虫の知らせの体験

もう数十年前になりますが、同い年の仲の良い幼な馴染みがいました。

小学生以前からの遊び仲間でしたが、少し離れたところで鍋釜などの金属を溶かす工場の敷地内で家で生活していました。
彼の父親はこの工場の従業員で、溶鉱炉のような所に鍋釜などを入れてそれをとかし、型に流し込み、アルミなどのインゴッドのようなものをつくっていました。

そんな一家も、父親だけはこの工場で働いていましたが、中学生1年の頃に近隣の市へと引っ越してゆき、離れ離れとなっていました。

それから程なくした頃、その工場につながる空き地で、弟とその仲間達と遊んでいると工場前で車が止まりました。
そして、その車の中からはあの幼なじみが車から降りてきました。
不思議に思いながら声をかけましたが、彼はにっこりと笑うだけで、手に写真と白い箱を持った人達と工場の敷地へと入ってゆきました。

なにが起きているのかわからずにポカーンとしていましたが、一緒に来ていたらしい中年のオバサンが、彼の父親が亡くなったと耳打ちしてくれたことで全てを察する事ができました。
家に戻り母親に話すと、母親は慌てたようにして工場へと向かいましたが、幼なじみの一家はすでに車で帰ってしまった後で会えなかったようです。

その後に聞いた話しでは、溶鉱炉で使いっていた灰に水をかけた時、その熱い灰が蒸気で舞い上がって大やけどをしたのだといいます。
病院に運ばれましたが、それから数週間後に亡くなったという話でした。

最後に、思い出の地と職場を訪れた時に、そこに偶然にも私達が遭遇したというものでした。

幼なじみは一人っ子で、彼の家には入り浸って遊んでおり、そんなこともあって、彼の父親には色々と可愛がってもらっていました。

なにより、普段余り遊ぶ場所でもなく、急に思い立ったかのように弟と他の仲間と連れ立っていった事などを考えると、彼の父親が最後のお別れのおり、私達に会いたくて、虫の知らせとしてあの場所に呼んだのかもかもしれないと思っています。

それから後、幼馴染みとは合うこともなく時間は経過しましたが、私達が遊んでいて出くわした場所は駐車場となり、
あの工場はその後に火事を出したり、排煙などの問題もあって工場をたたみ、今では神社となっています。

今では桜の木が大きくなり、毎春美しい花を咲かせていますが、彼の住んでいた借家も、溶鉱炉の合った工場を覚えている人も今ではほとんどいなくなっています。
かつての面影は殆ど亡くなりましたが、傍らに残る林だけがかろうじて面影を残しているのみです。

そして、その神社の前と駐車場を横切る時、あの不思議な虫の知らせとでも言うべき出来事を時折思いだすのです。

広告

関連記事

自分が死んだことを理解していなかった祖父

これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。 まず、祖父が亡く

記事を読む

呪いのアパート

3年前の体験談です。私が以前住んでいたアパートでの心霊体験です。 私は築10年二階建て二階のア

記事を読む

高知のビジネスホテルで体験した怖い話

2005年の話です。当時の私は大学2回生で、文化人類学を先行していました。当時のゼミナールでは、遠方

記事を読む

病院跡地で撮った写真に写り込んだ女の子

あれは私が小学校5~6年生の、どちらかの冬休みの事でした。 自由研究の為、当時仲良しだった女の子5

記事を読む

怖い話をしていると霊が寄ってくる

怪を至れば怪至ると言って、怖い話をしていると霊が寄ってくるのだそうです。百話語ると恐ろしいことがある

記事を読む

女性の霊と夢の中で対話

あれは、今から12年前の大学生の時の体験です。 大学入学に当たり、アパートで一人暮らしを始め、2年

記事を読む

父親を気遣う母の霊

私の母親は今から9年前、肝臓癌を患って病院のベットで亡くなりました。 その後のことですが、しばらく

記事を読む

金縛り体験談

5、6年くらい前のことでしょうか。正確には覚えていないのですが。 ちょっとややこしくなるのですが、

記事を読む

キューピッドさん

私が小学校6年生の時の話です。 当時、キューピッドさんが流行っていました。(西洋版こっくりさんのよ

記事を読む

霊園での霊体験

5~6年前の話です。中学時代の友達男女4人で札幌の中心部から40分くらいで行ける霊園に肝試しに行きま

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑