リサイクルショップの怪

これは、つい最近のお話になります。

私は最近、リサイクルショップにハマっています。安くて良い物が手に入るということから、私はよく、リサイクルショップめぐりをすることがあります。

ですが、リサイクルショップで買い物をすると、ネガティブな「おまけ」がついてくることがあります。

私がよく購入するものは、アクセサリーです。アクセサリーは、特に人が愛着を持ちやすい品で、念が込もりやすい品だと言われています。

私自身も、口コミで、スピリチュアルな仕事をしたり、霊的なものの存在や生霊などを感じる事が多く、それは承知しています。ですが、無類のアクセサリー好きの私は、安くて良い品がリサイクルショップで手に入るという強い誘惑には勝てずに、つい安いアクセサリーを購入してしまうことが多いです。

そうしたアクセサリーを浄化しないでつけていると、もしもそれにマイナスな念がこもっている場合ですと、様々な障害が現れてきてしまいます。

マイナスな念どころか、それよりも大きな霊という「おまけ」がその品に憑いていることすらあります。

リサイクルショップの中には、恋人にふられたので、その大好きだった恋人からもらったアクセサリーを手放した、等の悲しい経歴を持つアクセサリーも多く売られているものと思われます。

そうしたマイナスの念がついたまま、リサイクルショップで購入したアクセサリーをつけていると、そのものが強いマイナスの念を放っているために、マイナスの出来事を次々と引き寄せてしまいます。時には、心も憂鬱な気分にさせられたりすることもあります。まさに、「波長の法則」なのです。

例えば、「恋人にふられたから手放した!」という悲しいマイナスの念等を持つアクセサリーをつけていると、私の場合には、一時間に一度しか通らないような踏切で電車に当たり、電車が通過するので止まらなければならなくなったりします。また、車で道を走っていると、遅い車がいて、そのあとについてしまい、イライラするはめになってしまったりすることが多くなります。

また、車で道を走っている時には、お年寄りが乗っている自転車に、沢山車が通る国道で遭遇してしまい、しかも、お年寄りが自転車を運転しているので、よろけてきて、なかなかその自転車を追い越せなかったりして、マイナスな気分にさせられてしまったりするような事もあります。マイナス波動のものを持つことでタイミングの悪さというマイナスを引き起こしてしまったりするのです。

リサイクルショップには、そのようなマイナス想念の入った物が多く売られているので、購入には注意が必要です。

私の場合は、そうしたリスクも考えながら購入し、その後アクセサリーを身に着けて使用する場合には、必ず宇宙の根源の光(と私は呼んでいますが、何なのか定かではないのですが、創造主かもしれません)と繋がり、その光に、アクセサリーを浄化してもらったりします。私自身力不足で浄化できない時もありますが、その時には、霊能力を持つ友人に浄化してもらったりもします。

また、アクセサリーに霊魂が入っている場合には、そのアクセサリーに入っている霊を自分で説得したり、神様と呼ばれる存在に説得してもらったりして、あの世へと送り届けます。

この前、インターネットショップで、とあるビンテージアクセサリーを購入しました。

ネット販売ですので、アクセサリーの美しい写真が出ていて、私は、このアクセサリーがとても気に入りました。

ですが、写真越しにマイナス波動を感じたので霊視してみましたら、このアクセサリーには、殺された兵士の魂が入っておりました。その兵士がお守りとしてそのアクセサリーを持っていたことが分かりましたので、私は、その兵士の霊に光を送り、痛みを癒してあげて、あの世へ送りとどけました。

さらに、そのアクセサリーには、マイナスの念も入っていましたので、その黒い念にも光を送り、浄化してから、アクセサリーを注文しました。

しばらくして、そのビンテージアクセサリーが届いたのですが、実際にアクセサリーが届いてみると、写真から感じた兵士の霊や、マイナスの念は消えておりました。そして、ただただ美しいだけのアクセサリーとなっており、目にした瞬間、ほっとしました。

このように、リサイクルやアンティークなどのアクセサリーは、扱うのに、注意が必要ですが、きちんと浄化してからですと影響が出なくなるので、私は浄化してから使うようにしています。

広告

関連記事

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

潰れた廃病院で聞こえたナースコール

今から7年前のことでした。 私は高校を卒業し、短大に通っていました。 短大に入学してから半年以上

記事を読む

廃墟ホテルの裏のお墓

今から15年くらい前夏の話です。 私は、夜中に友人4人とドライブをしていました。 そして、誰

記事を読む

公園で見た長い女の人

これは今から10年前、私が大学一年生の頃、とある公園の駐車場で女性と会話を楽しんでいた時の事です。

記事を読む

病院の窓から見えた武者行列

これは私が京都のとある総合病院で体験したできごとです。 当時、入院患者が200名程度の中規模病院で

記事を読む

廃病院で聞こえた女性の声

あれは数年前の春の出来事です。 仲が良かった数人で楽しい思い出を作ろうと卒業旅行に行く事にしていた

記事を読む

父親を気遣う母の霊

私の母親は今から9年前、肝臓癌を患って病院のベットで亡くなりました。 その後のことですが、しばらく

記事を読む

金縛りに合ったのでふと見ると

この体験は、私が18歳の冬、大学受験もいよいよ目前に迫って毎日勉強漬けの日々を送っていたときの話です

記事を読む

重い空間と邪悪な宗教

これは、私が24歳ぐらいの頃のお話です。その頃、私は現実の苦しさからとある宗教に入信しておりました。

記事を読む

小学生の頃に、山のお寺で体験した怪異

私がまだ小学生の頃でした。 6年生の夏休みに同い年くらいの従兄弟なども4人ほど集まり、祖父母に連れ

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑