沖縄旅行での恐怖体験

数年前の夏の話です。
友人数人と以前沖縄旅行へ行きました。
友人の中に沖縄出身の女の子がいて、その子の実家に友人みんなで泊めてもらうことになっていたんです。
その友人の沖縄の実家は広いのでみんなで泊まっても大丈夫と事前に聞いていた通り、とても広いおうちでした。
作りがやっぱり本州とは違っていて、当然ちゃんとお庭があり縁側があって琉球畳が敷いている和室があり、その和室に布団を敷いて寝ることになりました。
頭同士を合わせるような感じで布団を敷いて昼間の疲れもあったので比較的すぐ眠りにつくことができました。

初日の夜、夜中に誰かが枕元を通って障子を開けて縁側の方へ出て行く気配がありました。
その動きで目を覚ました私ですが、トイレかな?と思いまたすぐ眠りにつきました。
いつ友人が布団へ戻ってきたかもわかりません。
そして2日目の夜、また夜中に誰かが枕元を通って障子を開けて縁側へ出て行きました。
前日と同じようにトイレと判断した私はまたすぐ眠りにつきました。
2日連続だったので、朝ご飯の席で友人たちに聞いてみました。
でも誰も夜中に起きてないと言うんです。
しかも誰かが枕元を通って目を覚ましたのは私だけでした。
最初はその言葉を聞いても「うそだぁ~」と思っていたんです。
「絶対誰か夜中にトイレに行ってるよ」と内心思っていました。
でもみんな違うと言い張るので、もし今夜誰かが起きたら声をかけようと思いました。
案の定、夜中枕元を歩く友人のせいで目を覚ましてしまいました。
そして考えていたとおり、声をかけようと思った瞬間金縛りにあい体が動きません。
声も出ずものすごい恐怖が襲ってきました。
体も動かないし声も出ませんが目は見えて眼球は動かすことができました。
でも怖すぎて枕元を歩いた足の方を見ることがどうしてもできず、逆の方向に目をそらそうと思って反対側を見ると、壁に複数の人間の顔が浮かんでいるのが見えました。
毎晩枕元を通っていた人?はどうもその壁から出てきてまっすぐ縁側へ抜けていたようです。
恐怖のあまり悲鳴をあげました。
さっきまで出なかった声が出るようになり、友人たちが一斉に何事かと目を覚ましました。
そして怖さのあまり泣きながら自分が見たものの話をしました。
私の悲鳴で目を覚ました友人の家族も何事かと部屋へ様子を見に来ました。
そしてみんなに話をしました。
友人たちは「えぇ~!」と怖そうに驚いていましたが、沖縄の友人の家族は「戦時中この辺で亡くなった人が多いから時期も時期だし帰ってきたのかも」と言われました。
以前にもそんなことがあったのか知りませんが、その家族は怖がっているように見えませんでした。
もし霊だったとしても知人や親戚だから怖くないんだそうです。
沖縄イコール怖いところという公式ができてしまいました。

広告

関連記事

自分が死んだことを理解していなかった祖父

これは祖父に関しての不思議な経験ですが、30年程の期間、時々起ったことです。 まず、祖父が亡く

記事を読む

交際相手と別れようとすると必ず起きる出来事

今からだいたい、一か月前の出来事になります。 2014年のできごとです。 付き合っている人がいる

記事を読む

栃木県にある某廃病院へ一人で行く

今から3年ほど前の話です。私はオカルトや心霊関連に興味があり、考察本や懐疑主義者の本を読みあさってい

記事を読む

金縛りの時に私を覗きこむ男性の霊

私が中学生の頃、両親がお世話になってる方から一軒家を譲りうけ、私たち家族は引っ越しをしました。 筑

記事を読む

夢だと気付いてはいけない怖い夢

『夢の中で「これは夢だ」と気付いてはいけない』 たまに耳にする言葉ですが、何故気付いてはいけないの

記事を読む

イタコ体質に振り回されて・・・

これは、私が23歳頃からのお話です。 私がちょうど23歳になる頃、母が、重い病気を患いました。

記事を読む

団地の踊り場で見えた、小さな女の子

前田敦子さん・成宮寛貴さんが主演をしていたホラー映画「クロユリ団地」という映画が話題になりましたが、

記事を読む

ずっと私の近くにいる女の子

私が小学生の頃の話しです。 私の家の近くには市民プールがあり、夏休みには友達と毎日のようにそのプー

記事を読む

祖母の死に関する心霊体験

これは、私と私の母親が祖母の介護をしている時の心霊体験です。祖母の介護が必要となったのは、祖母が80

記事を読む

何度も何度も金縛りにあった話

私が初めて金縛りにあったのは、中学一年の頃でした。 そのころ聞いた話によると、(確かな話かどうかは

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑