む

親戚が管理する廃ホテルで感じた恐怖

7年前、私がまだ大学生だったころの心霊体験です。地元の山の中腹にある廃ホテルで感じた心霊体験になりま

記事を読む

机の中にあった手掻と、夢の中に出てきた顔

もう、7年ほど前になる2月の冬の事です。 親戚の若い男の子が、20代の若さで自殺をしてしまいました

記事を読む

姉をあの世へ連れて行こうとした祖母

私が高校生の時、父方の祖母が亡くなりました。 もう30年以上前の話になります。 祖母は今で言

記事を読む

キューピッドさん

私が小学校6年生の時の話です。 当時、キューピッドさんが流行っていました。(西洋版こっくりさんのよ

記事を読む

両親を探してさまよい歩く子供の幽霊

数年前に勤め先の近くで火事が起こりました。 その火事はある家に住んでいた子供が留守番の最中にライタ

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑