亡くなった父の訪問

私が3人目の赤ちゃんを妊娠し6か月目の頃、突然出血してしまい早産の危険があるため仕事を休むことになりました。
その日の夜に母から父が交通事故で亡くなったとの連絡が入りました。
葬儀をすませた晩から毎日、夜中になると奇妙なことがおこりはじめました。台所や廊下でひたひたと歩き回る足音が聞こえます。私はその音に気がついていましたが、
怖くて様子を見に行くことができません。気のせいだろうと思うことにしましたがやはり誰かの足音が聞こえます。だんだんとその足音は私の部屋へと近づいてきます。

私は恐怖で布団を頭の先からすっぽりとかぶり見えないように、耳をふざいで何もきこえないようにしました。それでも心臓の鼓動とともに見えない恐怖で震えていると
金縛りにあいました。声を出そうにも声になりません。全身から汗が噴き出て、かぶった布団の暑さも重なり息苦しく感じていると腰や臀部のあたりを布団の下から持ち上げられるような感覚にあいました。それは私の身体が持ち上がるほどの力でした。そのうち耳鳴りがはじまり、金縛りはとけて恐怖心も薄れていきました。

夜の訪問者がいなくなったのだと感じました。時刻は夜中の2時でした。私は寝ている母や子供たち、夫を様子を眺めて部屋の電気をできるだけつけて床につきました。

翌朝、母にこの出来事を話すと「お父さんがあいさつにきたんじゃないのかな?」といいました。
49日まではなくなるとしばらくはさまよい歩くと聞いたことがあります。皆にあいさつに回っているのでしょうか。
私の兄や姉にも電話をして聞いてみると、やはり奇妙なことがあったようでした。姉は夜中に誰かに足をつかまれて恐ろしい思いをしたとのこと。兄は居間でくつろいでいると、かざっていた花が揺れていることがあったり、誰もいない2階の部屋のドアが閉まる音が聞こえるなど見えない存在を感じたようです。母は耳鳴りのような音を聞くことが多かったので、恐怖心はなかったようです。そのような出来事は49日まで毎晩続くことになりました。しかし49日を過ぎると奇妙な出来事はぴたりとやみました。盛り塩をしても効果がなかったのに、やはり父は訪れていたのでしょうか。

 不思議なことに早産の危険があった私は、それから出血もせずにおなかの痛みも良くなっていきました。ある晩に身体が持ち上がるほど腰や臀部を押されたからでしょうか。
3人目の孫の誕生を楽しみにしていた父のおかげもすこしあるような、そんな気がしています。

毎夜、父が来てくれている。それは亡くしたばかりの家族にとって、ささやかなプレゼントのようにさえ思える貴重な時間でした。
でも、今でも思うのですが父だけが訪問していたわけではなかった気がしています。怖くてそれは誰にも話をできませんが…

広告

関連記事

母親だけが見えなかった女の子(守護霊・座敷童)

わたしには姉がいるのですが二人とも霊感はまったくありません。 霊感はないと二人とも思っているの

記事を読む

武者絵本に宿るものとは

先日知人が目を赤くして会合にきたので、それを見てふとあの時のことを思い出したのです。私の学生時代のこ

記事を読む

座敷から聞こえてくる引き戸を叩く音

今から10年ほど前になります。 創業120年以上という歴史のある材木会社で働いていました。

記事を読む

2度出現した煙のようなものの正体

父は6年前に2度目の脳梗塞を起こし、要介護3の介護生活となり、3年間の介護生活をすごし3年前に85才

記事を読む

娘だけが見える男の子

始めに、娘にもしかしたら霊感があるのでは?と感じたことから話したいと思います。 今から4年くら

記事を読む

亡くなった祖母が会いに来ていたようです

それは一昨年の9月のことです。 私の祖母は89歳で脳梗塞で倒れてから、後遺症で一人で歩いたりで

記事を読む

亡くなった祖母がお別れに来た?

私の母方の祖母は、私が中学生の時に亡くなりました。 母は隣の県に実家があるにも関わらず、父の母親と

記事を読む

実家から呼び出しのポケットベルが鳴り公衆電話から連絡を取ろうとしたところ

20年くらい前の、まだ携帯電話が高額で誰も使っていない時代で、ポケットベルが最も新しい情報機器として

記事を読む

死んでしまった文鳥の夢

もう今から十年以上も前の話ですが、私は嫁と話し合って、鳥をペットとして飼うことにしました。最初はイン

記事を読む

過去世の出産死の記憶

出産は、とても苦しいものです。死ぬほど痛くて苦しいもの。それは、小さな頃からドラマなどを見て、理解し

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑