Xrea&Coreserver中古空きドメインチェッカー

Xrea&Coreserverで過去に取得されていた中古の空きドメインをチェックできます

Xrea&Coreserver中古空きドメインチェッカーではバリュードメインで運営しているレンタルサーバーXreaとCoreServerで取得できるサブドメインのうち、 過去に取得されて現在使われていないサブドメインを、Googleページランクやバックリンクを確認できます。

これらの中古サブドメインは早いもの勝ちで手に入れる事ができますので、当サービスを介して見つけて、是非取得してください。

中古ドメインとは

中古ドメインとは、以前誰かが所有していたドメインで、期限が切れ手放したドメインを指します。また、レンタルサーバーで以前誰かが利用していたアカウント(サブドメイン)で、既にアカウントが削除され再取得可能となったサブドメインも同様に中古ドメインと呼ばれます。

中古ドメインを取得するメリットとしては、過去の被リンクやソーシャルリンクなどのトラフィック資産を、引き継げることができる事が上げられます。

ですので、新規ドメインを取得する時よりも、早く、トラフィック増加を実現可能です。

また、GoogleにおけるSEOに対しても、中古ドメインに付いている被リンク資産が、新サイトでもそっくりそのまま引き継げるため、検索上位に表示されやすいという特徴をもってます。

欠点として、過去に不正なSEOに手を染めたドメインが、そのまま中古ドメインとして売られている事があることです。そのドメインはGoogleにペンギンアップデート、警告などの何かしらのペナルティを受けている可能性が高く、中古ドメインを利用してもアクセスアップに繋がらないばかりか、検索結果に表示されないというトラブルに見舞われる事があります。

こういう自体を防ぐためにも、中古ドメインを取得する際には、WayBacvkMachineを利用して、そのドメインの過去の運用履歴を調査する必要があります。過去の運用履歴にアフィリエイトサイトや、SEO会社が作成しているサテライトサイトが存在するのであれば、その中古ドメインは取得しない方が良いです。