団地の踊り場で見えた、小さな女の子

前田敦子さん・成宮寛貴さんが主演をしていたホラー映画「クロユリ団地」という映画が話題になりましたが、実は私も幼いころ家族で団地に住んでいました。
ですが、中学入学前に戸建て住宅へ引っ越し、今は高校生活をしています。
私自身、3歳辺りから霊感が強かったのか、いろいろな団地の公園・場所や、我が家でもまた幽霊が時々見える事がありました。
今では慣れたもので、気持ち悪いと思っても、意外とスルー出来ます。

さて、そのいろんな幽霊が見える体験の中において、今でも鮮明に状況を覚えている、怖かった体験があります。
住んでいた団地は、50~60棟ほど建っているのですが、その中でエレベーター付きの11階建ての棟がありました。
普通の団地より、マンションに近い外観で、少しオシャレな感じです。
ですが、その辺りは竹やぶが生い茂っており、また人通りも少なく、いつも暗くひっそりした感じでした。その棟は二つ並んで建っており、手前の棟は少し暗いけど人もまぁまぁ住んでいて、感覚的にあまり何とも思っていませんでした。
しかし奥のもう一つの棟は、人が全然住んでおらず閑散として、人を寄せ付けない空気を感じ、不気味に思いました。

私は何となく、その棟はヤバイと感じていたのでまず行くことは無かったのです。
ですが小5の頃のある日、4人の友達と合わせて5人でそこに行くことになったのです。
目的は「肝試し」などでは全くなく、11階だから最上階にいって素敵な景色を見るということでした。私はあまり行きたくなかったのですが、友達がどうしてもというので結局行くことになりました。

その友達の中でも、2人が霊感があります。そして中に入ると、やはり不気味であまり長い間はいたくないと感じました。
しかし霊感の無い友達も居るので、最上階へエレベーターで行くのも、全体的には少しはしゃぎながら行きました。
そして11階へ到着しました。案の定、そこから見る景色は大変良くきれいでした。
おしゃべりしながら少し居たのですが、辺りが暗くなってきたので、ようやく下に降りて帰ろうとなりました。
エレベーターに乗るのも、何となく不気味に感じたので、みんなで階段からそそくさと降りて行きました。

4階辺りまで降りてきた踊り場に、大きな傘を広げた中に4、5歳の女の子がうずくまって座っていました。
この子は、普通の女の子では無い・・・。と直感しました。
ドキドキしながら、ひたすらに1階まで降りました。

ようやく、その棟から出て、いつもの道路まで歩いた所で、他の4人の友達に確認しました。
「4階辺りの踊り場に、傘の中に女の子居たよね?」
すると、霊感の無い2人は「えっ、居なかったよ。そんな子供。傘も無かったけど。」
そして、霊感のある2人は「居た居た!怖かったよね。怖くて、あの時言えなかったんだよ。」

大変不思議ですが、この状況を鮮明に覚えています。
霊感のある人は、やはり同じ何かが見えます。これは本当です。
見えた2人が居て安心しましたが、やはり同じように見えて、また見えない人も居ると確信すると、鳥肌が立ち怖く感じます。
それ以来、その棟には誘われても絶対行きませんでした。
今でも、何となく変な感じがする場所は、興味があっても行きません。

広告

関連記事

トラの心霊写真

これは、私が中学1年生の頃の体験です。 ある時、私たち中学1年生は、学校の行事で、ディズニーラ

記事を読む

生霊と波長が合ってしまった私

私が初めて一人暮らしをした時の話です。 私は当時29でした。30歳を目前に結婚もしていない自分が恥

記事を読む

高知のビジネスホテルで体験した怖い話

2005年の話です。当時の私は大学2回生で、文化人類学を先行していました。当時のゼミナールでは、遠方

記事を読む

小学生の頃に、山のお寺で体験した怪異

私がまだ小学生の頃でした。 6年生の夏休みに同い年くらいの従兄弟なども4人ほど集まり、祖父母に連れ

記事を読む

キャンプ場での金縛り体験

あれは家族でキャンプに行った時のことでした。  当時、キャンプにはまっていて、中でもよく訪れて

記事を読む

病院の窓から見えた武者行列

これは私が京都のとある総合病院で体験したできごとです。 当時、入院患者が200名程度の中規模病院で

記事を読む

勝手に回るドアノブ

これは、私が大学生のときのことです。 当時私は、京都の某私立大学に通っており、京都市内の学生専用ア

記事を読む

富士の森林にて

10年程前の話です。 当時、某IT企業でSEの仕事に従事しており、とあるベンチャー企業のシステ

記事を読む

呪いのアパート

3年前の体験談です。私が以前住んでいたアパートでの心霊体験です。 私は築10年二階建て二階のア

記事を読む

トイレで見た小柄な女性

心霊体験と一言で言いますが、それには単に恐ろしいだけでは済まないなんとも心締め付けられる何とも言えな

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑