呪われた右半身

“これはわたしが高校2年生の頃の出来事です。霊感があるとは自覚はなかったのですが、小さいころから不思議な体験やみんなには見えない人が見えたりなど変わった経験はありました。しかし、自分の何かが起きるということは一切なかったので、金縛りなどに合ったとしても最初の頃は恐怖心がありましたが高校生になるころには恐怖心もあまりなく、冷静に金縛りが解けるのを待つことが出来るようにもなったのです。そんなある日、いつものように金縛りになりました。

わたしの特徴としては疲れの金縛りの時は前触れもなく身体が動かなくなるのですが、何かが見える時は決まって耳に息を吹きかけられてから始まります。そしてその日も耳に息を吹きかけられてから金縛りが始まったので、今日は何かが見えるのかな?程度に思っていました。顔は動かないのですが眼球は動くのできょろきょろ周りを見渡していたらわたしの真横に男性が居たのです。そしてその男性は自己紹介を始めました。

『ハマクマサキです、ハマクマサキですけど・・・』
名前らしきことは聞こえたのですがそのあとがかすれてよく聞こえません。
『ハマクマサキです、ハマクマサキですけど・・・あなたの・・・右』
聞き取ろうとしたのですが、ハマクマサキという名前?とあなたのと右という単語しか聞き取れませんでした。
そしてその直後金縛りが解けて男性はいなくなりました。金縛りや何かを見るということに慣れていたので、翌日いつものように母親にきのうハマクマサキって名乗る人が来たと笑いながら話していました。もちろん母親はあまり信じていませんでしたが・・・

そして次の日もまた眠っているときに例のハマクマサキさんが来たのです。またもや『ハマクマサキです、ハマクマサキですけど・・・』と自己紹介を繰り返していました。心の中でこのひとは何が言いたいのか?と疑問に思って聞きたかったのですが、声が出せませんので無理でした。そしてまた『あたなの右、あたなの右側が・・・』と続けて何かを言いかけたところで金縛りが解けました。そして何事もなかったのように眠りについたのですが、起きてびっくりだったのが右目がお岩さんのように腫れていたのです。

そして学校を遅刻して病院に行ったのですが、物もらいでもなく原因不明と言われました。細菌が入ったのか何なのか全く分からずしばらく抗生物質を投与してました。そして3か月間腫れが引くことはなかったのです。そしてそれから4年後、右足の小指骨折、そして更に4年後右卵巣摘出、そしてそれから更に4年後右手中指半分断裂。
ハマクマサキさんは何を伝えたかったのかいまだに分かりません。

広告

関連記事

廃線になった路線バスのバス停での事

車の免許を取ったすぐのことでしたので、18歳の夏頃だったと思います。 当時は親の車を借りて、夜にな

記事を読む

心霊スポットで有名なトンネルの中でみたものとは

これは、私が大学生の時の恐怖体験です。 当時入っていたサークルの親しい仲間と人でドライブに出かけま

記事を読む

公園で見た長い女の人

これは今から10年前、私が大学一年生の頃、とある公園の駐車場で女性と会話を楽しんでいた時の事です。

記事を読む

リサイクルショップの怪

これは、つい最近のお話になります。 私は最近、リサイクルショップにハマっています。安くて良い物

記事を読む

自分が死んだことを理解していなかった祖父

これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。 まず、祖父が亡く

記事を読む

イタコ体質に振り回されて・・・

これは、私が23歳頃からのお話です。 私がちょうど23歳になる頃、母が、重い病気を患いました。

記事を読む

廃病院で聞こえた女性の声

あれは数年前の春の出来事です。 仲が良かった数人で楽しい思い出を作ろうと卒業旅行に行く事にしていた

記事を読む

姉をあの世へ連れて行こうとした祖母

私が高校生の時、父方の祖母が亡くなりました。 もう30年以上前の話になります。 祖母は今で言

記事を読む

金縛りに合ったのでふと見ると

この体験は、私が18歳の冬、大学受験もいよいよ目前に迫って毎日勉強漬けの日々を送っていたときの話です

記事を読む

病院の窓から見えた武者行列

これは私が京都のとある総合病院で体験したできごとです。 当時、入院患者が200名程度の中規模病院で

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑