女性の霊と夢の中で対話

あれは、今から12年前の大学生の時の体験です。
大学入学に当たり、アパートで一人暮らしを始め、2年近くが経過した9月も後半の晩夏の時期でした。
もともと、霊感が一人少し強い方でしたが、前日に友人3人と心霊スポットめぐりをしていました。

本当は、そういう類の事をしてはいけないという事は分かっていましたが、どうしてもという友人の要請に乗っかり、深夜のドライブに行きました。
そこで、あるトンネルに差し掛かったところ、一瞬にして記憶が飛ぶほどの強い圧力を感じました。

そして、気が付くと、家に帰るルートに入っていて、あと少しで家に着くところでした。
その間約1時間で、この1時間の間自分が何をやっていたのか聞いたのですが、何か良く意味が分からないことを一人で話していたと言われました。
何の記憶もないことを伝えると、1時間ほとんど一人でしゃべってたのに記憶がないっておかしすぎると言われました。

でも、全く記憶になく、その夜は風呂に入ってそのままベッドで倒れるかのように寝てしまいました。
そして、次の日からです。
部屋の片隅に女性の顔が浮かび上がるようになったのは。

何か用があるわけでもなく、ただひたすらこっちを見ている感じで、何となく、恐怖を感じていました。
そして、その女性が表れるようになってから、2週間近くが過ぎると、夢の中に女性が出てくるようになり、助けてほしい、見つけてほしいとお願いされる夢を見続けました。
それを、地元出身の友人に伝えると、ちょうど心霊スポットとして行ったところで、最近女性が一人行方不明になっていると言われました。

見つけてあげたいとは思ったのですが、その近くに行くだけで記憶が無くなってしまう恐怖心があり、どうしても行くことができませんでした。
それでも、友人を通してちょっとした手掛かりを見つけると、警察に通報して、遺体として彼女が見つかりました。

遺体として、見つかると、また夢の中に出てきて、お礼を言われました。
色々怖すぎて、どうしてそうなったのかと言う理由も聞けず、新聞を見る勇気もなく、遺体回収後1か月近くが経過した時、犯人が捕まったと友人から聞き、ほっと胸をなでおろしました。

犯行理由は、振られた腹いせにという何とも身勝手な理由で、何ともやるせない気持ちになりました。
今では、その女性が部屋の片隅に表れることも、夢に出てくることもなくなりましたが、はっきりと記憶に残っているほど、強烈な体験でした。

広告

関連記事

キューピッドさん

私が小学校6年生の時の話です。 当時、キューピッドさんが流行っていました。(西洋版こっくりさんのよ

記事を読む

トンネル内で霊が私の車の後部座席に乗ってきてしまった

心霊体験、非常に怖いですね。 私自身には霊感はありませんので、実際に霊を見た事はありません。

記事を読む

廃墟ホテルの裏のお墓

今から15年くらい前夏の話です。 私は、夜中に友人4人とドライブをしていました。 そして、誰

記事を読む

栃木県にある某廃病院へ一人で行く

今から3年ほど前の話です。私はオカルトや心霊関連に興味があり、考察本や懐疑主義者の本を読みあさってい

記事を読む

高知のビジネスホテルで体験した怖い話

2005年の話です。当時の私は大学2回生で、文化人類学を先行していました。当時のゼミナールでは、遠方

記事を読む

金縛りの時に私を覗きこむ男性の霊

私が中学生の頃、両親がお世話になってる方から一軒家を譲りうけ、私たち家族は引っ越しをしました。 筑

記事を読む

口裂け女と自殺男

去年の6月中旬頃のお話になります。ある女性を、仮にOさんとしておきます。ある時、落ち込みがだいぶ長い

記事を読む

虫の知らせの体験

もう数十年前になりますが、同い年の仲の良い幼な馴染みがいました。 小学生以前からの遊び仲間でし

記事を読む

出張先の古めかしいホテルで体験した心霊現象

10年程前、仕事で初めて東京に出張に行った時の話です。7月の東京の暑さに慣れていない私は、空港に着い

記事を読む

何度も何度も金縛りにあった話

私が初めて金縛りにあったのは、中学一年の頃でした。 そのころ聞いた話によると、(確かな話かどうかは

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑