富士の森林にて

10年程前の話です。

当時、某IT企業でSEの仕事に従事しており、とあるベンチャー企業のシステム開発の業務の担当をしていました。
この企業の社長は絵に書いたようなワンマン社長で、打ち合わせにに何かと口を挟んでくるため、設計が2転3転し、工程が大きく遅れる自体が発生していました。
集中的に時間を取って設計を固めよう、と社長の提案で、関係者で富士山にある社長の別荘に、泊りがけで合宿を行うことになりました。

富士山という場所以外は何も知らされず、車に乗せられて移動してきたので、正確な住所はわかりませんが、
少なくとも車で移動できる範囲にあるので、麓であることは容易に想像できました。
このあたりには別荘が集中しており、テニスコートも数多く設置されていました。

到着したのは16時過ぎだったので、その日はパーティをし、打ち合わせは翌日から行うことになりました。
初夏だったので、まだまだ日差しは明るかったので、軽く散歩でもしてこようと外に出て、気の向くままにフラフラと歩いていました。

別荘の表側は舗装されており、向かいにはテニスコートがありますが、裏側はうっそうと木が茂っており、そのまま山中へと続いているようです。
これって、もしかして富士の樹海に続いているのだろうか、、と思って見ていると、50m程先に人が歩いているのが見えました。
40歳ぐらいの男性と、5歳ぐらいの女の子が手をつないで歩いているのです。
親子連れなのだろうか、、しかし彼らの向かう方向は自分と反対方向、つまり森の中へ向かっているのです。

犯罪?と頭をよぎりました。
あの男は幼女を森の中に連れ込みいたずらをしようとしているのかもしれない、このままでは殺されてしまうかもしれない。
別荘に戻って人を呼んでこようとも考えましたが、彼らはどんどん森の奥に進んでいきます。
それではとても間に合わないと思い、彼らを追いかけることにしました。

「おーい」と声をかけました。
彼らは全く声が聞こえないのか、振り向く素振りさえ見せません。
さらに大きな声で、「どこへ行くんですかー」と叫びます。
しかし、やはり彼らはまるで反応せず、どんどん森の奥へ歩いていきます。

しかも、追いかけても追いかけても、差が縮まりません。
そのとき、ハッと思い、後ろを振り返りました。
後ろにはもはや別荘は見えませんでした。
見渡す限り、深い森林、完全に森の中に迷い込んでしまったのです。

道なんてものはありません、追いかけるのに夢中で、どのルートで来たのかも覚えていません。
正面を向き直ると、彼らの姿も消えていました。
前後左右、自分はその方向から来て、どの方向に向かっていたのかも全くわからなくなりました。
しかも、夕刻にさしかかり、辺は薄暗くなってきてます。
やばい、完全に迷ってしまった、、、どうしよう、、、。

そのとき、自分の正面の大きな木の影に、人の気配を感じました。
誰かが、じっと息を潜めて、木の陰から自分を見ているような気がするのです。

しばらくすると、小さく囁くような声が聞こえてきました。

男性の声で、、「ククク、迷ったよ、、、」
続けて、女の子の声が、、「ウン、迷ったね、、、」

得体の知れない恐怖が全身を包みます。

「ククク、死んじゃうかな、、、」
「ウン、死んじゃうかもよ、、、」

蛇に睨まれた蛙のように、体が全く動きません。
そして、自分はこのあと、死んでしまうかもしれない、何故か、そんな気がして来ました。

そのときです。
「おーい」

人の声が聞こえてきました。
社長と上司でした。
2人は自分の後を追いかけてきたのです。

助かった、、、。
安心感でへたへたとその場に倒れ込みました。
気が付くと、木の影の気配は消えていました。

別荘の外で談笑していた2人は、森の中に入っていく自分を見つけ、追いかけてきたのだそうです。
自分の見た男性と幼女の姿は彼らには見えなかったそうです。
ただ、何もない森の中を、取りつかれたように入っていく自分の姿は、明らかに異常な行動に見えたとのことです。
彼らは、目印を落としながら自分を追いかけてきてくれたため、無事、別荘に戻ることができました。

それにしても、あの体験は何だったのか、未だにわかりません。
もし、社長と上司が自分を追いかけてきてくれなかったら、どうなったんだろうと思うと、未だに身震いがします。

広告

関連記事

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日Tさんは、知り合いの家へ遊びに

記事を読む

廃線になった路線バスのバス停での事

車の免許を取ったすぐのことでしたので、18歳の夏頃だったと思います。 当時は親の車を借りて、夜にな

記事を読む

出張先の古めかしいホテルで体験した心霊現象

10年程前、仕事で初めて東京に出張に行った時の話です。7月の東京の暑さに慣れていない私は、空港に着い

記事を読む

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

夢だと気付いてはいけない怖い夢

『夢の中で「これは夢だ」と気付いてはいけない』 たまに耳にする言葉ですが、何故気付いてはいけないの

記事を読む

重い空間と邪悪な宗教

これは、私が24歳ぐらいの頃のお話です。その頃、私は現実の苦しさからとある宗教に入信しておりました。

記事を読む

生霊と波長が合ってしまった私

私が初めて一人暮らしをした時の話です。 私は当時29でした。30歳を目前に結婚もしていない自分が恥

記事を読む

足についた子供の歯型

私が20歳の時に体験したことです。その日は友達のNが知り合いの男友達と遊ぶらしく私も誘われて、夜に会

記事を読む

病院の窓から見えた武者行列

これは私が京都のとある総合病院で体験したできごとです。 当時、入院患者が200名程度の中規模病院で

記事を読む

公園で見た長い女の人

これは今から10年前、私が大学一年生の頃、とある公園の駐車場で女性と会話を楽しんでいた時の事です。

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑