死後の世界を霊に聞いたら驚くべき答えが返ってきた

死後の世界は実際に死んでみないとわからないので別に深く考えたことはありませんでした。子供の頃はよく金縛りに合ったりしてたのですが、大人になり一人暮らしをするようになってからは金縛りや霊体験などはほとんどなかったのですが・・・ある日久々にやってきました。

ひとりでベッドで深い眠りにつこうとしていたところ誰かが身体を触ってくるのです。この時点ではまだ金縛りではなく、夢だと思ってたのですがあまりにもしつこく触ってくるので夢の中でも怒ってやろうと思ったときです。それは夢ではなく意識がはっきりし、金縛り状態にありました。怖いという感情よりもなんでこんなに触ってくるんだ?という疑問の方が大きくなり目を見開いてみました。そしたらそこには中世的な白いサマーセーターを着た若い男性が居ました。全体的に白くて靄がかかってるのですが、映画やドラマなどに出てくる血だらけの幽霊とかそういうわけではなく、こちらが拍子抜けしてしまうくらい普通のひとでした。

身体は動かなかったのですが、声が出たので念のため誰ですか?と聞いてみたのです。そうしたらこの世のモノじゃないくらいわかってるでしょ?と言われ、ああそうか、と納得しました。なぜそんなに身体を触ってきたのか思い切って聞いてみることにしたのです。そしたら意外な返答が返ってきました。そのサマーセーターの男性曰く、死んだら無になるのではなくて、こうして意志もちゃんと持てる、そして現世に生まれるためにみんな資格を取得したり勉強などをする、と言っていました。そしてポイントを貯めていき、ある程度貯まり合格ラインを超えると現世に戻ることが出来るということでした。そして男性の場合は現世の女性を触ることによって男性としてのポイントが高く与えられ、早く現世に戻ることが出来るので男性は皆こうやってバレないように現世の女性の身体を触りに来ていると教えられました。

その話を聞いた時は驚きよりも、意外と死後の世界って楽しそうって思ってしまいました。しかしそれ以外に死後の世界があるとも言ってました。自分は今の死後の世界しか見てないからわからないけども、その世界での噂では悪いことをしたひとや極悪人などはまた違った別の世界に飛ばされてると言われてるようでした。

そしてそのサマーセーターの男性は信じれないかもしれないけど、いつか死んだときに俺の言ったことが本当だったんだってわかるはずだよ、と笑いながら飛んでいきました。それ以来サマーセーターの男性は現れてないのですが、また違う女性の身体を触る旅に出てるのかな、と思うとなんだか面白いです。

当然、この話は友人や家族などに言っても誰一人信じてはくれません。

広告

関連記事

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日Tさんは、知り合いの家へ遊びに

記事を読む

踏切の夢

高校生をしていた時のお話です。 同じ夢を二、三度見ました。 今までそういう経験がなかった上に

記事を読む

トラの心霊写真

これは、私が中学1年生の頃の体験です。 ある時、私たち中学1年生は、学校の行事で、ディズニーラ

記事を読む

こっくりさんの最中にコインに添えた手を放してしまいました

これは、私が中学1年生の時に、実際に体験した恐怖体験です。 当時の私は、部活の友人たちとこっく

記事を読む

リサイクルショップの怪

これは、つい最近のお話になります。 私は最近、リサイクルショップにハマっています。安くて良い物

記事を読む

口裂け女と自殺男

去年の6月中旬頃のお話になります。ある女性を、仮にOさんとしておきます。ある時、落ち込みがだいぶ長い

記事を読む

生霊と波長が合ってしまった私

私が初めて一人暮らしをした時の話です。 私は当時29でした。30歳を目前に結婚もしていない自分が恥

記事を読む

廃墟ホテルの裏のお墓

今から15年くらい前夏の話です。 私は、夜中に友人4人とドライブをしていました。 そして、誰

記事を読む

ピアノレッスン棟での霊体験

今から15年ほど前、自宅から細い道を隔てた前の駐車場奥に建てた、私専用のピアノレッスン棟での霊体験で

記事を読む

心霊現象体験 階段を上ってくる者

私は子供の頃、築30年は経つだろう木造の1戸建ての家に住んでいました。 古い家なので壁や天井の

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑