金縛り体験談

5、6年くらい前のことでしょうか。正確には覚えていないのですが。
ちょっとややこしくなるのですが、その前の5、6年くらい前から……つまり今から10年くらい前から5年くらい前まで、私はしばしば金縛りに合っていました。
多感であった思春期の頃から始まったもので、その頃は大変怯えたものです。

とくに、夢の中で何か黒いものが多い被さってきて、私の背中を爪でカリカリと引っかかれたことが金縛り経験で一番怖い体験談となるでしょうか。
文章にするとありふれた話ですが、体験者としては結構怖いものです。
ただ、あれは本当に心霊体験だったのかな、とは思います。思春期特有の精神性や、成長期で筋肉の強張りが置きやすかったとか、そういう可能性もあるのではないかと。

金縛りと言っても色んなバリエーションがあると思いますが、私は「何かに抑えつけられて動けなくなる」といったパターンがほとんどです。
寝ているのに起きているというか、不思議な感覚ですが科学的に言えばレム睡眠状態で、体は寝ているのに頭は起きている齟齬から発生する現象とかなんとかどこかで読んだような覚えがあります。
私が体験した金縛りもほとんどはそうだと思いますが、以下紹介する体験はたぶん本物だったんじゃないかなー、と個人的には思うのです。

成人してからの話です。
ある夜、仕事に疲れてぐっすり寝込んでいると突然耳元に「フッ」と息をふきかけられました。
びっくりして夢から急速に意識が登る瞬間、声はなく、目にも見えなかったのですが誰かが「クスクス」と笑うような感覚があったことが非常に印象的でした。
こんな起こされ方というか、霊体験はこれ一回こっきりだったのですが、それから1年以内くらいだったでしょうか。

寝ていると、いつものように金縛りに合いました。いつもと言っても数ヶ月に一度くらいの割合ですが。
ただ、こちとら明日も仕事で忙しいというのに安眠を妨害された挙句、なんだかのしかかってくる気配が「ニヤニヤ」と笑っているような感覚があったのです。
機嫌が悪くなった私は体に力を溜め、気合一発「やめい」と呟いて金縛りを振りほどきました。
ほどけてから「力技で金縛りって解けるんだよなぁ……」と思いながら再度就寝。
しかし、相手もさるもの。そのまま寝ていたら頭を突然蹴っ飛ばされる感覚に襲われることに。
枕から頭をずり落として目を覚ました私の脳裏に「ケラケラ」と笑う感覚が。

これを限りに、徐々に金縛りに合う頻度が少なくなり、思えばここ数年合っていません。
私をからかっていたアレは、私に飽きたんでしょうかね?

広告

関連記事

怖さが無い心霊体験

今から20年程前になりますが、家族旅行で岐阜県の高山周辺に行きました。 2泊3日の予定で高山周辺を

記事を読む

廃病院の2階の窓から男の幽霊がこっちを見ていた

私が約10年ほど前の高校生の時ですが、夏休みに男友達4人で夜まで遊んでおり、その流れで肝試しに行きま

記事を読む

踏切の夢

高校生をしていた時のお話です。 同じ夢を二、三度見ました。 今までそういう経験がなかった上に

記事を読む

口裂け女と自殺男

去年の6月中旬頃のお話になります。ある女性を、仮にOさんとしておきます。ある時、落ち込みがだいぶ長い

記事を読む

心霊スポットで有名なトンネルの中でみたものとは

これは、私が大学生の時の恐怖体験です。 当時入っていたサークルの親しい仲間と人でドライブに出かけま

記事を読む

リサイクルショップの怪

これは、つい最近のお話になります。 私は最近、リサイクルショップにハマっています。安くて良い物

記事を読む

高知のビジネスホテルで体験した怖い話

2005年の話です。当時の私は大学2回生で、文化人類学を先行していました。当時のゼミナールでは、遠方

記事を読む

私の胴体に風穴が開いていた話

私の知り合いにはいわゆる霊能者がいます。 よくネット上では「TVで出ているような奴らじゃなくて、商

記事を読む

ずっと私の近くにいる女の子

私が小学生の頃の話しです。 私の家の近くには市民プールがあり、夏休みには友達と毎日のようにそのプー

記事を読む

川辺に着物の女性

私が小学生だったときの話です。放課後、友人たちと近所の公園でサッカーをしていました。夕方になり解散と

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑