おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

未成年におすすめクレジットカード

未成年でも作れるクレジットカード

満20歳以下の未成年(18歳~19歳)でも作れる、おすすめのクレジットカードは三井住友VISAデビュープラスカードです。
このカードは18歳から25歳までの学生、新社会人専用のクレジットカードであり、他の三井住友VISAカードよりも特典が多いのが特徴です。

ただし、高校生は作成することができませんので、ご注意ください。

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴

クレジットカード会社からすると、18歳~25歳の方は、将来の有望顧客予備軍です。
ですので、25歳まで限定の三井住友VISAデビュープラスカードでは、以下のようにお得な特典を受ける事ができます。

クレジットカードによっては「25歳以上」など年齢制限がかかっていたり、「年収200万円以上」の収入が必要になったりしますが、三井住友VISAデビュープラスカードは18歳以上であれば誰でも作ることができます。

通常のカードよりポイントが2倍貯まる

クレジットカードを使用して買い物をすると、ポイントがついてきます。
買った金額に対して付与されるポイントの比率をポイント還元率と呼びます。

常にポイント2倍

通常の三井住友VISAカードでは、ポイント還元率0.5%ですが、25歳まで限定の三井住友VISAデビュープラスカードでは、ポイント還元率が1.0%と、通常のカードの2倍貯まります。
また、入会して3か月間はポイント5倍、つまりポイント還元率が2.5%になります。

入会してすぐに、携帯電話料金や毎月の光熱水費などをクレカ払いに変更すれば、ポイント2.5%の恩恵をすぐに受ける事ができます。

貯まったポイントは、1ポイントで楽天スーパーポイント5ポイントなどへ変換できますので、利用場所に困りません。
楽天以外には、nanacoやTポイントへの変換も可能です。

年に1回のクレジットカードの利用で年会費は無料

年一度の利用で年会費無料

三井住友VISAデビュープラスカードは初年度年会費無料、翌年以降は、年会費1,250円がかかります。しかし、年に1度でもクレジットカードを利用すれば、翌年の年会費は無料になります。
三井住友VISA系のカードは、クレジットカード不正利用を常時監視しており、カード紛失時には24時間電話受付対応など、充実したサービスを受けられる反面、わずかながら年会費が取られるというデメリットがあります。
しかし、三井住友VISAデビュープラスカードは、簡単に年会費無料条件をクリアできるので、実質年会費無料で利用しつづける事が可能です。

収入がない学生でも作れる

三井住友VISAデビュープラスカードは若い方向けのクレジットカードなので申込資格が「高校生を除く18歳~25歳までの方」となっており、収入に関する制限がありません。そのため、アルバイトをしていない学生の方、収入がない方でも問題なく作ることができます。その代わり、19歳~20歳の方は親権者の同意が必要になります。

通常のクレジットカードは年収200万円以上が審査通過の基準と言われていますので、収入が少ないうちは若い方向けカードを選ぶことをおすすめします。

VISAカードなので海外旅行でも使える

VISAカードは世界シェアNo.1の国際ブランドで、国内だけではなく海外でも加盟店が多く、海外旅行中はほとんどのお店でクレジットカード支払いができます。

海外ではスリなどの盗難が多く現金を持ち歩くのが危険な地域があったり、現金が足りずに支払いできなかったりすることがあるため、クレジットカードが必須になります。また、現金は通貨の両替手数料が10%ほどかかり、出国と帰国で合計20%ほどかかるので、クレジットカードで支払う方がお得です。

ETCカードの年会費が実質無料

高速道路で利用するETCカードは、基本的にクレジットカードを持っていなければ作ることができません。クレジットカードによってはETCカードの年会費が500円ほどかかることがありますが、三井住友VISAデビュープラスカードはETCカード年会費初年度無料、2年目以降も年に1回利用すれば年会費無料になります。

18歳~25歳専用でポイントも貯まりやすい

通常のカードよりもポイント2倍
年1回のカード利用で年会費無料
銀行系カードなのでセキュリティも安心
VISAカードなので海外でも使える

未成年だからこそクレジットカードを作りたい

オンライン決済でクレカを利用

未成年というと、法律上は保護者(通常は、親)が必要とされる歳であり、
「料金をその場で支払いしないクレジットカードは、お金の管理がずさんになるため、持つべきではない」
という親の意見も多いです。

しかし、今のネット社会において、クレジットカードを利用しなければ、iTunesやGooglePlayのアプリ課金や、仕事・学業で使うウェブサービスなど、オンライン決済ができません。
また、クレジットカードは明細を見るだけで、いつどこで何に使ったのかを確認ができるので、現金を使うよりもお金の管理がしやすくなります。
早いうちからクレジットカードを作成し、カード支払いの感覚をつかんでおくことで、将来限度額の大きいカードを持っても失敗しにくくなるでしょう。

18歳以上の未成年者でも作成可能な三井住友VISAデビュープラスカードでは、クレジットカード利用限度額についての審査も適正に行われますので、翌月に支払いしきれないほどの請求が来たなどということも、防ぎやすくなります。

クレジットカードを選ぶ基準

未成年の場合、クレジットカードを選ぶのはこれが最初という方が多いと思いますので、カード選びで失敗しないために確認しておきたい基準を紹介します。

年会費とポイント還元率を重視する

審査基準

学生、フリーターでも審査通過が可能か

年会費

無料、もしくは条件で無料になるか

ポイント還元率

商品を購入して還元されるポイントは多いか

利用限度額

クレジットカードを毎月使える額はどれくらいか

ブランド

セキュリティやサポート面で信頼性のあるカード会社か

ステータス

20歳を超えてからも持っていて誇れるようなカードか

会員特典

入会時にポイントがどれくらい貰えるか

デザイン

持っていてオシャレなもの、飽きないものか

特に未成年の方が重視したい基準は、年会費が無料であり、ポイント還元率が高いカードだと思います。

収入の少ない未成年の方にとって、年会費がかかるカードはできれば使いたくないでしょうし、光熱費などの公共料金や携帯電話の料金の支払いでもたくさんポイントをもらって、ネットショッピングなどで使いたいですよね。

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳以上の学生なら取得可能な上、ポイント還元率は常に通常の2倍、初年度の年会費無料で、1年に1回でも使えば翌年度も無料になる、未成年の方におすすめのカードです。

審査に通過しやすいカードを選ぶ

未成年でフリーターの方、未成年で学生の方、未成年で正社員として働いている方、このうちフリーターの方は収入が不安定だと見なされて多少審査に通りにくいです。選ぶカードによっては審査に落ちてしまうため、審査が不安な方は25歳未満であれば審査に通りやすい三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめです。

学生の方はご両親の収入と学校に通う経済力があり、正社員として働いている方は自身の収入があるため、審査を通過する可能性が高いです。

審査が通りやすくするためのコツとしては、審査時にキャッシング枠をゼロで出すことです。
フリーターの場合、返済能力が疑われていることで審査通過が難しいので、お金を借りるつもりが無いということを示しておきましょう。
また、一度落ちても再度審査に出すことは可能なので、勤続年数が一年を超えたら、再度申請してみましょう。

18歳~25歳専用なので審査も安心

通常のカードよりもポイント2倍
年1回のカード利用で年会費無料
銀行系カードなのでセキュリティも安心
VISAカードなので海外でも使える

クレジットカード利用歴を作り25歳以上で審査を有利に

クレジットカードを利用して、遅延なく支払いを行うことで、良好なクレジットカード利用歴(通称、クレヒス)を作ることができます。
25歳以下限定のクレジットカードであれば、審査もそれを考慮した内容になりますので、未成年者はクレジットカードを作りやすい歳とも言えます。

26歳の時に選択可能

そして未成年の段階から、良好なクレジットカード利用歴を作成しておくと、25歳以上になった時に、一般カードを作成時の審査に好影響を与える事ができます。

三井住友VISAデビュープラスカードは26歳以降、自動的に三井住友VISAプライムゴールドカードへランクアップされるので、将来のステータスにもなります。
もちろん、ゴールドカードへランクアップせずに通常の三井住友VISAカードへの移行や、無料で解約する事も可能です。

通常、クレジットカードの審査は、その人の年収、歳、勤め先などが考慮され、クレジットカードの発行の有無がきまります。

25歳時点で、大企業に勤めていたり、事業主として成功していればまず審査に問題ありませんが、そうでない場合は審査に落ち、クレジットカードを発行できない時もあります。

また、40代、50代になり、はじめてのクレジットカードを作りたいと思っても、なかなか作れない場合も多いです。なぜならば、年齢を考慮した場合、その人物の支払い能力などが審査で重要視される歳であり、それまでにクレジットカード利用履歴がないと、審査過程で懸念を示される場合もあるからです。

また、住宅ローン、自動車ローン、カードローンでもクレジットカードの利用履歴があると審査に通りやすくなります。

ですので、早めにクレジットカード利用歴を作ることで、審査に有利に働かせることが重要です。

未成年がクレジットカードをお得に利用する方法

クレカ払いでポイントゲット

アップルやアンドロイドのアプリ課金などは、コンビニでApp StoreカードやGoogle Play ギフトカードで支払いをするよりも、ポイントがもらえるクレジットカードで決済した方がお得です。

とくに、ゲーム内課金は、1万円以上使うこともあると思います。
そうした支払いも、クレジットカードを利用することでポイント還元を受ける事ができます。
そのほか、携帯電話、光熱水費などはもちろんのこと、不動産会社によっては家賃の支払いもクレジットカード払いが可能です。

三井住友VISAデビュープラスは、常にポイント2倍ですので、気が付いたら結構溜まっていたということがざらにあります。

また、成人して飲み会の幹事をするとき、料金をまとめてクレジットカードで支払えば多くのポイントをためる事が可能です。

このように、様々な利用場面でクレカ払いを利用すれば、ポイントで得をすることが可能です。

利用明細は「WEB明細」を利用しよう

クレジットカードの利用明細はWEB明細に設定することで、郵送の利用明細が届かなくなります。そうすることで家族にカード利用内容がバレてしまうことがなくなります。

また、紙の利用明細書は個人情報が記載されているため、破棄するときも注意が必要です。セキュリティ上WEB明細の方が安心、いつでもカード利用金額を確認することができて便利なので、カード申し込み時に「WEB明細」を選択しておくことをおすすめします。

15歳から作れるデビットカード

高校生や18歳未満の未成年だとクレジットカードは作れません。クレジットカードとほぼ同じ使い方ができるデビットカードなら高校生以上の15歳から作ることが可能です。

デビットカードとクレジットカードの違いは、支払方法にあります。
クレジットカードは、月に一度利用した分の金額が引き落とされるのに対して、デビットカードは利用代金がすぐに自分の銀行口座から引き落とされるようになっています。

クレジットカードの審査では、支払能力があるかどうかが審査の基準になっているので、銀行口座からすぐに引き落とされるデビットカードでは審査が必要なく、15歳以上であればカードを作ることが可能です。

デビットカードは、普段のお買い物だけでなく、ネットショッピングや海外でもカードブランドが対応しているお店であれば使用することができ、クレジットカードと同じようにお買い物金額に応じたポイントも獲得することが出来ます。

デビットカードのデメリット

VISAデビットカードのデメリットとしては、クレジットカードと違って、後払いが出来ないことと、携帯電話、高速道路、ガソリンスタンド、プロバイダなどの料金支払いが出来ないことです。

総合的な機能面で考えると、クレジットカードの方がよりメリットがあるので、18歳以上の方であればクレジットカードの取得をおすすめします。

18歳~25歳専用なので審査も安心

通常のカードよりもポイント2倍
年1回のカード利用で年会費無料
銀行系カードなのでセキュリティも安心
VISAカードなので海外でも使える

未成年者とは、満19歳以下の年齢を指します。

未成年者は児童福祉法第6条全文、学校教育法第22条第1項文頭、少年法第2条第2項全文により、保護者により保護されることが義務付けられています。

クレジットカード詐欺などの犯罪に巻き込まれないよう、保護者の同意、管理の元、適正なクレジットカード利用を心掛けてください。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料