おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

マイルが貯まるおすすめクレジットカード比較

国内線・国際線問わず無料で飛行機旅行を楽しめる「特典航空券」と交換が可能ということで、クレジットカードを利用するとマイルが貯まるクレジットカードが人気です。
そこで今回は、マイルが貯まりやすくてお得なカードを徹底比較してご紹介させて頂きます。

社会人の方には東京メトロの利用や電車やバスで使用できる電子マネー、PASMOのチャージでマイルが貯められるソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCBがおすすめです。
学生の方には学生限定特典が豊富な、JALカード naviをおすすめします。

マイルを貯めるならANAマイルがおすすめ

日本人に馴染みの深い、よく利用する航空会社と言えばANAとJALの2社ですが、もし仮にANAのマイルを貯めた場合、JALに搭乗する際にはそのマイルを使用する事が出来ません。
逆にJALのマイルを貯めた場合はANAを利用する際に使用する事が出来ません。

もう既にどちらかの航空会社をメインで利用されていらっしゃる場合はその会社のクレジットカードを作成し、マイルを貯めていけば問題ありませんが、特に決まっていない場合はどちらが良いか迷ってしまいますね。
そこで今回、ANAマイルのカードとJALマイルのカードを比較しました。

 

ANAマイル

JALマイル

マイル移行方法

カード利用で貰える
OkiDokiポイントをマイルに移行

カード利用で直接マイルが
貰えるため移行手続き不要

継続ボーナスマイル付与条件

飛行機に搭乗しなくても
継続ボーナスマイルが貰える

継続ボーナスマイルを
受け取るには搭乗が必須

マイルが貯められて利用も可能な
大手航空会社

格安のユナイテッド航空でも
ANAマイルが貯まる・使える

アメリカン航空などが使えるが料金が高め

年会費無料で使えるカード

18歳から29際の社会人は
ANA JCBカードZERO

学生専用JALカードnavi

上記の表の中で特に重要な事項はカード契約を毎年継続する度に付与される継続ボーナスマイル。
JALの場合は継続ボーナスマイルの付与条件が契約更新+飛行機への搭乗が求められる為、毎年飛行機を利用する方はJALで問題ありませんが、数年に一度旅行や仕事で利用する方にはANAマイルがおすすめです。

また、ANAは世界最大の航空連合スターアライアンスに所属しており、加盟している27の航空会社でANAマイルを使い、貯める事が可能です。
特に格安航空会社のユナイテッド航空が選択肢に加わる為、より安価な空の旅を求める方にはメリットが大きいと言えます。

ANAマイルが貯めやすいカード比較!ソラチカカードのコスパが良い

ANAカードを利用する場合、コストを抑えて多くのマイルが貯められるカードがどれか比較しました。

年間維持費(税別)

ポイント還元率※

ポイント有効期限
マイル交換後期限

特記事項

(年会費+マイル移行時の費用)

ANA JCBカードZERO

無料
(どちらも無料)

1.0%

2年
マイル交換後3年

18歳から29歳までの社会人限定
最長5年間まで

ソラチカカードANA To Me CARD PASMO JCB

7,000円
(2,000円+5,000円)

2.0%

2年
マイル交換後3年

東京メトロの電車利用
PASMOオートチャージでマイルが貯まる

ANA JCB一般カード

7,000円
(2,000円+5,000円)

2.0%

2年
マイル交換後3年

-

ANA VISA一般カード

8,000円
(2,000円+6,000円)

2.0%

2年
マイル交換後3年

-

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

13,000円
(7,000円+6,000円)

2.0%

無期限

ポイントが無期限のため
好きな時にマイル移行可能

※還元率は1マイルを2円と計算し、1,000円で10マイルを付与される10マイルコース選択時(ANA JCBカードZEROは5マイルコースしかない為、1,000円5マイル付与)のものとします。

ANAカードの中で最強のコストパフォーマンスを誇るのがソラチカカードです。
通常のANA Visaの一般カードよりもマイル移行費用が1,000円安くなっている他、東京メトロの定期券購入や、あるいは電車やバスで利用できる電子マネー、PASMOを東京メトロで使用したり、チャージする事でメトロポイントを受け取る事が出来ます。
これは通常の買い物で貰えるポイントとは別に二重取りで貰うことが出来、こちらもマイルに交換可能な為通常の一般カードよりもメリットが大きくなっています。

18歳~29歳までの社会人の方であれば、年会費・マイル移行時の費用共に0円で全くコストをかけずに利用する事が出来るANA JCBカードZEROがおすすめです。
1,000円使用で5マイル付与の5マイルコースしか選べない為、10マイルコースが選べる一般カードと比べて還元率が半分という面を除いては使いやすいカードと言えるでしょう。

ポイントの有効期限が気になる方はANA アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。
せっかく貯めたポイントの有効期限を切らしてしまったら、大きな損失になってしまいます。
このカードであれば有効期限が無期限に設定されているため、安心してじっくりポイントを貯め、好きな時にマイルと交換できます。

JALマイルが貯めやすいカード比較!学生専用JALカードnaviの優遇が目立つ

次にJALカードの中でもおすすめのカードを比較して行きましょう。

年間維持費(税別)

ポイント還元率※

フライトボーナス加算

特記事項

(年会費+ショッピングマイルプレミアムの費用)

JALカードnavi(学生専用)

無料
(どちらも無料)

2.0%

10.0%

学生にはお得度最強カード
学生限定ボーナス多数

JAL普通カードSuica

5,000円
(2,000円+3,000円)

2.0%

10%

JR東日本での利用Suicaチャージなどでポイント

JAL普通カード

5,000円
(2,000円+3,000円)

2.0%

10%

-

JAL CLUB-Aカード

13,000円
(10,000円+3,000円)

2.0%

25%

入会搭乗ボーナス5,000マイル

※ JALカードは月額3,000円のショッピングマイルプレミアムに加入して100円=1マイル付与の計算。

JALの場合、学生専用JALカード naviの優遇が目立ちます。

維持費もかからず還元率2%、特典も多数のJALカード naviは一押しです。

学生以外の方にはJALカード Suicaをおすすめします。
JALカード普通の機能にSuicaが加わり、オートチャージ(自動改札機にタッチして入場するだけで、Suicaへの入金ができるサービス)でもマイルが貯まる事から、陸での電車移動も、飛行機での空の移動、どちらでもマイルを貯めることが出来ます。

コストを抑えてマイルを貯めるならANAソラチカカード

コストを抑えてマイルを貯めるならこのカード。
今なら最大8,600マイル相当プレゼントキャンペーン中

ANAカードの中で最も高コストパフォーマンス
東京メトロの電車利用・オートチャージでもマイルが貯まる
楽天Edyの支払いにもマイルがボーナス付与

学生にはJALカードnaviが最強

学生にはこれ以上のカード無し、卒業時にも2000マイル、「アート引越センター」または「サカイ引越センター」 の利用時には割引。
今ならJALカードnavi入会で500マイル+100万マイル山分けキャンペーン中

在学中年会費無料
語学試験合格でマイルボーナス
eJALポイント5,000円相当プレゼント

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

その日のうちに作れる最短即日発行可能で、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料