口裂け女と自殺男

去年の6月中旬頃のお話になります。ある女性を、仮にOさんとしておきます。ある時、落ち込みがだいぶ長い間続くからと、Oさんが、私の所へ相談に見えました。

そのOさんを霊視してみると、寝室の隅に大柄の男性の霊がうずくまっているのが視えました。

ですが、遠隔の霊視だけではよく分からなかったので、私は、Oさんの家へ伺いました。すると、寝室の隅に、私が霊視した通り、大柄な男性の霊がうずくまっているのが視えたのです。

Oさんの住んでいるその家は賃貸住宅でした。その大柄の男性の霊をずっと視てゆくと、この男性が踏切へ飛び込んでいる映像が鮮明に視えました。この方は以前この住宅に住んでいた男性であり、踏切に飛び込んで自殺をした、ということが、霊視をしてみると、明らかになったのです。

ところが、その場所にいた霊魂は、その自殺した男性だけではありませんでした。不気味な姿の妖怪のようになってしまった邪悪な女性の霊もいたのです。

その女性は、かなり強烈なマイナス想念を持っていたために妖怪化してしまった霊でした。私がその霊を霊視してみますと、何と口がかなり裂けている口裂け女のような感じの外見になってしまっていたのです。

その邪悪な念を持つ口裂け女が、たまたまネガティブな念にとらわれてしまっていた男性の霊を自殺へと導いてしまっていたのでした。

踏切への飛び込み自殺をしてしまった男性の霊を説得して浄化しようとしたのですが、私自身の未熟さもあり、その男性を説得する事が、その時にはできませんでした。

そして、とてつもなく邪悪な念を放つ口裂け女と化した邪霊がOさんの左側に取り憑いており、今度はOさんを精神的不調へと追い込み、彼女を取り殺そうとしておりました。

とりあえず、その時に私ができたことといえば、Oさんにその2体の霊が手出しできないようにするぐらいでした。

それから、私の年上の霊能力を持つ友人の家へ行き、二人の力をあわせて、自殺で死んだ男性と、その邪悪な口裂け女を遠隔処理を用いて何とかしようとしました。

友人の家へつくと、すぐに口裂け女と化した邪霊がその場へ自らやってきました。

友人と力をあわせ、その口裂け女を地獄へ落とすことなく、様々な方法を用いて説得し、あの世へと上がってもらいました。古い体験談なので、どうやってその口裂け女を説得したのか細かい事は覚えていないのですが、多分いつもやっているように、過去世のその人の姿を見せたり、今の自分の醜くなった姿を、イメージで鏡を示し、見せたりして説得させたのだと思います。

また、踏切へ飛び込んで亡くなった男性の霊も呼び出し、あの世へと導きました。

それから私と友人がそのOさんの家へ再びお邪魔しますと、2体の霊はいなくなっており、浄霊が成功したことが分かりました。

霊魂の世界というものは、想念の世界ですので、その霊の心がけにより、長い間に醜い心を持ちながらこの世を彷徨い、悪行を続けていれば、この口裂け女のように、邪悪な姿になっていってしまうものです。

霊魂になると心がそのまま姿に反映されてしまい、このように醜い姿で、化け物のようになってしまう事もあります。そうした事を、日々の鑑定や自らの霊体験で学ばされ、私は心を清く保つことの大切さを学ぶことになったりしております。

愛とか優しさ、思いやりといったプラスの感情がいかに大切なものなのか、霊視を行うようになってから、思い知らされるようになりました。

そうしたものを視せられていると、私は寿命が来て死ぬまで、できるかぎり清らかな心を保ち続けたいものだと思うようになりました。

ですが、清く心を保つことは、本当に大変な事ですね。嫌な事があったりすると、すぐにマイナスな心境になり、イライラしたりすることもあります。

そうしたことを少しでも減らせるようにしてゆきたいと、こうした妖怪化してしまった霊魂と対峙するたびに思わされております。

良い心根は、難しいですが、本当に大切なものなのですね。

広告

関連記事

廃病院で聞こえた女性の声

あれは数年前の春の出来事です。 仲が良かった数人で楽しい思い出を作ろうと卒業旅行に行く事にしていた

記事を読む

生霊と波長が合ってしまった私

私が初めて一人暮らしをした時の話です。 私は当時29でした。30歳を目前に結婚もしていない自分が恥

記事を読む

夜中のお墓に肝試しに行った時のお話

私が仲良しグループの友人4人と肝試しに行った時の恐怖体験です。その年の夏は気温も高く外に出ることも少

記事を読む

行ってはいけない廃墟

これは僕が高校生の頃の話です。 僕にはある趣味がありました。 それは廃墟巡りです。 よく休日を

記事を読む

金縛り体験談

5、6年くらい前のことでしょうか。正確には覚えていないのですが。 ちょっとややこしくなるのですが、

記事を読む

親戚が管理する廃ホテルで感じた恐怖

7年前、私がまだ大学生だったころの心霊体験です。地元の山の中腹にある廃ホテルで感じた心霊体験になりま

記事を読む

怖さが無い心霊体験

今から20年程前になりますが、家族旅行で岐阜県の高山周辺に行きました。 2泊3日の予定で高山周辺を

記事を読む

金縛りに合ったのでふと見ると

この体験は、私が18歳の冬、大学受験もいよいよ目前に迫って毎日勉強漬けの日々を送っていたときの話です

記事を読む

ピアノレッスン棟での霊体験

今から15年ほど前、自宅から細い道を隔てた前の駐車場奥に建てた、私専用のピアノレッスン棟での霊体験で

記事を読む

潰れた廃病院で聞こえたナースコール

今から7年前のことでした。 私は高校を卒業し、短大に通っていました。 短大に入学してから半年以上

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑