最期に会いに来てくれた愛犬

一人暮らしをしていた大学生の時のことです。

夜中にふと目が覚めました。ベッドに横になって本を読んでいたのが、いつの間に寝てしまったのか。本の内容が夢と繋がって現実と区別がつかないような不思議な感覚でした。過ごしやすい夜でしたが、自分が嫌な汗をかいていることに気がつきました。段々と意識はハッキリしてきたのですが、体がピクリとも動きません。

(あ、金縛り…)

生まれて初めての金縛り体験でしたが妙に冷静で、なるほどこれが金縛りというものか、と納得する自分がいました。小学生の頃読んだ心霊特集のマンガで、金縛りにあった時は今日が何月何日かを思い出すといい、と書いてあったことが頭に浮かびました。

と、その時お腹の上に何かがドサっと落ちてきたのです。まさに上から落ちてきたという感じでした。

(何かがいる!?)

心臓が跳ね上がりました。目をこらしても部屋は真っ暗で何も見えません。いつもこんなに暗く感じないのに…。お腹の上に何かが乗っている感覚ははっきりとしていて、しかもだんだんと顔のほうに近づいてくるのです。感覚がお腹から胸、首元までくるのがわかりました。金縛りは続いており、視線を下に向けることも出来ずにいると(出来たとしても怖くて見られませんが)、顔のすぐそばで激しい息づかいが聞こえました。ハッハッハッと、獣のような息づかいです。鼻先に生ぬるい息も感じます。心臓がバクバクして、ずいぶん長い時間そうしていたように思いました。

あ、今日は5月24日だ!)

ふと思い出して、思い切って声を上げて見ました。うめき声のような声が自分の耳に届いた瞬間、視界が開け、見慣れた部屋の天井が目に入りました。金縛りも解け、何の気配もない部屋の様子が、外灯のあかりで電気をつけなくても見ることができました。
(夢だった…?)

まだも心臓はバクバクしていましたが、ひとまず水を飲みに立ち、気持ちを落ち着けて、その日はそのまま眠りました。
次の日の朝、目が覚めると携帯に母からのメールが届いていました。
「ベスが昨日死んでしまいました」
それは、小学校の頃から飼っていた愛犬の死の報せでした。ショックを受けると同時に、昨晩のことが頭に浮かびました。獣のような息づかい。思えば犬のようだった…。実家を離れて暮らす私のところまで、最期に会いに来てくれたのかな?そう思うと、恐怖心が消えていくようでした。

ただ一つ気になることが。昨日帰宅後閉めたはずの部屋の鍵が開いており、きちんと片付けてあったはずの部屋の中に、少しだけ物が散らかっていたのはどうしてだったのでしょうか…?

広告

関連記事

亡くなった祖母が会いに来ていたようです

それは一昨年の9月のことです。 私の祖母は89歳で脳梗塞で倒れてから、後遺症で一人で歩いたりで

記事を読む

死んでしまった文鳥の夢

もう今から十年以上も前の話ですが、私は嫁と話し合って、鳥をペットとして飼うことにしました。最初はイン

記事を読む

亡くなった父の訪問

私が3人目の赤ちゃんを妊娠し6か月目の頃、突然出血してしまい早産の危険があるため仕事を休むことになり

記事を読む

幼い私だけがみた、おじさんの最後の姿

私が幼い頃の話です。 幼すぎて、自分が何歳だったかは不明ですが、 たぶん3,4歳、幼稚園に入る直

記事を読む

白い着物を着たおじいちゃんに助けられた話

これは私が中学三年生の頃の話です。 自分では誰がなんと言おうと、心霊系の体験だと思っています。

記事を読む

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさか骨が外れるとは思いませんでし

記事を読む

座敷から聞こえてくる引き戸を叩く音

今から10年ほど前になります。 創業120年以上という歴史のある材木会社で働いていました。

記事を読む

2度出現した煙のようなものの正体

父は6年前に2度目の脳梗塞を起こし、要介護3の介護生活となり、3年間の介護生活をすごし3年前に85才

記事を読む

娘だけが見える男の子

始めに、娘にもしかしたら霊感があるのでは?と感じたことから話したいと思います。 今から4年くら

記事を読む

初めて遭った金縛り

大学2年の時でした。今から20年以上前のことです。初めて金縛りに遭いました。 中学の頃から親し

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑