子供の頃祟られた経験について

私は過去に心霊体験を経験したことがあります。
あれは小学校4年生ぐらいまでに起こったことなのですが、ある時寝て入ると枕元に誰かが座っているような気がして目が覚めました。
しかし身体が全く動かなくなってしまい、声を出すことも出来ない状態になってしまったのです。
私が寝ていた隣の部屋では両親がTVを見ている声が聞こえてくるのですが、全く動けず助けを呼ぶことが出来なかったです。

すると枕元に座っていた何かが私の口の中に鉄の塊を押し込んできてとても苦しくてもがいていてると、ふっと動けるようになるのです。
動けるようになるとパニックを起こしてしまって泣きわめいてしまうのですが、目で見るものすべてが大きくなったり小さくなったりと幻覚が見えてしまい恐怖で泣き叫ぶと両親が飛んできました。
そのようなことが何度も起こり寝るのが怖くなってしまいました。
物が大きくなったり小さくなったりする現象はしばらくすると落ち着いたり、父に身体を揺さぶられたり軽く頬を殴られるとなくなるのですがそれまでとても恐怖でした。

そのうち寝て入ると突然飛び起きて苦しいと喉をひっかくようになってしまい、さすがに両親もただ事ではないと感じたらしく知り合いから紹介されて霊媒師に見てもらうことにしたのです。
その霊媒師はおばあさんで目の見えない猫と暮らしていました。
霊媒師が言うには、私の両親が狐の祀られていた石を車ではねてしまったので狐の霊がついているという事でした。
お祓いをしてもらって近くの神社にあぶらあげを持って母と一緒に何度もお参りに行ったのを覚えています。
しかしすぐには治ってくれなかった記憶があります。

いったん落ち着いてやっと祟りが取れたと一安心したころ、今度は硬い物を見るだけでとても怖く感じてしまい、なぜか竹のほうきを見るとパニックになってしました。
それからたびたび金縛りにあうようになってしまい、その後夜中に突然飛び起きては泣きながら何かを一生懸命話していたそうです。
状態がおかしくなってきたのでまた狐か、と両親は思ったそうなのですがあぶらあげを持ってお参りにいっても全く効果がでないので、また霊媒師にお願いすることにしたそうです。

今度は白蛇の例がついていると言われ、私の父が知り合いが白蛇を見つけて殺したのを見てかわいそうだと思ってしまったことによって、私にとりついてしまったそうです。
またお祓いをしてもらい、手や腕に何かお経のようなものを墨で書かれた記憶があります。
この現象は2年ほど続きましたがお祓いがきいたのかそれ以降は何もなかったです。

広告

関連記事

コックリさん事件

小学校5年生のときの話になります。 今の30代が子供のときというのは、全国的にコックリさんというも

記事を読む

呪いのアパート

3年前の体験談です。私が以前住んでいたアパートでの心霊体験です。 私は築10年二階建て二階のア

記事を読む

机の中にあった手掻と、夢の中に出てきた顔

もう、7年ほど前になる2月の冬の事です。 親戚の若い男の子が、20代の若さで自殺をしてしまいました

記事を読む

潰れた廃病院で聞こえたナースコール

今から7年前のことでした。 私は高校を卒業し、短大に通っていました。 短大に入学してから半年以上

記事を読む

富士の森林にて

10年程前の話です。 当時、某IT企業でSEの仕事に従事しており、とあるベンチャー企業のシステ

記事を読む

恐怖のかくれんぼ

私がまだ小学校低学年の時の話です。 その夜、私は4歳上の姉とかくれんぼをしていました。 隠れ

記事を読む

子供の怪我の原因を招いた水子の霊

ちょうど1年位前の話です。結婚して子供が2人いる友人から、家に来て食事でもしないかという誘いがありま

記事を読む

沖縄旅行での恐怖体験

数年前の夏の話です。 友人数人と以前沖縄旅行へ行きました。 友人の中に沖縄出身の女の子がいて、そ

記事を読む

交際相手と別れようとすると必ず起きる出来事

今からだいたい、一か月前の出来事になります。 2014年のできごとです。 付き合っている人がいる

記事を読む

神社裏の森での恐怖体験

これは私が小学校3年生の頃のお話です。 当時私と同級生達は、自宅から自転車で30分程の所にある

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑