親戚が管理する廃ホテルで感じた恐怖

7年前、私がまだ大学生だったころの心霊体験です。地元の山の中腹にある廃ホテルで感じた心霊体験になります。

入山規制が解除され、日が長くなってきたと感じるようになった季節のことです。私の親戚が管理をしている廃ホテルに肝試しとして入ることが許されたことをきっかけに、仲間と4人で潜入を試みることになりました。最初は短い青春時代の1コマにすぎないと、軽く考えていたのでしょう。それが後に後悔の日々を余儀なくされることなど知らないまま、私たちはナイトクラブの中を当てもなく移動する酔っぱらいのような足取りで朽ちかけている廃墟に足を進めることになります。

腕っ節には自信がある屈強な体を持つ4人ですから、闇の中でスマートフォンの明かりだけが頼りという状況でも私たちを止められる者などいやしないと、確信していました。単身赴任のサラリーマンが不本意ながら生活をしなければならないような、一般的なアパートよりも2階層ほど多くの空間がある建物は目立つピンク色の外装が特徴的です。内部はきっと遊び心に溢れている、そのように断定をするにはそれが十分すぎるほどの情報でした。かつて暇そうな受付人が娯楽研究のために読む新聞に目を通していたであろう、2畳ほどの空間の入り口を確認することになります。そこへ入ったら廃墟の住人に取り込まれてしまうのではないか、その場所で1度目に感じた恐怖です。言葉を発せずとも、その場の全員の心の中が透けて見えるようでした。

少しばかり厄介な空間に身を投じてしまったと後悔しかけた矢先、その直感がより正確なものであるとしか思えない光景が視神経を通して脳へ伝えられることになります。いつも徹夜で麻雀に興じているスペースと同程度の階層へ赴くことを決意したことを後悔した瞬間でもありました。純白の花びらが、どんなに無教養な人物でもはっきりと理解できるほどまでに死者への敬意を示しているように見えます。青春と名のついた荒波に抗いきれず、志半ばで夢破れ私の右隣に立ちすくんでいた生ける屍が一番に動き出しました。自暴自棄、そんな言葉がよく似合う男です。怖いものなど無い、楽に行こうと背中で語っているように見えました。彼は鈍い音とともに私たちの視界から外れました。

すでに階段は腐っており、母からはぐれた子猫が彼と同様の意思を持ったとしても結果は同じだったことでしょう。「立ち去れ」廃ホテルが示す最初で最後の優しさでした。愚かなことをしてしまったものだと、今でもあの頃の恐怖が身を凍りつかせるような感覚に苦しめられます。

広告

関連記事

重い空間と邪悪な宗教

これは、私が24歳ぐらいの頃のお話です。その頃、私は現実の苦しさからとある宗教に入信しておりました。

記事を読む

携帯電話に写った怪しい手

今でも結局はただの偶然だったのか、お節介だったのか、そもそも心霊現象であったのかすら分かりませんが、

記事を読む

行ってはいけない廃墟

これは僕が高校生の頃の話です。 僕にはある趣味がありました。 それは廃墟巡りです。 よく休日を

記事を読む

虫の知らせの体験

もう数十年前になりますが、同い年の仲の良い幼な馴染みがいました。 小学生以前からの遊び仲間でし

記事を読む

トイレで見た小柄な女性

心霊体験と一言で言いますが、それには単に恐ろしいだけでは済まないなんとも心締め付けられる何とも言えな

記事を読む

キッチンにいつも現れる女の人

この話は、私が高校生の時に体験した話です。 それは、昔の古い家で起こったことでした。現在の新し

記事を読む

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

夜中のお墓に肝試しに行った時のお話

私が仲良しグループの友人4人と肝試しに行った時の恐怖体験です。その年の夏は気温も高く外に出ることも少

記事を読む

女性の霊と夢の中で対話

あれは、今から12年前の大学生の時の体験です。 大学入学に当たり、アパートで一人暮らしを始め、2年

記事を読む

襖が次々と開けられていく家

ちょうどいまから10年前、中古住宅を買い引っ越した時の話です。 その家は元々は老夫婦が住んでい

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑