廃墟ホテルの裏のお墓

今から15年くらい前夏の話です。

私は、夜中に友人4人とドライブをしていました。
そして、誰からと無く肝試しに行こうと言うことになりました。
そして行く事になったのが、某観光地の高台にあるつぶれてしまったホテルです。

そのホテル自体、心霊スポットとしてとても有名なところで、私自身何度か行った事がありました。
しかし、過去に行った際は何も起きず、安易な気持ちで行ってしまったのです。

ホテルに着き、中に入り色々見て回ったのですが、何も起きませんでした。
何も起きないので、帰ろうと言うことになり、私の運転する車に乗り込んだ時にホテルの裏側に続く道を発見しました。
車1台がやっと通れる程度の細い道で、もちろん舗装なんてされていません。
木々もうっそうとしており、見逃してもおかしくないくらいの道です。

道の入り口は、1m程の昇りになっており、それを登ってゆっくりと進んで行きました。
道は、どんどん細くなり、すぐ脇は崖です。
もちろん、ガードレールなんてものはありません。

私は少し霊感があったのですが、進むにつれてどんどん冷や汗が出てきます。
気づいた時には、全身汗だくになっていまいした。
そして、どうしても前に進みたくなくなり、友人達に相談しました。

結局、Uターンできる所を見つけて引き返すことになりました。
少し進むと道の脇に門があり、その前でUターンできそうなスペースを見つけました。

そこでUターンをしたのですが、その時に恐ろしい出来事が発生したのです。

Uターンしようとハンドルを切った際に車のライトに照らされた先に見えたのは、ほとんどが朽ち果ててしまっている墓地だったのです。

その瞬間、私は金縛りにあった様な状況になってしまいました。
友人の話では、30秒間程固まっていたそうです。

話は、これで終わりません。

体が自由になった後、これはまずいと思い来た道を急いで戻りました。
戻り始めた瞬間、車の様子がおかしいのです。

道は細く、すぐ横は崖です。
ですので、急いでいたとは言え、スピードは出せません。

ところが、アクセルを踏んでいないのにどんどんスピードが上がるのです。
ブレーキを踏んでも、スピードがは落ちません。
マニュアル車でしたので、ギアをニュートラルにしました。
それでも、エンジンの回転数はどんどん上がり、スピードも上がり続けます。

友人達も異変に気付き、悲鳴を上げ始めました。
私は、叫びながらも必死に崖から落ちない様に車を操作していました。
本当に必死でした。

そして、その道の入り口の1m程の段差を思いっきり、車ごとジャンプしました。

着地と同時にブレーキが利いて、車は止まりました。

その後、車に異変は全くありません。

今、その墓地がどうなっているかはわかりませんが、ホテルは改装されて営業しております。
でも、私がそこにとまる事は、絶対に無いでしょう。

広告

関連記事

廃病院の2階の窓から男の幽霊がこっちを見ていた

私が約10年ほど前の高校生の時ですが、夏休みに男友達4人で夜まで遊んでおり、その流れで肝試しに行きま

記事を読む

私の胴体に風穴が開いていた話

私の知り合いにはいわゆる霊能者がいます。 よくネット上では「TVで出ているような奴らじゃなくて、商

記事を読む

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

息子が急に立ち上がって泣きだしたり、言葉にならない言葉を話したりする

20歳になる息子が5歳の時の話ですので15年も前の話になります。 当時、私が寝ようとすると寝て

記事を読む

富士の森林にて

10年程前の話です。 当時、某IT企業でSEの仕事に従事しており、とあるベンチャー企業のシステ

記事を読む

出張先の古めかしいホテルで体験した心霊現象

10年程前、仕事で初めて東京に出張に行った時の話です。7月の東京の暑さに慣れていない私は、空港に着い

記事を読む

栃木県にある某廃病院へ一人で行く

今から3年ほど前の話です。私はオカルトや心霊関連に興味があり、考察本や懐疑主義者の本を読みあさってい

記事を読む

キッチンにいつも現れる女の人

この話は、私が高校生の時に体験した話です。 それは、昔の古い家で起こったことでした。現在の新し

記事を読む

小学生の頃に、山のお寺で体験した怪異

私がまだ小学生の頃でした。 6年生の夏休みに同い年くらいの従兄弟なども4人ほど集まり、祖父母に連れ

記事を読む

高知のビジネスホテルで体験した怖い話

2005年の話です。当時の私は大学2回生で、文化人類学を先行していました。当時のゼミナールでは、遠方

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑