ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。
時期は2000年ごろの夏だったと思います。

当時吹奏楽サークルに所属していた私は、岡山県のとある宿泊施設で合宿に2泊3日で参加していました。

出来事は合宿終了の前日、その宿泊施設で起こりました。

この日の練習を終えたあと、夕食と入浴をすませて自由時間となりました。

この日は、私たち以外に宿泊グループはいません。

私はロビーの公衆電話から、のんびりと友人に電話をかけていました。

あたりは静かで、誰も通りません。

電話を終えるとほぼ同時に、サークルの仲間S君がベースをかき鳴らしながら歩いてきました。

私「どうしたの?」

S君「Yちゃんがパジャマでトイレへ歩いていったんだけど
  なかなか帰ってこないんだよね。ここ通ったでしょ?」

私「え?…誰も通ってないよ?」

私とS君は、沈黙してしまいました。

私はロビーのほうを向いて電話をしていましたが、電話中に通った人はいませんでした。

しかもその後、まったく別の方向からYちゃんは私服姿で歩いてきたのです。

Yちゃんはその話を聞いて爆笑していましたが、S君の表情は恐怖でこわばっていました。

私もその時は

「まあ、S君の勘違いだったのだろう」

と思いました。

しかしその後、事件は起こったのです。

翌日朝には退所で実質、合宿の最終日ということもあり私たちメンバーは部屋に集合し、お酒を飲みながらウダウダと過ごしていました。

話題はさきほどの「Yちゃんドッペルゲンガー事件」から自然と怪談話になりました。

話が盛り上がってきた頃、霊感があるというA君がふと

「なんか空気が重く…」

と言いかけたときでした。

「ガチャガチャガチャ!!」

と、入り口のドアノブが何者かによってけたたましく鳴らされたのです。

本当に怖い時には声が出ないものです。

私たちは全員凍りつきました。

なにしろ入り口はガラス戸で、向こう側の玄関や靴箱が丸見えなので、ドアノブを持つ人影が必ず見えるつくりなのです。

しかしそこには、誰の影もありません。

沈黙のあと、みんなはパニックになりました。

すると、霊感のあるA君と、もう一人の霊感があるというT君が
「ちょっと調べてくる」

と、二人で部屋を出て行きました。

しばらくして二人が帰ってきました。

彼らによると

「階段に女の子が座っているのを見た。
Yちゃんに似た子はその子かもしれない」

とのことでした。

その時、鳥肌が止まらなかったのを覚えています。

後日、インターネットで調べてみたところ
「近くのダムに身投げをした少女の霊が施設にあらわれる」
との情報が出てきました。

もしかすると、私たちはこの少女と遭遇したのかもしれません。

広告

関連記事

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

子供の怪我の原因を招いた水子の霊

ちょうど1年位前の話です。結婚して子供が2人いる友人から、家に来て食事でもしないかという誘いがありま

記事を読む

呪われた右半身

"これはわたしが高校2年生の頃の出来事です。霊感があるとは自覚はなかったのですが、小さいころから不思

記事を読む

ずっと私の近くにいる女の子

私が小学生の頃の話しです。 私の家の近くには市民プールがあり、夏休みには友達と毎日のようにそのプー

記事を読む

女性の霊と夢の中で対話

あれは、今から12年前の大学生の時の体験です。 大学入学に当たり、アパートで一人暮らしを始め、2年

記事を読む

夢だと気付いてはいけない怖い夢

『夢の中で「これは夢だ」と気付いてはいけない』 たまに耳にする言葉ですが、何故気付いてはいけないの

記事を読む

祖母の死に関する心霊体験

これは、私と私の母親が祖母の介護をしている時の心霊体験です。祖母の介護が必要となったのは、祖母が80

記事を読む

病院の窓から見えた武者行列

これは私が京都のとある総合病院で体験したできごとです。 当時、入院患者が200名程度の中規模病院で

記事を読む

廃病院で聞こえた女性の声

あれは数年前の春の出来事です。 仲が良かった数人で楽しい思い出を作ろうと卒業旅行に行く事にしていた

記事を読む

重い空間と邪悪な宗教

これは、私が24歳ぐらいの頃のお話です。その頃、私は現実の苦しさからとある宗教に入信しておりました。

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑