幽体離脱をしてテストの問題を覗きに行った話

今から20年近く前の高校生の時の出来事ですが、幽体離脱を何十回も経験したことがあります。
ほとんどの場合が、当時付き合っていた彼女の家に行き、寝ている姿を上から見て、その寝顔に癒されていました。
当然、実体じゃないので、触れることも出来ず、気づいてもらうことも出来ませんでした。

今思うと、変態行為というかストーカー見たいな感じで、気持ち悪いと思われそうというか、自分でもそう思います。
なぜ、幽体離脱が出来たのか自分でもわかりませんが、とにかく1週間の内に3回くらいはしていたと思います。

しかも、不思議なのが、中間テストや期末テストになると必ずと言って良いほど幽体離脱をしていました。
幽体離脱をして何をしていたのかと言うと、テストの問題を覗きに行っていたのです。

もちろん、すべての教科を覗いていた訳ではなく、特に英語、数学、物理、国語の4教科が多かったような気がします。
覗いたからと言って全部の問題を覚えているわけではありませんでしたが、覚えている問題のところを重点的に勉強することで効率良く勉強することができました。
カンニングとはちょっと違う形ですが、違反行為とも言えない不思議な体験です。

そのため、幽体離脱をしたときのテストの結果は、もちろん学年でもトップクラスで教科によってはトップとなったものもありました。
ただ、実力でトップになったわけではないので、何か違和感を覚えましたが、それでもトップになったことは素直に喜びました。
もちろん、実力が付いているわけではないので、大学受験の時に苦労したことは言うまでもありません。

その当時のクラスメートに説明しても当然のように誰も信じてくれませんでした。
しかしここで問題に直面したのです。
大学受験の時、幽体離脱して、問題を覗くことができたとしても、自分の実力が足りないために、その問題を解くことができなければ、全く意味がないのです。
そのためと言うわけではありませんが、自分の実力不足で志望校に合格することができませんでした。

滑り止めとして受けたところ3校はすべて合格しましたが、正直言うと志望校からだいぶレベルが落ちたところで、浪人しないようにと言う思いだけで受けたところでした。
学内テストで、幽体離脱でトップを取って、いい気になって勉強しなかったことを今でも後悔していますが、貴重な体験とも言えなくないので、面白体験として、友人に話したりして、楽しんでいます。
最近では、幽体離脱をすることもなくなりましたが、高校時代の良き思い出として、今後も紹介していくと思います。

広告

関連記事

お別れの挨拶に来た愛犬の話

それは7年前突然の出来事でした。 朝起きるとその年で5歳になる愛犬が痙攣をして倒れていました。

記事を読む

2度出現した煙のようなものの正体

父は6年前に2度目の脳梗塞を起こし、要介護3の介護生活となり、3年間の介護生活をすごし3年前に85才

記事を読む

最期に会いに来てくれた愛犬

一人暮らしをしていた大学生の時のことです。 夜中にふと目が覚めました。ベッドに横になって本を読

記事を読む

遭難から救ってくれたのは、人ではない男性だった

私がまだ小学校高学年だった頃の夏休み、若い頃山登りが趣味だった父の発案で、両親、姉、私の家族四人で山

記事を読む

幼い私だけがみた、おじさんの最後の姿

私が幼い頃の話です。 幼すぎて、自分が何歳だったかは不明ですが、 たぶん3,4歳、幼稚園に入る直

記事を読む

午前2時 天窓から射した謎の明かり

それは私が中学生の頃のことでした。 夜もう寝ていたのですが、何故かふと目が覚めました。 そして雨

記事を読む

危険を暗示してくれた予知夢

これは私がまだ中学生の頃、危険を暗示してくれた予知夢を見たときに話です。 当時仲のよかった

記事を読む

実家から呼び出しのポケットベルが鳴り公衆電話から連絡を取ろうとしたところ

20年くらい前の、まだ携帯電話が高額で誰も使っていない時代で、ポケットベルが最も新しい情報機器として

記事を読む

おばあちゃんが亡くなってから霊が見え始めました

私の心霊系という話には少し違うかもしれませんが、私は3年前に大好きだった祖母が亡くなりました。 そ

記事を読む

座敷から聞こえてくる引き戸を叩く音

今から10年ほど前になります。 創業120年以上という歴史のある材木会社で働いていました。

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑