姉をあの世へ連れて行こうとした祖母

私が高校生の時、父方の祖母が亡くなりました。
もう30年以上前の話になります。

祖母は今で言う認知症を早くから患い、最後は病院に3年程入院して亡くなりました。
ですから、私がお見舞いに行っても、
「あなたは〇〇さんのお嬢さんだわね」
と、私が孫であることもわからなくなっていました。

父がある日、お見舞いに行き、家に帰った所へ病院から電話があり、祖母が亡くなったと言われました。
父は母と共に、2つ離れた県にある病院へ取って返すことになりました。
その夜、両親は病院で祖母のベッドの横でお経を上げて過ごしたそうです。
祖母の身体からは、一晩で布団がぐっしょりと濡れる程、水分が出たと聞きました。

葬儀も終わり、やっと日常が戻ってきた頃、姉がよく夢でうなされました。
その頃、姉と私は幼い頃のようにベッドを並べて同じ部屋で寝ていたので、姉がうなされるとすぐに私が揺り起こしました。
姉がうなされるのは、夢に亡くなった祖母が出てきて、腕を引っ張ったり、又は姉が祖母の家の前を通り過ぎて我が家へ向かっていると、急に祖母の家の戸が開いて、引き込まれそうになったりするという夢だったのです。

時には顔つきも変えた姉が私にしがみつき、
「腕が痛い。ここをおばあちゃんが引っ張ったの」
と、腕を指さしながら泣きそうな声で訴えたこともありました。
夜、暗い中で聞いている私も怖かったので、思わず空中をにらんで
「おばあちゃん、お姉さんをあの世へ連れていっちゃダメよ!」
と心の中で叫んだこともありました。
また、その頃、嫁である母も、祖母が粗末な着物を着て戻ってきた夢を見て、夢の中で祖母の着物を着せたそうです。
既に祖母の着物は形見分けしていたので、それが気に入らなかったのでしょうか?

実は、姉は祖母にとって初孫では無かったのですが、孫の中で唯一可愛がった子だったのです。
あまりに甘やかすので、これでは子供の為に良くないと一時父が別居した程だというのですから、それこそ目に入れても痛くない程可愛かったのでしょう。
それで、姉の夢に出てきたと考えられます。
姉が祖母の夢を見たのでは無く、やはり祖母が姉を恋しく思って出てきたように私には思えました。

祖母はボケたまま逝ったので、自分が死んだことがわかっていなかったのではないかと、今は思います。
事情を父に話すと、お経を上げて供養しようと言いました。
父は長男では無いので、家に仏壇はありませんでしたが、祖父母の写真や戒名を書いた紙が祀られている場所を設けてあるので、その前で家族4人でテープに合わせてお経を上げました。
これを何回か行うと、姉も夢にうなされなくなりました。

死んでも、死んだことに気付かない人は多いとも聞きます。
行くべきところへ行ってもらう為にも、供養は大切なのだなと思った出来事でもありました。

広告

関連記事

こっくりさんの最中にコインに添えた手を放してしまいました

これは、私が中学1年生の時に、実際に体験した恐怖体験です。 当時の私は、部活の友人たちとこっく

記事を読む

父親を気遣う母の霊

私の母親は今から9年前、肝臓癌を患って病院のベットで亡くなりました。 その後のことですが、しばらく

記事を読む

トラの心霊写真

これは、私が中学1年生の頃の体験です。 ある時、私たち中学1年生は、学校の行事で、ディズニーラ

記事を読む

金縛りの時に私を覗きこむ男性の霊

私が中学生の頃、両親がお世話になってる方から一軒家を譲りうけ、私たち家族は引っ越しをしました。 筑

記事を読む

金縛りに合ったのでふと見ると

この体験は、私が18歳の冬、大学受験もいよいよ目前に迫って毎日勉強漬けの日々を送っていたときの話です

記事を読む

廃線になった路線バスのバス停での事

車の免許を取ったすぐのことでしたので、18歳の夏頃だったと思います。 当時は親の車を借りて、夜にな

記事を読む

誰もいない納骨堂で聞こえたおりんの音

10年前の怖かった体験です。 私の実家の墓所は関東の公園墓地で、いつでもきれいに整備されている

記事を読む

神社裏の森での恐怖体験

これは私が小学校3年生の頃のお話です。 当時私と同級生達は、自宅から自転車で30分程の所にある

記事を読む

祖母の死に関する心霊体験

これは、私と私の母親が祖母の介護をしている時の心霊体験です。祖母の介護が必要となったのは、祖母が80

記事を読む

霊園での霊体験

5~6年前の話です。中学時代の友達男女4人で札幌の中心部から40分くらいで行ける霊園に肝試しに行きま

記事を読む

広告

事故死の老婆

これは、私の知人Tさんが10年ほど前に体験したお話です。 その日

丑の刻参り

忘れもしません、あれは中学2年の夏のことでした。 当時仲の良かっ

知人の妹が死んだ時間に首が外れてしまう

中学生の時の話です。小学生の頃からちょっとした霊感はありましたが、まさ

信州のお墓隣接したホテルでの出来事

もう20年前のお話しです。 当時働いていた会社で信州に新しく支店を作

ダムに身投げをした少女の霊

私が大学時代の話です。 時期は2000年ごろの夏だったと思います。

→もっと見る

広告

  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

PAGE TOP ↑