おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。

ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、救急車へ乗って病院へ行きました。

すると、祖父は肺炎を患っている事が分かり、人工呼吸器をつけることになったのです。人工呼吸器をつけて意識がはっきりしていると、肉体はとても苦しい事になってしまうので、祖父は、薬で眠らされながら、人工呼吸器をつけることになりました。

救急車で病院へ運ばれてから私が最初に祖父と会った時、その変わり果てた姿に、驚きを隠しきれませんでした。祖父は薬で眠っており、人工呼吸器がつけられ、瞼が開いている状態でした。そして開かれた二つの眼は、白目を向いており、まるで(こういう言い方は申し訳ないのですが)恐ろしい悪霊を目にしているかのような感じでした。その時の驚きと強い不安感は、今でも忘れる事ができないほど強烈で、強く印象に残っています。

当時から感受性の鋭かった私は、霊的な体験を多くしており、スピリチュアルな世界があることを知っていました。そこで、ラピスラズリという石を使い、祖父を遠隔ヒーリングしようと思いつきました。

この遠隔ヒーリングのやり方は、私独自のやり方をしていました。その方法は、祖父をイメージして、そこにラピスラズリの石のパワーを送り込む、というような方法です。

そうして祖父に独自の方法で遠隔ヒーリングをしはじめてからすぐに、私の夢に祖父が鮮明に出てくるようになりました。

最初の夢は、丸い灰色のモヤが空中に浮いており、そのモヤに祖父の顔がついているというものでした。

モヤの中にある祖父の顔は、「俺は、絶対に死なないぞっ!」と、強く決心するように言っていたのです。

そのような夢が、最初の祖父の出てくる夢でした。

その夢を見てから、祖父は死にたくないと思っていると分かりましたので、ずっと独自の方法で、ラピスラズリを用いた遠隔ヒーリングを行っていました。
ですが、私がいくら一生懸命にヒーリングのパワーを送っても、祖父の体は弱ってゆくばかりだったのです。それでも私はあきらめずに、ラピスラズリを用いた遠隔ヒーリングをこっそりと行っていました。

そうしてヒーリングを通じて祖父の魂と私の魂が繋がっているのか、不思議な事に、いつもいつも、夜眠る度に祖父が、元気な頃の姿で鮮明に、しかもカラーで出てきていました。

ですが、祖父は、昏睡状態にあって、身体に痛みは無くても、苦しみを感じていたようでした。ある時、いつものように祖父に遠隔ヒーリングを行ってから眠りにつきましたら、夢の中で、祖父が「もう、やめて、俺を行かせてほしい!」と、強く訴えかけてきました。

その訴えかけは、夢の中の鮮明に見える祖父が、言葉ではなく、強い思念、テレパシーのようなもので訴えかけてきたのです。

このような強い訴えかけがありましたので、私はもう、祖父を楽にしてあげたいと思い、遠隔ヒーリングすることを止めました。

そして、しばらくして、祖父は静かにあの世へ旅立っていったのです。

とても悲しい事だったのですが、これが祖父の寿命でした。

お葬式がすみ、しばらく経ったある晩のことです。再び、祖父が鮮明に出てくる夢を見ました。

夢の中で祖父は、家の庭の草木の手入れをしていました。しかも、体の調子が悪いのか、具合悪そうな感じなのですが、無理をしながら、それでも頑張って、庭の草木の手入れを無言で一生懸命にしているのです。

その時にはなぜ、そのような夢を見たのか、皆目見当もつきませんでしたが、後になり、その夢の謎が明らかになりました。

その不可思議な夢を見てから少しして、母から、祖父はずっと庭の手入れをしたがっていた、との話を聞かされました。

その夢は、生きて庭の手入れをやりたかったけれども、病気で死ぬことになって、それが叶わなかったんだ、というようなメッセージなのかもしれないと、私は感じ取りました。

やはり、スピリチュアルな世界というものは、本当に不思議なものです。このような体験から、私たち生きた人間は、あの世と繋がっているのだという事を深く学びました。

広告

関連記事

夜中のお墓に肝試しに行った時のお話

私が仲良しグループの友人4人と肝試しに行った時の恐怖体験です。その年の夏は気温も高く外に出ることも少

記事を読む

襖が次々と開けられていく家

ちょうどいまから10年前、中古住宅を買い引っ越した時の話です。 その家は元々は老夫婦が住んでい

記事を読む

自分が死んだことを理解していなかった祖父

これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。 まず、祖父が亡く

記事を読む

呪われた右半身

"これはわたしが高校2年生の頃の出来事です。霊感があるとは自覚はなかったのですが、小さいころから不思

記事を読む

勝手に回るドアノブ

これは、私が大学生のときのことです。 当時私は、京都の某私立大学に通っており、京都市内の学生専用ア

記事を読む

生霊と波長が合ってしまった私

私が初めて一人暮らしをした時の話です。 私は当時29でした。30歳を目前に結婚もしていない自分が恥

記事を読む

誰もいない納骨堂で聞こえたおりんの音

10年前の怖かった体験です。 私の実家の墓所は関東の公園墓地で、いつでもきれいに整備されている

記事を読む

踏切の夢

高校生をしていた時のお話です。 同じ夢を二、三度見ました。 今までそういう経験がなかった上に

記事を読む

霊園での霊体験

5~6年前の話です。中学時代の友達男女4人で札幌の中心部から40分くらいで行ける霊園に肝試しに行きま

記事を読む

交際相手と別れようとすると必ず起きる出来事

今からだいたい、一か月前の出来事になります。 2014年のできごとです。 付き合っている人がいる

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑