果物と亡くなったおじいさん

これは、つい最近のお話になります。私と私の霊能力がある友人は、口コミで霊的な相談に乗っています。

そして、これはつい最近来たご相談の不思議なお話になります。

ある時、一人の女性Yさんが、ご相談に見えました。Yさんは、いつも体のあちこちが痛み、両肩が重く、頭痛もしょっちゅうあると言っておりました。医者へ行ったのですが、どこも悪い所が無い、とのことで、私たちの元へご相談にお見えになりました。

Yさんがいらっしゃる前、友人はなぜか、梨とメロンをお客様用に用意しました。いつもは、せんべいとかクッキー等のお菓子なのに、今日に限っては、なぜか梨とメロンだったのです。

私は、いつもと違う友人の様子に少し疑問を感じたのですが、今日は暑い日だから果物にしたのかな?とだけ思い、気にする事をやめたのでした。

それから、しばらくしてご相談者のYさんがお見えになりました。

私がYさんを霊視してみますと、Yさんには、とても痩せ細ってやつれた感じのおじいさんが憑いておりました。

このおじいさんは、Yさんが病院へ行った時に憑いてしまった、とのことが、霊視で分かりました。

さらに霊視してゆくと、おじいさんは脳腫瘍などの癌で亡くなっていることが分かったのです。だからYさんは頭痛に悩まされていた、という相互関係も理解できました。
そして、そのおじいさんは最期の時期になり、梨とメロンを食べたいのに食べれない、との想いにかられながら亡くなっているのでした。

おじいさんは癌のために痩せ細り、やつれ果てておりました。

そこで、友人はおじいさんを、神様のお力を借り、抗癌剤治療を行い、亡くなるその前の健康な姿に戻してあげたのです。するとおじいさんは黒髪で中肉中背の健康そうな男性の姿に変わりました。

なぜ、いつもと違い梨とメロンを友人が用意したのか、このおじいさんの訴えかけで、すぐにその原因が分かりました。

Yさんは、なぜか数か月前から異様なほどに沢山の果物を食べていたそうです。自分でもなぜ、そんなに果物を食べるのか分からなかったのですが、自分の欲求に逆らえなく、欲しいままに沢山の果物を食べていたそうです。

そのおじいさんは、梨とメロンの他にも果物が大好きなのでした。食べたいので、果物を食べようとしたのですが、死んでしまっているために手がすり抜け、果物をつかんで食べる事ができません。そのおじいさんの無念の波動がYさんに影響を与え、Yさんに沢山の果物を食べさせていたのでした。

私たちは、おじいさんに、死後の世界は想念だけで何でもできる、との事を教えました。
そして、想念で大好きな果物を出して食べる事ができる、ということを教えてあげました。すると早速彼は、果物を想念で出して食べ、満足しました。

おじいさんが満足したところで、私と友人が、おじいさんを霊界へと送りました。

それにしても、今回も、不成仏の霊体が憑くと憑かれた人は、かなりの影響が出てしまうのだということを深く学ばせられました。

おじいさんは成仏して霊界へ旅立った後、霊界で好きなだけ大好きな果物を食べているというビジョンを、最後に私たちに見せてくれました。

こうして様々な霊魂を霊視してみると、成仏は結構難しいものなのかもしれないと、時々思わされる事があります。

ですが、死後の世界がある、ということを知っていれば、そのことだけで少しは違うのではないかと、私は感じております。

おじいさんをYさんから取り除き、浄化した後、私たちはYさんと共に、とてもエネルギーの強いパワースポットといわれる神社へ行きました。

もともとYさんは、ずっと癌で亡くなったおじいさんに憑かれていたので、エネルギーが弱まっているのを感じました。そこで彼女のエネルギーを取り戻すには、パワーに満ちた神社へ行くのが良いと判断しましたので、私たちはYさんと共に神社へと向かったのでした。

神社へ向かう道中の車内に、未浄化の霊体が何体か乗り込んできました。霊の世界は想念の世界なので、私たちがこれから神社へ行く、ということも思念で霊的な存在には伝わってゆくようです。

そうして霊魂たちが車の中に乗ってきた時には私も違和感を感じましたが、神社へ行き、神様を詣でた瞬間、その霊魂たちは、神様のお力で成仏してゆきました。

それにしても、霊魂の世界は想念の世界なので、本当に不思議でたまらないです。

広告

関連記事

過去世の出産死の記憶

出産は、とても苦しいものです。死ぬほど痛くて苦しいもの。それは、小さな頃からドラマなどを見て、理解し

記事を読む

亡くなった祖母が会いに来ていたようです

それは一昨年の9月のことです。 私の祖母は89歳で脳梗塞で倒れてから、後遺症で一人で歩いたりで

記事を読む

おばあちゃんが亡くなってから霊が見え始めました

私の心霊系という話には少し違うかもしれませんが、私は3年前に大好きだった祖母が亡くなりました。 そ

記事を読む

大好きだったウサギの死

私が小学生の頃の話です。 これが私にとって唯一の心霊体験になります。 20年も昔の話のため、母か

記事を読む

座敷から聞こえてくる引き戸を叩く音

今から10年ほど前になります。 創業120年以上という歴史のある材木会社で働いていました。

記事を読む

午前2時 天窓から射した謎の明かり

それは私が中学生の頃のことでした。 夜もう寝ていたのですが、何故かふと目が覚めました。 そして雨

記事を読む

娘だけが見える男の子

始めに、娘にもしかしたら霊感があるのでは?と感じたことから話したいと思います。 今から4年くら

記事を読む

母親だけが見えなかった女の子(守護霊・座敷童)

わたしには姉がいるのですが二人とも霊感はまったくありません。 霊感はないと二人とも思っているの

記事を読む

白い着物を着たおじいちゃんに助けられた話

これは私が中学三年生の頃の話です。 自分では誰がなんと言おうと、心霊系の体験だと思っています。

記事を読む

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かったKとOと私の三人組で、よく色

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑