おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

家族カードとは

家族カードのメリット・デメリット

家族カードは家族会員カード、ファミリーカードとも呼ばれ、クレジットカード契約者である本人会員の家族に対して発行できるカードです。
例えば、収入のない専業主婦や学生では発行が難しい場合でも、契約者の信用によって追加カードとして発行できます。

年会費も格安、無料なことが多く、また、限度額を共有するため利用実態を把握しやすいという利点もあります。
付帯保険やポイント優遇サービスなども同等につくことが多いため、効果的に使えばとてもお得なカードとなります。

一方で、利用明細書がまとめて見えることで、何をいくらで購入したかが家族に見られてしまってストレスになってしまう方もいるので、家族カードを持つか、家族が自分で作れるカードを持つべきかをメリットとデメリットを比べて考えてみましょう。

家族カードを作るメリット

家族カードにも各種保険が付帯される

本人会員カードと同様の保証

本人会員カードに海外旅行保険・国内旅行保険・ショッピング保険が付帯されている場合、基本的には家族カードにも同様の補償が付帯します。
家族カードをうまく活用することで、海外付帯保険の面で有利になります。

例えば、現在夫婦でそれぞれ持っているカードに加えて、家族カードをお互いに発行すれば、障害補償や疾病保証の補償金額が合算となった金額が支払われます。

利用明細書がまとまって家計を管理しやすい

楽々家計管理

利用代金明細書には、家族カードごとに分類されて、利用金額が記載されるので、誰がどれくらい使ったのか一目瞭然です。
複数のカードを持っていると、その月の家計簿をつける際に複数の明細を見なければなりません。
1枚のカードで家族カードを持っている状況であれば、1つの明細を見ればすべての支出が分かるので、家計を管理する方にとっては嬉しいことです。

例えば、大学生の子供がさりげなく高額な買い物をしている…なんていうことも、把握できるようになります。
自分でカードを作ると別途で明細が届くので気づけないです。

引き落とし口座を分けられない

三井住友VISAカードのプラチナカード・ゴールドカード会員など一部のカードは引き落とし口座を分けられますが、一般的なカード(楽天カード、イオンカード、dカードなど)は引き落とし口座を別々にすることはできません。引き落とし口座を分けたい方は個別にカードを発行しましょう。

ポイントやマイルが貯まりやすい

ポイントやマイルが貯まりやすい

利用数が多いだけポイント還元率が上がるカードがあったり、有効期限が定められていて、一定数以上いかないと利用ポイントが失効してしまったりする場合があります。

ポイントやマイルは本人会員カードと家族カード利用分の合算として集計されるので、一枚のカードで貯めるよりも効率的に貯めることが可能です。

家族は審査が通りやすい

家族は審査で有利

家族カードは基本的に本人会員の信用情報を参考に発行されるので、本人会員の方がこれまで支払い滞納などをしていなければ、家族は審査に通りやすいです。

カード審査に落ちてしまったことがある方でも、家族カードでは審査に通るということもあります。

また、未成年や学生の方でも18歳以上であれば申し込み可能、無職のお子さんでも家族カードなら持つことが出来る可能性が高いです。

家族カードの申込から入会の方法

家族カードの作り方には、本人会員カードの申し込み時に同時に申し込む方法と、すでに契約している各カード発行会社に家族カード申込書を請求する方法があります。
※申込方法は各クレジットカード発行会社やカードによって多少異なります。

申込をすると本人会員カードと同様に審査にかけられます。
審査には本人会員の信用情報が基準になるので、比較的通りやすいです。
審査に通過すると晴れて家族カード会員です。
※ANA VISA Suicaカードなど一部の提携カードは、家族カードの申し込みが出来ない場合があります。

家族カードのデメリット

利用明細がまとめられて届くため購入したものがバレる

購入したものがバレる

家族カードだと家族全員の利用明細がまとめられて届くため、欲しいものを購入するとその詳細が旦那さんにバレてしい、ストレスに感じてしまう主婦の方も多いようです。

逆に、旦那さんが奥さんの家族カードを持った場合も、仕事上のお付き合いで家族カードを切った際に、やはりその利用明細が奥さんにバレてしまうので、余計な喧嘩を招く危険があります。

ですので、夫婦で別のカードを持っておきたいと考える人も多いです。

自分自身のクレヒスを育てられない

クレヒスが育たない

30歳未満の方はクレヒス(クレジットカード利用履歴)を育てることが大事です。
何故ならば、30歳くらいまでにクレジットカード利用履歴が無いと、「信用度がわからない」という理由で、どんなに年収があろうとも新規でクレジットカードを作りづらくなり、住宅ローンや自動車ローンの審査にも通りにくくなるためです。

もし、20歳代になっても家族カードを使っている場合は、信用度・クレヒスは育てることができませんので、将来自分のクレジットカードを持ちたいと考えている方は、早めに自分のカードを作成した方が良いです。

また、学生の方は、新社会人になった時に通常のカードを持つために、クレジットカードの支払いをきちんと行い、クレヒスを作っていくことをおすすめします。

利用限度額も共通

限度額が共通

家族カードが増えた枚数分だけ、利用人数が増えるということで、限度額に達する速度も速くなってしまいます。

プラチナやゴールドカードなどのステータスカードであれば限度額をそれほど気にせずに使えると思いますが、限度額が低いカードで家族カードを作ってしまった場合、高額の商品を家族の誰かがクレジットカードで購入すると、限度額に達してしまってカードが使えなくなってしまうかも知れません。

新規入会ポイントが貰えない

クレジットカードの新規入会をすると数千円分のポイントがもらえますが、家族カードの入会では基本的に入会ポイントを貰えません。

特別な理由がない限り、家族カードを作るよりもポイント還元率が高くて入会ポイントを多く貰えるカードを作った方がお得です。

メリットとデメリットを比べて、家族カードを作る必要もないなと感じられた方は、個々で自分専用のカードを持ってみてはいかがでしょうか。

自分のカードを選ぶなら、年会費無料でポイント還元率も高くて審査にも通りやすい下記をおすすめします。

本人カード・家族カードの両方とも年会費永年無料

年会費永遠無料、家族カードも永年無料
楽天カードよりもポイント高還元

収入のない学生や専業主婦でも申し込みOK
ETCカードの発行手数料無料

テレビCMでもお馴染みのポイント還元率1%~17.5%の高還元率カード。年会費無料で使えて、収入のない専業主婦や学生の方でも申し込み可能です。

家族カードではなく新規でカード発行したいという方は、ポイントがザクザク貯められるオリコカード・ザ・ポイントがおすすめ。

新規入会キャンペーンでポイントが貰え、楽天カードやAmazonカードよりポイント高還元率です。カードの詳細ページではオリコカード・ザ・ポイントの還元率について解説を行っているので、気になる方は詳細ページをチェックしてみてください。

オリコカード・ザ・ポイントの家族カード

オリコカード・ザ・ポイントは家族カードも年会費無料で、新規入会キャンペーン中であれば家族カード発行でもポイントが貰えるため、家族カードを発行したい人にもおすすめのカードです。

一般的なカードと同じく家族カードでは引き落とし口座を別々にできないため、口座を分けたい方は新規入会をおすすめします。

年会費無料・最短で翌営業日発行のカード

三菱UFJグループが発行 専業主婦も審査OKカード
申し込みから最短翌営業日で発行
VIASO eショップを経由してのお買い物で最大10%ポイント還元


クレジットカード年会費・ETCカード年会費・家族カードの年会費が永年無料で、持っていて損をしないカード。 海外旅行傷害保険、ショッピング保険も付帯。

高校生を除く18歳以上であれば審査OKなので、新社会人、大学生、短大生、専門学校でも申し込みできます。

ゴールドカード以上なら家族カードを作るメリットが大きい

クレジットカードを作る上において最もネックとなるのは「信用」です。
クレヒスや勤務先、勤続年数、持ち家の有無などの情報を統合した「信用」は、一朝一夕に育てられるものではありません。

ゴールドカード以上のステータスカードは、ある程度の信用がないと発行ができません。

しかし、高額の海外旅行付帯保険であったりポイントプログラムの優待であったりと、ゴールドカードがあったらいいなという場面は多いはずです。そのような、ゴールドカードの好特典を受けたい時に便利なのが「家族カード」です。

これは、例えば世帯主がゴールドカードを持っていた場合、同一生計である配偶者と満18歳以上の高校生を除く子供に関して、同じかほぼ同等のポイントサービスや、保険やその他特典がついたカードを発行できるというものです。

多くの場合、家族カード年会費無料か、数百円のことが多く、ゴールドカードをもう一枚作り、2枚分の年会費を払うよりも、ゴールドカードに家族カードを追加したほうがお得です。

特にゴールドカードは、付帯保険額が多いですし、ポイントの優遇も有ります。

既に家族にゴールドカードを持っている人ならば、「自分自身のクレジットカードをもちたいというニーズがない限りは、家族カードを活用することをお勧めします。

初めてゴールドカードを持ちたい方におすすめ

年会費1,905円(税抜)で利用できるゴールドカード

最短翌営業日に発行可能
国内・海外旅行傷害保険 最高2,000万円
空港ラウンジも無料で利用可能

10,000円以上する年会費が多い中、初年度無料、2年目以後1,905円(税抜)で利用できるゴールドカード。
年会費が安くても遜色ない補償内容で、空港ラウンジも無料で利用可能。
家族カードの年会費は1名様無料、2人目以降は1名様につき400円(税抜)。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

その日のうちに作れる最短即日発行可能で、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料