病院の窓から見えた武者行列

これは私が京都のとある総合病院で体験したできごとです。
当時、入院患者が200名程度の中規模病院で勤務していました。
その病院は、戦後間もなくキリスト教精神に基づいて設立された、
日本有数の医療団が運営する病院でした。

 入院患者は主に高齢者や終末期を迎えたガン患者など。
自然に囲まれ静かで穏やかな環境でしたが、人が生死の境をさまよう場所であることには違いありませんでした。

ある日の夜、高齢のある女性患者がスタッフを呼び止めこう言ったのです。

「今日は時代祭なの?」

 スタッフも私も初めは何のことか分かりませんでした。
時代祭というのは言わずと知れた京都の風物詩。
奈良時代、平安時代、戦国時代、明治時代といったように、あらゆる時代の衣装に身を包んだ華やかな
行列が京都市内を練り歩く、豪華絢爛な「祭り」です。
 京都御所を出発した行列が平安神宮を目指して市街地を闊歩する、観光の目玉でもある有名なお祭りです。

「今日はお祭りじゃありなせんよ。○○さん、どうしましたか?」
 
 私たちは高齢の患者が認知症を発症しつつあるのではないかと、一抹の不安を覚えました。
こういった言動は認知症の初期症状であるケースがあるのです。年を取れば誰もが経験する道かもしれませんが、
退院を目標に看護計画を立てていた看護スタッフとっては、患者のこのひとことは看過できないものでした。

「そうよね…。時代祭はこんな時期にやらないわよね。」
「はい。それにもう夜ですから、外もよく見えないですし。」

 例年、時代祭が行われるのは日中です。少なくとも夜に時代衣装で歩く人がいるわけはありません。
一瞬不安になったものの、そのあとは思いのほか患者の口ぶりはしっかりしていました。

「いえね、さっきそこからお侍さんがたくさん見えたから。きっと、○○芸術大学の若い学生さんたちね」

 病院から程近いところに大きな芸術大学があり、そこの学生たちがサークル活動などで創作衣装を
着て歩いていることが度々あったのです。
 私たちもそう思いました。

「そうですね。きっとそうでしょう。学生さんたちはこんな時間でも平気なんですね。」

 患者は納得した様子でベッドに横になりました。私たちも病室を後にしました。
 
 別棟とつながる4階渡り廊下に差し掛かったときです。ふと、窓の外に何かが動く気配を感じました。
すぐ脇の山肌がいつものように目に入りました。木々が揺れた残像でも見えたかな、と思った瞬間、
一緒にいたスタッフが私の腕にしがみついてきたのです。

「え?」と思って見やった窓の外、山肌近くに見えたのは、2列に並んで更新する武者姿の行列でした。
生身の人間が4階の高さを歩けるはずがありません。
 患者が見たのもこの行列だったのでしょうか。

病院だからなのか京都という土地柄だからなのか、いまだに供養されない不思議な存在がいるのかも知れません。

広告

関連記事

キッチンにいつも現れる女の人

この話は、私が高校生の時に体験した話です。 それは、昔の古い家で起こったことでした。現在の新し

記事を読む

携帯電話に写った怪しい手

今でも結局はただの偶然だったのか、お節介だったのか、そもそも心霊現象であったのかすら分かりませんが、

記事を読む

金縛り体験談

5、6年くらい前のことでしょうか。正確には覚えていないのですが。 ちょっとややこしくなるのですが、

記事を読む

親戚が管理する廃ホテルで感じた恐怖

7年前、私がまだ大学生だったころの心霊体験です。地元の山の中腹にある廃ホテルで感じた心霊体験になりま

記事を読む

誰もいない納骨堂で聞こえたおりんの音

10年前の怖かった体験です。 私の実家の墓所は関東の公園墓地で、いつでもきれいに整備されている

記事を読む

息子が急に立ち上がって泣きだしたり、言葉にならない言葉を話したりする

20歳になる息子が5歳の時の話ですので15年も前の話になります。 当時、私が寝ようとすると寝て

記事を読む

両親を探してさまよい歩く子供の幽霊

数年前に勤め先の近くで火事が起こりました。 その火事はある家に住んでいた子供が留守番の最中にライタ

記事を読む

口裂け女と自殺男

去年の6月中旬頃のお話になります。ある女性を、仮にOさんとしておきます。ある時、落ち込みがだいぶ長い

記事を読む

金縛りの時に私を覗きこむ男性の霊

私が中学生の頃、両親がお世話になってる方から一軒家を譲りうけ、私たち家族は引っ越しをしました。 筑

記事を読む

病院跡地で撮った写真に写り込んだ女の子

あれは私が小学校5~6年生の、どちらかの冬休みの事でした。 自由研究の為、当時仲良しだった女の子5

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑