携帯電話に写った怪しい手

今でも結局はただの偶然だったのか、お節介だったのか、そもそも心霊現象であったのかすら分かりませんが、私が今からおおよそ10年以上前程に実際にあった怖い体験談をさせていただきます。

あれは当時、私がまだ会社勤めだった時です。いつものように仕事を終えて、半年前に引っ越した自宅(一人暮らし)に戻り、食事や入浴を終えて自分の時間を過ごそうと、ベッドの中央に座り携帯電話(まだスマホはありません)をいじっていた時に起こりました。
私は携帯電話の画面を見つめながらメールを打っていたのですが、自分の視界の範囲ギリギリのところに「人の手」のようなものが見えるのです。ベッド上で布団の上を這うような形で、ぼんやりとした手がそこにあるのです。

とっさに手が見えた方に視線を寄せたのですがそこには何も無く・・・特に気に留める事もなく再度携帯電話をいじっていました。しかしその10分後くらいでしょうか?また視界ギリギリの、先ほどと同じ場所に人の手が見えるのです。私はまたそちらの方に視線を寄せましたが、やはりそこには何もありません。

気のせい?疲れてる?と思いつつも、私はまた携帯電話をいじっていたのですがやはりまた同じところに人の手が・・・今度は、私はそちらに視線を寄せず、視線は携帯電話のままで視界ギリギリにある人の手に意識を向けるようにしたのです。

しかし特に動く気配もありません。5分程意識を向けた後、やはり気になるのでそちらを向くも当然何も無く・・・やはり疲れているのだと思い、その日は就寝しました。

それから数週間後、私は手の事など忘れていつものように夜の自分の時間を楽しんでいたのですが、携帯電話をいじっているとまた前回と同じ視界の場所に手が現れたのです。

私はこの時、かなり心拍数が上がった記憶があります。一体何なの?と怒りに近いような感情も覚え、イライラしながら手のある方へ視線を寄せたのですがやはり何もありません。

ここで私はハッとしました。今座っている場所や、携帯電話をいじっているという状況が前回と全く一致しているのです。そうです。前回手が現れた以降「ベッドの中央に座る」「携帯電話をいじる」というシチュエーションは一度も無かったのです。

試しに少しその場所からズレて同じ事をしても手は現れません。何か特定の理由があるのではないかと、また手が出るシチュエーションに自分の位置を戻し、携帯電話を再度いじりるようにしたのです。

その後まもなく手は現れました。視線は送らず、その手を意識していましたが相変わらず微動だにしません。何故この位置で?携帯電話に関連が?どうして「手」なの?と、その手を意識しながら色々と考えていました。

その後私は、手があるところがどうしても気になって、おもむろに布団をめくりマットレスもめくったのです。私は思わず「ああああ!!!」と声が・・・

その先にあったのは、引っ越してからお祝いで食べようとした冷凍食品の珍味でした。引っ越した後まもなく紛失してしまったので、何処かに落としたのかな?とそのまま記憶から抹消していたのです。

幸い、密閉されているので何かが漏れるような状態ではなかったのですが、マットレスの下にあった所為か包装も破れる寸前の状態・・・中身は勿論腐敗していました。お恥ずかしながら、引っ越した以降の半年間一度もマットレスを上げた事がなく、気付く由もなかったのです。

あの手はもしかして、「もうすぐとんでもない事になるぞ」という警告だったのでしょうか?ただのお節介?と言いますか、そもそもあの手は誰の手?腐った食べ物がもうすぐひどい事になるという現実を知らせる霊なんて居るの?って言うか、携帯電話何も関係無いんじゃ・・・?

色々と考えましたが結局答えなど出ず、私は無言でその腐った珍味をゴミ箱に入れる事となりました。

広告

関連記事

自分が死んだことを理解していなかった祖父

これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。 まず、祖父が亡く

記事を読む

恐怖のかくれんぼ

私がまだ小学校低学年の時の話です。 その夜、私は4歳上の姉とかくれんぼをしていました。 隠れ

記事を読む

口裂け女と自殺男

去年の6月中旬頃のお話になります。ある女性を、仮にOさんとしておきます。ある時、落ち込みがだいぶ長い

記事を読む

出張先の古めかしいホテルで体験した心霊現象

10年程前、仕事で初めて東京に出張に行った時の話です。7月の東京の暑さに慣れていない私は、空港に着い

記事を読む

コックリさん事件

小学校5年生のときの話になります。 今の30代が子供のときというのは、全国的にコックリさんというも

記事を読む

トイレで見た小柄な女性

心霊体験と一言で言いますが、それには単に恐ろしいだけでは済まないなんとも心締め付けられる何とも言えな

記事を読む

呪いのアパート

3年前の体験談です。私が以前住んでいたアパートでの心霊体験です。 私は築10年二階建て二階のア

記事を読む

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

襖が次々と開けられていく家

ちょうどいまから10年前、中古住宅を買い引っ越した時の話です。 その家は元々は老夫婦が住んでい

記事を読む

富士の森林にて

10年程前の話です。 当時、某IT企業でSEの仕事に従事しており、とあるベンチャー企業のシステ

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑