コックリさん事件

小学校5年生のときの話になります。
今の30代が子供のときというのは、全国的にコックリさんというものが
流行っていました。そのときの事件です。
学校の体育館で、学年集会のような集まりごとのときに、
突然、同級生が倒れかけました。
みんな、なんだ?なんだ?という感じでややざわついていました。

具合が悪いということで、目に涙をためて顔も少し青ざめた感じで
一人では歩けないほど、よろついている感じでした。
危ないので教員がその子の両脇に二人立って、その子を支えて歩かせている感じでした。
その後、保健室に行ったという噂がありました。
いつもは、具合が悪くなるということも一切なくかなり気の強い子で
したから、具合が悪そうによろついている姿を見てかなり驚きました。

その後、しばらくして体育館でヒソヒソと伝達してきた同級生の情報に
よると、どうやらコックリさんをしてしまったらしく、それからとても
具合が悪くなったらしいということでした。
その後、担任の先生から「コックリさんが流行っていますが、危ないので
絶対にやらないように。」と言われました。
他のクラスの友達から聞いた話によれば、違うクラスの先生も生徒に
コックリさん禁止令の話が出たそうです。

流行っていながらも、私は怖いものは苦手ですし夜一人でトイレに行けなく
なるタイプなので、コックリさんを一度もやったことはありません。
狐の霊が何でも疑問点を答えてくれるという儀式ということで、一世を風靡
しましたが、かなりの危険を伴うだとか、いろんな噂も耐えなかったので
私は、一切手出しをしたことはありませんでした。

何でも答えてくれるなら、恐怖に耐え忍びやってしまおうか?と少しだけ
思ったこともありましたが、狐の霊というのがひっかかるので手を出したことは
ないままです。

確か、狐の霊はいろいろ強いので、ヤバイんでしたよね。
稲荷神社にしても、一応けっこういろいろ願い事は叶えてくれるけれども、
見返りが強いとか、お返しをかなりしないと後で怖い目にあうとかっていう
噂もありますよね。
狐の霊が悪いと言っているのではないです。
ただ、霊力が強い分?お返しというかも大きくないとどうのこうのって噂を
聞いたことがあるので。

その事件のあたりから、学校にある誰もいない物置の部屋の扉を人間がノックすると
勝手にノックの返事があるという事件が頻繁に起きるようになりました。
一説には、学校の増設のため、古い校舎の物置なので風や配置の問題から勝手に
振動で返ってくるのではないか?という噂もありました。
試しに、私もノックしてみましたが、とても空調や配置、風の問題から振動で
返ってきているようなノックではなく、扉の真裏に明らかに何者かがいる気配が
しており、その場で思いっきりノックをされる感じです。
しかも毎度です。毎度必ず、その返事が返ってきます。
人の指の骨でノックするかのような音です。かなりリアルな音でした。
この現象は、このコックリさん事件のあたりから起きるようになったので、ただの
偶然なのか、関連があるのか分かりませんが、タイミング的にとても怖かったです。

同学年の女の間で、物置の扉をノックをするのが流行りだしました。
開けて確かめても誰も立っていないですし、中にも誰もいないので、本当に怖かったです。

最後は、コックリさん事件と同時に起きた物置の謎の現象の校舎と物置も、校舎
が増設新築のため、取り壊されました。
取り壊されたからといって何かその後、不可思議な事件があったというわけではありませんでした。

取り壊しと同時に、不可思議現象は一切おさまったかんじです。
コックリさん事件の女の子も、校舎取り壊しまでは、具合悪そうに登校していましたが、
その後は元気になっていました。

広告

関連記事

何度も何度も金縛りにあった話

私が初めて金縛りにあったのは、中学一年の頃でした。 そのころ聞いた話によると、(確かな話かどうかは

記事を読む

団地の踊り場で見えた、小さな女の子

前田敦子さん・成宮寛貴さんが主演をしていたホラー映画「クロユリ団地」という映画が話題になりましたが、

記事を読む

両親を探してさまよい歩く子供の幽霊

数年前に勤め先の近くで火事が起こりました。 その火事はある家に住んでいた子供が留守番の最中にライタ

記事を読む

高知のビジネスホテルで体験した怖い話

2005年の話です。当時の私は大学2回生で、文化人類学を先行していました。当時のゼミナールでは、遠方

記事を読む

おじいさん、霊界へ旅立つ

これは、私が24歳の時のお話です。 ある日、私の祖父は、呼吸の苦しさで夜も眠れない状況になり、

記事を読む

富士の森林にて

10年程前の話です。 当時、某IT企業でSEの仕事に従事しており、とあるベンチャー企業のシステ

記事を読む

誰もいないビルで足音が聞こえた話

私はもともと霊感が強くなく、というか霊感はないと思っていました。 小さなころから心霊体験をしたとい

記事を読む

姉をあの世へ連れて行こうとした祖母

私が高校生の時、父方の祖母が亡くなりました。 もう30年以上前の話になります。 祖母は今で言

記事を読む

夢だと気付いてはいけない怖い夢

『夢の中で「これは夢だ」と気付いてはいけない』 たまに耳にする言葉ですが、何故気付いてはいけないの

記事を読む

何かいる大学寮

これは私が大学生だったころの話です。 私はM県の女子大学に通っていて、1~2年生のころは寮に入って

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑