交際相手と別れようとすると必ず起きる出来事

今からだいたい、一か月前の出来事になります。
2014年のできごとです。
付き合っている人がいるのですが、どうも、ここ数年うまくいきません。
数年間もうまくいかない状態で続いているのも、それはそれですごい
ことですが。
付き合い方には、いろいろな経緯をたどってきた人です。
年数が長いので、本当にいままでいろいろなことがありました。

別れそうになりながらも、というか完全に終わったことも何度も何度も
ありましたが、腐れ縁のような感じでだらだらと続いているという
こともあります。
だらだらと言いつつも、お互い完全に少しでも別れると、どっちかが
寄りを戻すアクションを取ってしまうという、完全に共依存のような
腐れ縁化しているので、困った関係です。

どんなに腹をくくって別れると決めても、たちの悪いタイプの男性なので
復縁に関しておかしな怖い感じのやり方のアクションもかけてくるので、
そういった行為に負けてよりを戻してしまうことも、あるのかもしれません。
たちの悪いタイプの男性なんて言っていますが、相手にとっての私も
そういうタイプに見えているのかもしれないです。
私も私で、切れるとすごいですし、やられたら何倍にもやり返すタイプですし、
お互いにとてもプライドの高いタイプなので、そりゃうまくいくわけが
ないですし、お互いに曲者同士ということなのかもしれません。

何回も何回も別れてきたわけですが、持ち直すと一応はいい感じで
いい雰囲気で付き合うこともできます。
それでも、私は私でいままでのウップンなどかなり溜め込んできたものがあり、
腹に一物抱えているものがあるので、復活したふり復縁したふりをしつつ、
いかにその後、うっちゃってやろうかと画策もしています。
如何に傷つけてやろうか、如何にこっぴどく捨ててやろうかというふうにです。
最悪かもしれませんが、復縁を繰り返すということは、一度は別れているので
お互いに恨みのある者同士ということで、きっと誰にでもある感情です。
よく、復縁はするべきではないとかいうものですし。

話は戻りますが、例のごとく一回仲直りをしていい感じに付き合っている
体裁を取りつつそういう付き合いを少し続けて油断させて、突然、腹を
くくったかのように別れるということを相手にメールや電話などで打ち明けます。
その時々は、私も、その都度、本気で別れるということを言います。
そしたら、その晩の深夜、熟睡しているときに、誰かが私のベットの足元に
立っている気配がします。
一瞬、私は目が覚めたような気がして、声を出そうとしましたが、声が一切
思うように出ません。多分、金縛りだったんだと思います。

その後、すぐに、何者かが確実に両手で私の両足を掴んでいます。
感触は確実です。そして、私の足を掴んで私の体をベットの足元と頭側に
上下に思いっきり動かすんです。
私の足を掴んで、何度も何度も体を上下上下にベットの上で大きく動かします。
本当に怖くて、「やめて、助けて、誰か」と声を出したつもりでしたが、
一切声も出ませんでした。
目が完全に覚めたときは、目を開けたと同時に少しだけ自分の声が、
うめき声のような感じてかろうじて声を出しながら、目が覚めた感じです。
やっぱり金縛りだったのかな?と思いますが、とにかく感触は、本当に
誰かが明らかに足元にいて、大胆に体を動かすので怖かったです。

最後は、「夢だったのか・・・金縛りだったのか・・」と思って
一安心しますが、それでも怖いです。
こういう出来事があると、必ず復縁せざるを得ないおかしな出来事が
現実的に今度は起きるので、本当に参ってしまいます。
このできごとは、約一か月前の出来事ですが、私から別れるというと
必ず毎度起きる出来事です。過去何年間にもわたって毎度起きています。
酷いときは、足を掴んで私の体を振り回すように体全体をゆすります。
あるときは、私の部屋の椅子に座っている男の気配などもします。
そして、ベットで寝ている私を意味ありげに喧嘩ごしの雰囲気で
見ているんです。

本当に怖いです。
プライドはさておき、こういういわくつきのような付き合いは、
自然消滅を狙って上手に別れた方がいいのかもしれません。

広告

関連記事

栃木県にある某廃病院へ一人で行く

今から3年ほど前の話です。私はオカルトや心霊関連に興味があり、考察本や懐疑主義者の本を読みあさってい

記事を読む

イタコ体質に振り回されて・・・

これは、私が23歳頃からのお話です。 私がちょうど23歳になる頃、母が、重い病気を患いました。

記事を読む

息子が急に立ち上がって泣きだしたり、言葉にならない言葉を話したりする

20歳になる息子が5歳の時の話ですので15年も前の話になります。 当時、私が寝ようとすると寝て

記事を読む

廃墟ホテルの裏のお墓

今から15年くらい前夏の話です。 私は、夜中に友人4人とドライブをしていました。 そして、誰

記事を読む

自分が死んだことを理解していなかった祖父

これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。 まず、祖父が亡く

記事を読む

怖さが無い心霊体験

今から20年程前になりますが、家族旅行で岐阜県の高山周辺に行きました。 2泊3日の予定で高山周辺を

記事を読む

金縛りに合ったのでふと見ると

この体験は、私が18歳の冬、大学受験もいよいよ目前に迫って毎日勉強漬けの日々を送っていたときの話です

記事を読む

金縛りの時に私を覗きこむ男性の霊

私が中学生の頃、両親がお世話になってる方から一軒家を譲りうけ、私たち家族は引っ越しをしました。 筑

記事を読む

虫の知らせの体験

もう数十年前になりますが、同い年の仲の良い幼な馴染みがいました。 小学生以前からの遊び仲間でし

記事を読む

携帯電話に写った怪しい手

今でも結局はただの偶然だったのか、お節介だったのか、そもそも心霊現象であったのかすら分かりませんが、

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑